忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「モア・ザン・ア・ゲーム」観ました

 | ドキュメンタリー  com(0) 

モア・ザン・ア・ゲーム
原題:MORE THAN A GAME
製作:アメリカ’08
監督:クリストファー・ベルマン
ジャンル:★ドキュメンタリー/スポーツ

NBAを代表する現役スーパースター、レブロン・ジェームズの少年時代に焦点を当て、固い絆で結ばれた彼とチームメイトとの友情と成長を、当事者たちのインタビューと貴重な当時の映像で明らかにしていく。

やっぱりよくできたドキュメンタリーは、ドラマティックですね。
彼ら自身が本当に映画のようなサクセスストーリーを辿ったというのもあるし、CGを上手に使った演出もあってぐいぐい引き込まれました。
写真を加工して奥行きを出してみたり、新聞記事のようにして写真や映像をはめ込んだり、同じ人物の色んな角度の写真を連続で写してぺらぺらアニメみたいにしてみたり、古い資料しかない時期をみせるのにも、視覚的に単調にならないよう工夫されています。
それに、無名だった彼らが最初の大会で見せた逆転劇が本当にカッコいいんですよ~。元の学校では試合に出してもらえなかった小柄なリトル・ドリューが、数分で3ポイントシュートを6回決めた時はマジで痺れました!
最初は彼をバカにしていた観客が、一瞬にして湧き上がるのが痛快です。
また、チームの中心である4人の黒人少年たちと、途中から加わった天才レブロンの友情についてもしっかり掘り下げられています。貧しく複雑な家庭で育った彼らの絆、バスケットボールがいかに彼らの支えになったか、栄光とうぬぼれと挫折、彼らの成長を助け父親のように支えた監督などを描きつつ、彼らの姿を浮き彫りにしていました。
マスコミに叩かれ傷つきながら、強い絆と不屈の精神で立ち上がる姿に感動!
レブロンどころか、バスケットボールのルールすらよくわかっていないわたしでも、最後まで一気に観られました。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.