忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(10/16~10/19)

 | まとめ感想  com(6) 

頑張って映画鑑賞してます。夏の間さぼっていたエアロバイクも、涼しくなったのでガンガン漕ぐよー。

10/16「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」
かなりテンポが速くてダイジェスト一歩手前な感じでしたが、懐かしかったし題材(女性の自立)が意外と現代に通じるものだったんだなぁと驚きました。子供の頃に何度目かの再放送アニメを見ていたようで結構見覚えのあるエピソードが。男の娘な蘭丸くんとかいたね~。初アニメ化な後編も気になります。

10/16「バニラ・スカイ」
う~ん、こんな話だったっけ?いやストーリーはこんな感じだったとは思うけど印象がまるで違う。オリジナルの方が悪夢感あった気がするし、もう少し精神科医のおじさんが印象的だったような。でもペネロペ・クルスが可憐なので眼福でした。「オープン・ユア・アイズ」を再見しないとな…。

10/17「斉木楠雄のΨ難」
燃堂に違和感がありすぎる…。あと照橋さんが顔芸キャラになってて可愛くない…。勇者ヨシヒコの監督さんなんですね。あの作品は2話くらいで合わなすぎて断念した覚えが。全体的にコスプレがメインの作品という感じで、クスクス笑えるところは多少あったけど個人的にはアニメ映画化の方がよかったな。

10/17「シシリーの黒い霧」
高画質で録画したらデジタルリマスター版で映像がきれいでした。内容は記録映画的で、客観的事実を淡々と描いている感じ。主人公がいない群像劇なんだろうけど、あまりにも登場人物の人物像・関係性が見えてこないので興味が持てない。当時を知ってる人向けかな?

10/18「アラン・ドロンのゾロ」
たぶん再見。BGMがうるさくなくて良かったです。最後の決闘ではBGMを使っておらず、剣と剣がぶつかり合う音がちゃんと聞こえる。アラン・ドロン主演なのにコミカルでどこかほのぼのした雰囲気があって、「暴れん坊将軍」並みに安心感がある大活劇でした(大分のんびりしてるけど)。かしこいワンちゃんと口の利けない従者、そしてシリアス要素を一身に引き受けていた神父さんが良かったです。

10/19「帰ってきたヒトラー」
現代にタイムスリップしたヒトラーによる社会風刺。普通に楽しめたんだけど、最後の最後で着地に失敗した感じですね。一人だけ可哀そうな人が出るのはあまり好きじゃないし、それが物語的にあまり意味がないというか、むしろこのせいでテーマがブレたような。あと、このヒトラーがどの時期のヒトラーなのか疑問。死んで穴に横たわったところでタイムスリップしたようにも見えるけど、「ヒトラー 最期の12日間」が印象に残っているので、記憶が曖昧になってたとしてもあそこまで生き生き活動できるかな~?と思ってしまいました。

■ Comment

帰らざる人ら

一人だけ可哀そう、というのも、もはや記憶の彼方(早っ!)で、記憶力のなさを実感しますが、まあ、ヒトラーものはあんまり好まないので。
帰ってきたヒトラーより、帰らざる河のほうがいいです。(マリリンだからっ!)
2018/10/21 01:05  ボー編集

>ボーさん

ボーさんもご覧になったことがありましたか!
一人だけ可哀そうになっていたのは、ヒトラーを見つけた落ちこぼれディレクターさんです。
ヒトラーが本物だと確信して、奴はどこだー!と暴れだしたので精神病院に隔離されてしまいました。なので彼だけじゃなく恋人さんや彼の母親、祖母も可哀そうですね…。
こんなオチをつけなくてもヒトラーの怖さは伝わるし、政治のことを一人ひとりが考えることの大切さは伝わってきたんですけどね~。

> 帰ってきたヒトラーより、帰らざる河のほうがいいです。(マリリンだからっ!)

あはは、私もマリリンの出演作で一番好きな作品です。
2018/10/21 07:55  宵乃〔編集

私にはホラーでしたわ〜

こんにちは。
「帰ってきたヒトラー」私は最後のあのシーンに心底ゾゾゾっとしました。
本物だホンモノだと訴えている者が頭がおかしいと思われるなんて、これ以上ないブラックジョークだと感じたので。
2018/10/27 21:52  ケフコタカハシ〔編集

>ケフコさん

怖いですよね~。
私的には、あの怖さと後味の悪さは「誰の中にもヒトラーはいる」というメッセージを上回ってしまいました。
あのヒトラーが人心掌握に優れてる証明とも取れるけど、タイムスリップしたのがロンドンの切り裂き魔だとしても、「あいつは本物の切り裂き魔だー」と銃を持って暴れれば病院行きですからね…。
2018/10/28 10:00  宵乃〔編集

こんにちは☆

>10/17「シシリーの黒い霧」
>高画質で録画したらデジタルリマスター版で映像がきれいでした。内容は記録映画的で、客観的事実を淡々と描いている感じ。主人公がいない群像劇なんだろうけど、あまりにも登場人物の人物像・関係性が見えてこないので興味が持てない。当時を知ってる人向けかな?

