2018年02月に観たお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(2/15~2/18)

 | まとめ感想  com(10) 

映画「ミッドナイトクロス」「187」「DEMON デーモン」「フラワーショウ!」「モホークの太鼓」「思い出のマーニー」の一言感想です(もはや一言じゃない)

2/15「ミッドナイトクロス」

久~しぶりに再見。効果音収録中の”音がすぐそばで聞こえる”という映像演出や、その音声を再生する時の映像記憶がよみがえる演出、クライマックスの花火など印象的な映像が多い作品でした。内容的にも引き込まれ、主人公の人間性と背景と言動がきっちり繋がっていたと思います。ジョン・トラヴォルタがはまり役。暴走する実行犯の不気味さ存在感は足りないけど…。
ただ、ラストの後味の悪さは…悲鳴を使うのが悪趣味。絶対に風化させたくない背負わなければならない十字架としてなんだろうけど、私が彼女だったら「マジ止めて」と思うだろうなぁ。あと、切り抜き写真でフィルムを作って音と合わせて発砲の瞬間を見つけるやつ、普通に雑誌の切り抜きの中から見つけた方が楽じゃない?何枚あったの?…とは言え、映画好きなら一度は見てほしいやるせない作品だったと思います。

2/16「187」

劣悪な教育環境を何とかしてくれという教師の叫びを描いた社会派ドラマ?環境のせいにするなと言っても、こんな環境にいたらまともな人間だって狂うよという流れなんだろうけど、割と序盤(でも事件後)に主人公が、失読症の不良生徒をやり込めるためにみんなの前で恥をかかせるので、最初から教師としてダメじゃない?クライマックスの「お前たちを救いたい」というセリフも、不良少年のプライドを刺激して道連れにするために見えた。ただ、最後に流れる生徒による教師の死亡率が悲惨。

2/16「DEMON デーモン」

う~ん、そういう決着の付け方をするなら探し回るより、彼女の前に現れるのを待って跡を付ければいいんじゃない?にしても、あれだけ町中の人に嫌われていて、なおかつ完全犯罪におあつらえ向きな大自然の死体処理場があるのに、よく今まで生きてこれたね。みんなチキンすぎる。

2/18「フラワーショウ!」

ガーデニング大会のお話と思って楽しみにしてたんだけど色々と中途半端な雰囲気映画でした。しかも実話を基にしててビックリ。景観デザイナー、メアリー・レイノルズさんをモデルにしています。私はいかにも”人の手が入りました”という庭は苦手で、自然そのものを再現したいというメアリーさんの庭のコンセプトも好きなんですが、残念なことに映像がその美しさを伝えられてない。恋愛エピソードが多く、相手の男がスケベな頑固おやじみたいなイケメンで惹かれるヒロインに共感できないし、終盤の塩素の失敗は何?自然を愛する人が、大事な植物がすぐそばにあるのに水のオブジェの塩素消毒をする時に説明を読まないとかありえなくない?しかもキャップ2杯をボトル2本と聞き間違えるとか…。調べたら実話らしくて、かなりドン引きでした。このエピソードやデザイン盗用した女のことも描いてるだけで盛り上がりに欠けるし、自然を守る使命が終始上から目線で語られて鼻につきました。

一言映画感想(2/9~2/12)

 | まとめ感想  com(8) 

お酢のアレルギーっぽくなって、お酢が入ってる物の多さに驚いてます。ソース類やたれの類はまず疑ってかからないと…。肉まんやカレーパンなど惣菜関係も入ってることが多いです。成分表などを見ても省略されてることがあって食べてみないとわからない!

