忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「マジック(1978)」観た

マジック(1978)
原題:MAGIC
製作:アメリカ’78
監督:リチャード・アッテンボロー
原作:ウィリアム・ゴールドマン
ジャンル:サスペンス/ホラー

【あらすじ】人形を使った腹話術で人気を博した手品師コーキー。だが、成功を目前に、マネージャーの手をはなれ突然故郷へ帰ってしまう。彼はそこでかつての恋人である人妻ペギーと再会し愛を育むが、マネージャーはしつこく追ってきて…。

わたしの肝試し企画はまだまだ続きます!
こちらはホラーにギリギリ分類できる感じのサイコサスペンスでした。
とはいえ、当たり前のように腹話術人形と会話している様子が自然すぎて、それが普通のように見えてしまうのが結構怖い!
しかも、操作してるとわかってても、まるで自分で動いているように見えてしまうことがあるんですよね。人形と若かりしホプキンスの演技力にドキっとさせられました。(というか、一度勝手に目が動いていたような…)
彼の正気を確かめるため、人形を5分黙らせるというテストのシーンは、命がかかってるわけでもないのに、緊張感があります。まるで禁断症状のようにそわそわしだし、冷や汗を流す主人公…。
最近のホラーやサスペンスと比べると、テンポは遅いし、淡々として地味なものの、じわじわ主人公の異常さが見えてきて、今まで操っていた人形に操られていく展開は不気味な空気をかもし出していました。
ラストは予想外に切なくて静かな余韻を残します。ヒロイン(人妻かよ!)がもっとまともな人だったら、ちょっと泣けてたかも…。

関連記事
「チャーリー」観た
「プリンセス・ブライド・ストーリー」観ました(同原作者)

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.