忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「エリザベスタウン」観ました

 | 家族  com(2) 

エリザベスタウン
原題:ELIZABETHTOWN
製作:アメリカ’05
監督:キャメロン・クロウ
ジャンル:★ドラマ/ロマンス

【あらすじ】10億ドルもの大損害を出し、会社をクビになったデザイナーのドリュー。そこへ父親が心臓発作で亡くなったという報せが。葬儀のためにケンタッキー州の小さな街エリザベスタウンへと向かった彼は、飛行機の中でお節介焼きで陽気なフライト・アテンダント、クレアと出会い…。

序盤の飛行機でのドリューとクレアの出会いから涙がこみ上げてきてしまいました。父親が亡くなったことを言わなくてもクレアが察して、でも察した事を気付かれないように今までどおりの明るい態度で気遣いを見せるところがもう…優しい!
エリザベスタウンについてからの思いがけない歓迎っぷりも、こんな町あるんだろうかと思いつつ、あんな心理状態だった彼への父親からの贈り物みたいで泣けます。
序盤にドリューが即席で作ったマシンとか、中盤にやんちゃで手がつけられない少年に見せた「人の話を聞く」ビデオ教材とか、ところどころ笑いが入るのも良いんですよね。メリハリあって。
主演のオーランド・ブルームは、イケメンで人懐っこい表情を最大限活かしてるって感じでした…個人的には物足りない感じでしたが。
キルスティン・ダンストは美形ではないものの、女性としての洗練された美しさを持ってて、素直に綺麗な人だなぁと思います。
でもって、母親役のスーザン・サランドンは女優として輝いてました。夫を亡くしてから、がむしゃらに自分のやりたかった事を習い始めるシーンとか、出演時間は少ないけど印象的。
最後のスピーチも習ったばかりの事を拙いながらも一生懸命披露していて、本当に旦那さんが好き(原動力)なんだなぁとまた涙が…。この作品は私を何回泣かせるつもりなのか!
しかも、終盤の1人で3人旅が素敵でね…。あのタイミングで「パパ大好き!」は反則でしょ。もう涙腺が崩壊ですよ。
悲しみはひとりになってからふと襲ってくるものなんだろうけど、このクレアの用意してくれたマップのおかげで、一人であって一人じゃないんです。
本当に優しさに包まれた作品でした。

■ Comment

こんばんは☆

素敵なイラストの記事です☆
もうたまらなくなって、再見しちゃいました☆

ちょうど半年だったので、ほとんど覚えていたけど、この映画は初見時に思ったよりも、もうひとつ深い意味を持つ作品なのだな~と思い、胸が熱くなりました。
再見の機会を有難うございます!

>今までどおりの明るい態度で気遣いを見せるところがもう…優しい!

多分、出会いから彼女は彼を好きになったのでしょうね?
でもそうでなくても、あの気づかいは「仕事だから」では済まない・・・やっぱり彼女の人となりなのだと思います☆

>エリザベスタウンについてからの思いがけない歓迎っぷりも、こんな町あるんだろうかと思いつつ、

あの街の人達、最初はウザく思ったのですが、そうではないと自然と思えるのですよね・・・押しつけがましくなく・・・。

>あんな心理状態だった彼への父親からの贈り物みたいで泣けます。

あ、そうかも? お父さんが倒れたのが自宅周りでなく、あの街だったことは深い意味を持ちますよね~。

>ところどころ笑いが入るのも良いんですよね。メリハリあって。

ときどき「何じゃこりゃ?」というところがあって、面白いですよね~!
新婚さんのコーラを盗むところとか(笑)。
鳥の燃えるのも覚えていて、危ないというより、来るぞ来るぞ、と(笑)。

>主演のオーランド・ブルームは、

お父さんの若いころの写真って、彼ですよね~?
初見時はあんまり気にしなかったけど、今回ガン見しました。

>キルスティン・ダンストは美形ではないものの、

ははは・・・そうですか? 可愛いじゃん♪

>でもって、母親役のスーザン・サランドンは女優として輝いてました。

あのときは「この人の映画だったのだ!」と思えましたよね~!
ムーンリバーに乗せて・・・ そして笑わせるって、凄い事です!