2/9「さらば冬のかもめ」
アメリカン・ニュー・シネマか…。ロードムービーと思って見てたから終わり方にあんまり救いがなくて重いなーと思ってしまいました。何も知らない子供みたいなメドウスのままだったら刑務所で耐えられなかったと思うけど、旅で”逃げたい”と思える普通の感性を身につけた彼でも辛いもんは辛いしな…。メドウスの代わりに怒ってくれる兄貴分なバッドアスを演じた、若いジャック・ニコルソンに気付くのに30分くらいかかりました(汗)
2/9「こころに剣士を」
コンプレックスから他人の過去を調べて陥れようとする人物が本当に気持ち悪くて苦手なんですよね。戦後の秘密警察の事情を知ってること前提の作品らしく、なんでヤーコブの祖父が連れていかれたのかわかりませんでした。せめて事実に基づいた作品らしいことを先に言ってほしかった。あと、主人公の決断は今回は運よく良い方に進んだけど、もし収容所で死ぬようなことになってたら子供たちに一生の傷を残したと思う。
2/10「裏切りの荒野」
これって普通なら30分で終わる話ですよね。3度目の嘘がわかった時点でほとんどの人が彼女を軽蔑すると思う。後を追うなんて殴るためという人の方が多いでしょ。それをまだ未練があるとか…。彼女の方も、あそこで追ってくるような男を「まだ利用価値がありそうだから」とキープしておく気が知れません。いつか殺されるかもと想像できないんでしょうか?久々にマジで時間を無駄にしたなと思いました。
2/10「リカウント/アメリカが揺れた36日間」
ケヴィン・スペイシー主演の2000年米国大統領選挙のいざこざを描いた作品。国の大統領を決める選挙なのに、なんで州ごとにルールが違うんでしょうね…。あんなの最初に共通のルールを決めておかなきゃ、いつかトラブルに発展するのは目に見えてるでしょう。大雑把だなぁと思ったものの、法律なんてどこの国も変なところはいっぱいあるよね。
2/12「ドラキュラ(1992)」
たぶんカットされてない字幕版で再見。初見時よりは良さもわかるかな~と思ってたけどそれも前半だけで、後半はもうついて行けなかったです。ブラム・ストーカー原作に忠実らしく、吸血=性行為なイメージの強い作品でした。私の好みではないし伯爵の行動が意味不明。ミナを取り戻したいなら、なぜジョナサンを生かしておくのか、なぜ真っ先に彼女の親友を毒牙にかけたのか…。あと、吸血鬼の特殊能力である魅了を使いすぎて、ミナの愛が前世からのものなのか魅了によるものなのか曖昧なまま進めて、それで最後で「愛が勝った」みたいなことを言われても…。全体的に品のある古典作品の方が好きです。
2014/1/12「宮本武蔵」
頑張って観たけど、シリーズものか…。パワフルで見ごたえあるものの、疲れるから続けて何作も観る気になれない。数日間、木に吊りさげられて、トイレはどうしたのかなぁと思った。というか、生きてられるのか?あれ。

映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」観ました

 | 伝記/自伝/実話  com(6) 
Tag:イギリス 

イミテーション・ゲーム
原題:THE IMITATION GAME
製作:イギリス・アメリカ’2014 115分
監督:モルテン・ティルドゥム
原作:アンドリュー・ホッジェズ
ジャンル:★サスペンス/戦争/伝記

【あらすじ】1939年。ドイツ軍の暗号機“エニグマ”を解読するため、イギリスではMI6のもと解読チームが組織された。だが、その中で数学者アラン・チューリングだけは単独で解読マシンを作り始める。孤立を深めていく彼だったが、新しく加わったクロスワードパズルの天才ジョーンが彼のよき理解者となり…。

かなり見ごたえある作品でした。チューリングさんのことは全然知らなかったんですが、アップルのトレードマークのリンゴは彼にまつわるものだという都市伝説があるんですね。コンピューターの生みの親の一人であり、最強の暗号機エニグマを破った天才の生き様を115分にギュギュっと詰め込んでいたと思います。さすがアカデミー賞の脚色賞を受賞してるだけあるし、監督さんが事実に忠実であることを大事だとしながら”チューリングの感情”を最優先して描いたのが生きてると思いました。

若干分かりにくいと感じたのは、戦後である1951年と戦時中の描写にあまり違いがないところ。しばらく時間が前後してることに気付けませんでした。1951年におけるチューリングさんの決断は彼を描くには欠かせないものだけど、普通に時系列通りにやってもよかった気がします。結局、何であの刑事は最初チューリングを目の敵にしてたの?

そこは気になったものの、全体的にチューリングへの敬意が伝わってくる作品で、普段は演出かな?と疑うようなところも素直に受け取れました。実際に彼と話してたらかなり嫌な奴だと思いそうだけど、彼が好きでそんな反応を返してるわけじゃないというのが伝わってくるんですよね。むしろ、何で自分(チューリング)にわかるように話してくれないの?と思えてきます。天才ゆえの孤立をわかりやすく噛み砕いて描写してました。

そこに現れるキーラ・ナイトレイ演じるジョーンがまたいいんですよ。チューリングを演じてるのがカンバーバッチさんでいつもながら才気あふれる雰囲気なんですが、それに負けない存在感で良きパートナーとなっていく流れも説得力あります。子供の頃に自分を勇気づけてくれた言葉を彼女にかけるところが、ラストに繋がるのもよかった。
彼女が取り持って仲間たちと和解していくところも微笑ましかったけど、やや駆け足気味だったのは残念。というか「こんなやり方じゃいつまで経っても解読できない!」→「手伝わないチューリングのせいだ!」とか訳の分からない言いがかりをつけてくる仲間で、和解できたからと言って役に立つの?と思ったり…(汗)

