忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

windowsXPとZorin OS liteのデュアルブートにしたくて…

 | PC関係  com(2) 

頑張ってる最中なんですが、映画のイラストを描く暇がないのと、何をしたのかメモしておかないと後々困りそうなので、備忘録です。興味ない人はスルーして下さい。

(追記:2014/2/24:すでにZorin OS6 liteのサポートは切れてます。7も切れていて、8はまだ出てません。しかも7からnon-PAEカーネルに対応しなくなくなった模様…)

xpとデュアルブートしていたlubuntuが、non-PAEカーネルに対応しなくなった(古いバージョンからアップデートできるけど不安定)、他の対応している軽量linuxを入れよう!
ちなみにPCは富士通のFMV-NB75KTで、CPUがPentium M、メモリは増設して1.5GBです。

候補はZorin OS lite、Linux Bean、Bodhi Linux(ここまでubuntu系)、Kona Linux(ここからDebian系)、SwiftLinux(LMDEベース)。
(以降、linux初心者による備忘録なので、興味のある方は続きを読むからどうぞ。)

→Read More


lubuntuをうっかり削除して、MBR破損。xpが起動できなくなる。(TestDiskMBMで修復できるみたい。これを回避するためにはlubuntuインストール時にMBRのインストール先をlubuntuを入れたパーティションに指定しましょう。もしくはwubiを使う。)

XPのサポートが切れる直前に、SP3を適用した状態のバックアップをとっておこうと思ってたけど、予定を早める事に。

リカバリして、あらかじめUSBメモリにダウンロードしておいたsp2sp3ファイルを順にクリックしてインストール
windows updateをして再起動。

その後、しばらくオンライン作業を続けるので、アンチウイルスソフト、ブラウザ、解凍ソフトなどもインストール。
プリインストールのいらないソフトを全部削除。空フォルダやdocuments and Settingsに残った残骸を手動で削除して再起動。

レジストリのゴミも手動で削除。フォルダオプションで隠しファイル、拡張子を見えるように設定。
xp高速化のため、視覚効果の設定を見直し、いらないスタートアップとサービスを停止して再起動。

Zorin OS liteはLive USBでインストールする予定なので、USBブートに対応していないウチのpcにPlop boot managerをインストール

また、これからの作業を安心して進めるため、システムバックアップソフト「Macrium Reflect FREE Edition」もインストール。
ユーザー登録画面がリンク先の記事の頃とは多少変わっているが、NOを選んでNEXTでOK。

15分ほどで全ドライブのバックアップを完了し外付けHDDに保存。一部ファイルをリストアしてみて、ちゃんとできている事を確認した。xpが起動できないようなことになっても、一緒に作ったisoイメージから他のpcでレスキューusbメモリをつくって外付けHDDに保存したバックアップから復元できる。

cドライブを縮めて、新しく作ったパーティションにインストールする予定なので、まずはcドライブのスキャンディスクとデフラグをする。
安全のため再びバックアップ。

再起動してZorin OS liteをインストールするパーティションをつくろうとしたら、既に4つのプライマリパーティションがあった…。
EISA構成のパーティションふたつを削除していいのか散々調べた挙句、リカバリ領域(リカバリディスクがあるならいらない)とインスタントマイメディアとかいういらない機能のためにあるようなので、コマンドプロンプトでdiskpartを実行して削除

再起動したらwindows起動できず(笑)
再起動する前にMBRをいじらなきゃいけない?(2015/4/9:「linuxBeanを入れ替えるついでに、邪魔なEISA構成を削除してやりました」)
普通のリカバリで元に戻るが、もう一度1,5GBの方を削除して再起動しようとしたら、やっぱり起動できず。「インスタントMyMediaのみリカバリ」を選んでみるも、サイズが違うとかで出来なかった。二つ同時ならできたのかも(確認すればよかった!)
結局バックアップから戻した。
↓(翌日)
気を取り直して、Dドライブをフォーマットし、Zorin OS liteのLive USBを挿して再起動。Plop boot managerのメニューからUSBを選択するとZorin OS liteが起動。動くのを確認してからインストールを始める

結局、空きプライマリパーティションはひとつしか用意できなかったが、とりあえず強行突破。
”ディスク領域の割り当て”で ”それ以外”を選び、4GB程度のswapパーティションを作成後、残りの容量すべてをlinuxにあてた。

ここが一番大事。次にlinuxをアンインストールしてもXPが起動できなくなったりしないように、二段階ブート方式にするため(?)、ブートローダはlinuxをインストールするパーティションに指定。起動時はPlop boot managerからドライブの選択でlinuxの起動を選べるようになる。

インストール成功!あとから気付いたけど、パーティション4つまでというのはひとつのHDDにという意味で、このPCにはふたつHDDが入ってるから大丈夫だった。

ファイアーウォールをオンにして、アップデートマネージャで更新、SynapticでclamTKとfirefoxをインストール。元々ライブCDの部屋からもらってきた日本語化版だったけど、念のためもう一度”言語サポート”で日本語化。
無線lan設定も終わり、快適に使える事を確認しました。

うん、安定してるし動作が軽い!起動がもたつく事と、ブラウザ選択のアプリケーションが使い物にならなかったこと以外は満足です。
後は、もう一度バックアップをとれば安心ですね。
これで映画の記事が書ける~!

関連記事
XPとWattOS R6をマルチブートさせた(備忘録)
古いPCにLubuntuを入れてみました

■ Comment

No title

宵乃さん、PCに詳しいんですね。
linuxは随分前にPC-UNIXとして話題になった頃にWindows-PCにインストールしましたが、大して使うことも無く、デスクトップの雪が降り積もるCGをボーっと見ていたくらいですね。
仕事でもプライベートでも、どうしてもWindowsのソフトに慣れてるし。
今はそのPCも壊れて廃棄してしまいました。

linuxは、低スペックでも動くと言われてましたので、別途に中古のPCを買われてインストールっちゅうのは如何ですか?
2013/05/18 (Sat) 09:25  十瑠〔編集〕  

>十瑠さん

> 宵乃さん、PCに詳しいんですね。

いらっしゃいませ。詳しいというかまだまだ勉強中なんですよ~。
前からlinuxに憧れていて(笑)

> linuxは随分前にPC-UNIXとして話題になった頃にWindows-PCにインストールしましたが、大して使うことも無く、デスクトップの雪が降り積もるCGをボーっと見ていたくらいですね。

あはは、十瑠さんもなんとなく入れてみたくなった感じでしょうか?
windowsを使いたい時に使えるなら、とくにlinuxを使う理由もないですしね。
わたしもブログや絵を描く時はwindowsがないと辛いです(笑)

> linuxは、低スペックでも動くと言われてましたので、別途に中古のPCを買われてインストールっちゅうのは如何ですか?

助言ありがとうございます♪
実は昨日のお昼にデュアルブートに成功したんですよ。追記しようと思ってたけど、ちょっと疲れちゃって…。
今は難しいゲームをクリアしたような達成感でいっぱいです(笑)
コメントありがとうございました。
2013/05/18 (Sat) 09:54  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.