2月のオンエアで見ました(今回は再放送)。
おっしゃる通りで、この映画のもとになった事実を知っている、当時の(事実から12年後)イタリア人向けのドキュメンタリー風映画なので、今現在の私には、

「怖かったけど、知って良かった世界。
私の育った時代の日本がどんだけ幸せなのか、身に染みて思いました。」

こんな感じでした☆

>10/18「アラン・ドロンのゾロ」

これは6月のオンエアで初見でした。
公開当時の事を知っているので、ドロンが好きではない私にとっては、自分が(まさか)この映画を見る事になったんだと、感慨深かったです☆

>たぶん再見。BGMがうるさくなくて良かったです。最後の決闘ではBGMを使っておらず、剣と剣がぶつかり合う音がちゃんと聞こえる。

あの戦いのシーンは良かったですね、良い監督さんです♪

>アラン・ドロン主演なのにコミカルでどこかほのぼのした雰囲気があって、「暴れん坊将軍」並みに安心感がある大活劇でした(大分のんびりしてるけど)。

この元になった話でいろいろな映画が出来ているようですが、この作品はドロンファンにはたまらない、宵乃さんの書かれたとおりの作品でしたね!

>かしこいワンちゃんと口の利けない従者、そしてシリアス要素を一身に引き受けていた神父さんが良かったです。

その人たちも良かったですが、私はヒロインも良かったです☆

>10/19「帰ってきたヒトラー」
>現代にタイムスリップしたヒトラーによる社会風刺。

怖かったですね、大笑いもしましたけど。

>普通に楽しめたんだけど、最後の最後で着地に失敗した感じですね。一人だけ可哀そうな人が出るのはあまり好きじゃないし、それが物語的にあまり意味がないというか、むしろこのせいでテーマがブレたような。

ああ、そうかもしれませんね。。。 また教えられた感じです、サンクス☆

>あと、このヒトラーがどの時期のヒトラーなのか疑問。死んで穴に横たわったところでタイムスリップしたようにも見えるけど、「ヒトラー 最期の12日間」が印象に残っているので、記憶が曖昧になってたとしてもあそこまで生き生き活動できるかな~?と思ってしまいました。

私はこのヒトラーは、そろそろ負けが見えてきたけどまだやれるって信じていた時期の彼だと思って見ていました。 (それは、彼の言動から思ったのですが)

まあ自殺して穴に埋められた状態で蘇っているけど、エバさんでしたっけ?一緒にいないし、その辺は映画だからテキトーな感じもしました。

あまり再見したくないけど、カットと吹き替えがいまいちだったので、いつかずっと先で字幕版を見ても良いかも?です。

エアロバイク頑張ってください!


.
2018/10/29 12:47  miri編集

>miriさん

いらっしゃいませ!
miriさんも「シシリーの黒い霧」をご覧になってましたか。再放送だったんですね。

> 「怖かったけど、知って良かった世界。
> 私の育った時代の日本がどんだけ幸せなのか、身に染みて思いました。」

当時のことを知ってる人向けの作品でも、ちゃんと見てしっかりした感想を持てるところが素晴らしいです。私はもうぜんぜん頭に入ってこなくて…(汗)

> 自分が(まさか)この映画を見る事になったんだと、感慨深かったです☆
> あの戦いのシーンは良かったですね、良い監督さんです♪

娯楽作としてよくできていたし、ドロンファンにはたまらない作品でしょうね。当時興味がなかった作品もテレビのおかげで気楽に観られて、良い作品に出合うきっかけも増えました。miriさんも楽しまれたようで良かったです!

> 怖かったですね、大笑いもしましたけど。

このネタでドイツで映画を作るのは勇気がいったでしょうね~。作るからには面白く、ということで頑張っていたと思います。見る前は笑えるか不安でしたが杞憂でした。

> 私はこのヒトラーは、そろそろ負けが見えてきたけどまだやれるって信じていた時期の彼~
> まあ自殺して穴に埋められた状態で蘇っているけど、エバさんでしたっけ?一緒にいないし~

そうなんですよ。私も自殺した時期よりもっと前の彼だと思ってたんですが、場所的には自殺した場所だし…。彼の復活は彼の肉体の時間を巻き戻したということなのかな?その上でタイムスリップしたんですかね~。まあSF作品じゃないから、そこら辺は適当でもいいのかも。

> あまり再見したくないけど、カットと吹き替えがいまいちだったので、いつかずっと先で字幕版を見ても良いかも?です。

字幕版でまた印象が変わるかもしれませんね。

> エアロバイク頑張ってください!

ありがとうございます。もう少しで高画質録画がなくなるので、それまで頑張ります!
2018/10/30 12:56  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.