暗号解読機の「クリストファー」も良かったです。まず見た目からすごいですよね。物々しいほど大きくてガシャンガシャンうるさくて、いかにも機械という感じです。インタビュー記事やWikipediaで調べたら、インパクト重視で大きくしたり配線などが見えるようにしたみたい。赤いケーブルは”血管”をイメージしていて、「クリストファー」の名前の意味を知るとラストのチューリングの苦悩と決断がますます切なくなります。
暗号解読までの流れも良く、「ドイツは愛で戦争に負けた!」と歓喜するくだりでは観てるこっちまで嬉しくなりました。

あと、法廷で自分が戦争の英雄だと言えば見逃してもらえたのかはわかりませんが、最後まで秘密を守ったのは責任感だけからではなく、切り捨てた人々のことを忘れられなかったからだと思います。家族を失おうという同僚とのやり取りは、解読成功時との落差でグサッときました。
悲しい幕引きだったけど、この作品を思い出すときは彼が”クリストファー”と一緒に成功を掴むところを思い出したいです。

ちなみに、タイトルの「イミテーション・ゲーム(模倣ゲーム)」はチューリングさんの論文「計算する機械と知性」の中で考案したテストの名前。邦題はちょっと冗長かな。

一言映画感想(2/1~2/6)

 | まとめ感想  com(6) 

とりあえず過去記事の整理を頑張ってます。あとまとめたいのは「白熱教室」と「ポワロ」シリーズだけかな。

2/1「ヘルレイザー」
再見かと思いきや初見っぽかったです。内容は一言で表すとヘンタイ映画。肉欲のとりこになった男女と、その家族だったせいで巻き込まれる可哀そうな人たちの話です。ピンヘッドというキャラクターとパズルボックスなどがミステリアスな独自世界を作ってるけど、要は悪魔と契約して魂を渡した男が、なりふり構わず悪魔から逃れようとした話みたいな?そして、その悪魔よりも欲望に溺れる人間の方が恐ろしいというのがミソ。弟の血で復活するシーンはある意味神々しかったです。
2/2「ヘルレイザー2」
ピンへッドたちの過去とかは蛇足だと思ったけど、迷宮のビジュアルやジュリアの活躍はそれなりに良かったと思います。しかし、カースティはおじさんがどうやって復活したか知ってたの?どういう理屈で血の付いたマットレスからジュリアが復活すると思ったんだろう(汗)
2/2「ヘルレイザー3」
1作目の出演者がいなくなって、内容ももはや別物。守ってあげたくなるような孤独な少女テリーまで地獄の住人にされてしまったのが残念。ピンヘッドは謎のルールに従って行動してるだけ、という不気味さがよかったのになぁ。3作目まで見て気付いたけど、私が見たことあるのは5作目の「ゲート・オブ・インフェルノ」だった…。
2/3「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」
バトルが始まれば格ゲー風、敵を倒せばコインになるゲーム風な演出が最初から最後まで徹底されており、一目惚れしたヒロインの元カレ7人に次々と戦いを挑まれる意味不明展開も妙にしっくり。1機アップとか精神的成長で武器が出現とか面白かったです。個人的にはスコットにぞっこんな女子高生ナイブスがとても可愛くて、忍者のゲームで息ピッタリ&ラストのコンビネーションもばっちりなところが好きです。スコットは彼女がいい女に成長するための踏み台だったのだ…。
2/5「鷲は舞いおりた」
再見。水車で子供を助けるシーンあたりから記憶がよみがえってきて、同じ国に生まれていたらこんなことには…と戦争のむなしさをひしひしと感じました。でも、ところどころ違和感があって調べてみたら、下にドイツの軍服を着るのは馬鹿な上司の命令だったし、ラストに撃った相手なども改変されてたようで…。ドイツの軍服を着こなす俳優さんたちのカッコよさや、いきいきとデヴリンを演じるサザーランドが印象に残りました。
2/6「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」
じんわりいい作品ではあるけど物足りなさもありました。階段がきついのに上の階にこだわるのがよくわからないし、犬が入院してるのにぜんぜん病院へ行かないのもよくわからない。手術の日くらい一人付きっきりでもいいんじゃない?とはいえ主演がモーガン・フリーマンとダイアン・キートンなので安心して見られます。最後、不動産屋の人が可哀そうだなと思いました。