>しかも、終盤の1人で3人旅が素敵でね…。あのタイミングで「パパ大好き!」は反則でしょ。もう涙腺が崩壊ですよ。

そうなんですよ、ホントに!
彼女がどんだけ時間使ったか、彼女がどれほどミッチを彼と同じように好きか、分かりますよね~!

>悲しみはひとりになってからふと襲ってくるものなんだろうけど、このクレアの用意してくれたマップのおかげで、一人であって一人じゃないんです。
>本当に優しさに包まれた作品でした。

宵乃さんの描かれたシーンと言い、見るたびに深い味わいがある映画のように思います。 (多分、何の挫折もした事のない人には、あんまり面白くない作品のように思います☆)

たくさん泣いてくれて、有難う!
この映画の事を覚えていてくれて、本当にありがと~!!!


.
2014/05/13 (Tue) 22:34  miri〔編集〕  

>miriさん

> もうたまらなくなって、再見しちゃいました☆
> この映画は初見時に思ったよりも、もうひとつ深い意味を持つ作品なのだな~と思い、胸が熱くなりました。

いつもありがとうございます♪
miriさんのおかげで観られたようなものなので、恩返しができて嬉しいです~。
観るたびに味わい深い作品のようで、時々わたしも再見していきたいです。

> でもそうでなくても、あの気づかいは「仕事だから」では済まない・・・やっぱり彼女の人となりなのだと思います☆

ですよね~。最初から感じるものがあったはず!
ふだんから周りの人を優しい視線で観てきた彼女だからこそだと思います。

> あの街の人達、最初はウザく思ったのですが、そうではないと自然と思えるのですよね・・・押しつけがましくなく・・・。
> お父さんが倒れたのが自宅周りでなく、あの街だったことは深い意味を持ちますよね~。

お父さんにとって宝物のような街で、あの街の人たちにとってもお父さんは大切な友人で…誰かが辛い時、自然に寄り添ってくれる人たちですよね。
導かれたんだなぁと強く感じました。

> 新婚さんのコーラを盗むところとか(笑)。
> 鳥の燃えるのも覚えていて、危ないというより、来るぞ来るぞ、と(笑)。

そうそう、「何やってんの」と呆れさせつつも、全体の流れを壊してないところがセンスあります。

> お父さんの若いころの写真って、彼ですよね~?
> 初見時はあんまり気にしなかったけど、今回ガン見しました。

やっぱりそうでしたよね!
顔が見分けられないもので自信なかったんです(笑)

> ははは・・・そうですか? 可愛いじゃん♪

可愛さなら文句ないですが、美形というと統計的なものというか、顔面のみの彫刻とかにしても大半の人が”美しい”と感じるかというと微妙なラインかなぁと…。
わたしが人のこといえる立場かよって感じですが。

> あのときは「この人の映画だったのだ!」と思えましたよね~!
> ムーンリバーに乗せて・・・ そして笑わせるって、凄い事です!

ホント、この出番の少なさでも主役級の存在感でした。
笑わせて泣かせて、この作品は彼女なしには成り立ちません!

> 彼女がどんだけ時間使ったか、彼女がどれほどミッチを彼と同じように好きか、分かりますよね~!

優しさと愛が詰まったマップでした。
本当に彼の心に寄り添ってなければ、あれは作れないですよね~。
将来は子供たちに自慢してそう(笑)

> 宵乃さんの描かれたシーンと言い、見るたびに深い味わいがある映画のように思います。 (多分、何の挫折もした事のない人には、あんまり面白くない作品のように思います☆)

評判を調べたら合わない人にはぜんぜんだったみたいで、ちょっと驚きました。
そういう人たちも、10年20年したら印象も変わるかも?
わたしは久々に思いっきり泣かされた作品になって、大満足です。
本当にありがとうございました♪
2014/05/14 (Wed) 09:46  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.