映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」観た

 | コメディ  com(4) 
Tag:ジョニー・デップ 

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
原題:MORTDECAI
製作:アメリカ’2015 107分
監督:デヴィッド・コープ
原作:キリル・ボンフィリオリ
ジャンル:★コメディ/アドベンチャー

【あらすじ】英国貴族にして美術商のチャーリー・モルデカイは、ロンドンの郊外に大きな屋敷を構えていたが破産寸前。そんな時、MI5のマートランド警部補にゴヤの幻の名画を捜索して欲しいと要請される。高額な報酬につられ、最強の用心棒ジョックと共に名画追跡に乗り出したモルデカイだったが…。

吹き替え版なのにエアロバイクを漕ぎながら見たので謎解き部分はぜんぜんわかりませんでしたが、チャーリーと用心棒ジョックの関係が面白くて個人的に大好きです。ほぼ無能の癖にやたらと自信満々なチャーリーに何度もひどい目に遭わされ、それでもなお揺るがぬジョックの忠誠心がもうおバカの域に達してるんですよ。普通に考えたら、給料もままならない状況で命を懸けて守るに値しないチャーリーなんて見捨てられてもおかしくないのに!

そんなジョックのことをチャーリーも信頼していて、何かあれば「どうすればいい?」と聞いて、それが結構無茶な内容でも彼なりに実行するところが憎めません。全力で走ってと言われても、ヘンテコな小走りしかできないんですけどね(笑)
でも大男と一緒に窓を破って飛び降りたところは頑張ってました。
それが、終盤で「私は大丈夫だから行ってください!」とかなり無理してるジョックのいうことは聞かないところがまたいいんですよ。あの無力な、荒事なんてまるで向かないチャーリーが、ハンマーを掴んで突進する姿に、なんだか親のような気持ちで「よくやった、チャーリー!」と思ってしまいました。

あと、こんな彼でも得意なことが一つだけあって、ぼやけた写真に映る絵の一部分だけを見て、それが何の名画なのか気付いたところには驚かされました。色々逸話のある名画らしく、どでかい本を引っ張り出してきて「この絵だ」と示したのがほんの1,2cmしかなさそうな絵の中に描かれた絵なんですよ。…インチキ美術商だと思っててゴメン。

また、髭が生理的に受け付けない奥さんとのあれこれも面白かったです。あまりに受け付けないので、キスしようとするだけでゲローとなる奥さんに、ついもらいゲロしてしまうチャーリー。お互い深く愛し合ってるのに、お互いこれだけは譲れないと髭を巡る争いが…(笑)
くだらないけど大好きですね~。ラストはオチが読めても笑えました。

ちなみに、未亡人から盗むのはちょっとな…と思ったものの、持ってたら持ってたで犯罪に巻き込まれそうなヤバい品物だし、絵としての価値に惹かれているチャーリーの手に渡るのが結局一番良かったのかも。
私的に、難しいことを考えずケラケラ笑いたい時に観たい作品です。

一言映画感想(1/14~1/31)

 | まとめ感想  com(5) 

そろそろ一言映画感想の記事が増えすぎてきたので、コメントやTB、アクセスのない記事は新しい一言映画感想記事としてリメイクしていこうと思います。RSSフィードが発信されないので購読してる方は申し訳ありません…。

1/14「心霊ドクターと消された記憶」
最初から曖昧な描写の連続で主人公がどんな人か良くわからないまま進むなぁと思ってたんですが、実はその演出もちゃんと意味があったんだと思えて、なかなか楽しめるミステリアスなホラーでした。主演は「戦場のピアニスト」のブロディさんで作品の雰囲気を盛り上げてます。ただ、驚かせる系の描写も多いし、ラストは辿り着いた真相を端的にしか示していないから若干モヤっとします。実在しているのか疑わしい奥さんの描写が彼の危うさを表しているようで好きです。
1/17「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」
まるでSFみたいなタイトルですが、スティーヴン・エリオットの半自伝的作品を基にしたドラマです。それなりに引き込まれたものの、後から考えると変なところが多く、調べてみたら作家さんが苦言を呈すほど改変しているようで…。ダメな父親なりに息子を救おうと頑張ってたんだという流れのくせに、息子を守れなかった象徴である”路上生活や施設生活”も嘘っぱちだと言うのはおかしいと思ったんですよね。主人公が人気作家に見えないし。虐待やドラッグ、路上生活や施設生活、あの裁判への興味、SM趣味なんかは事実のようですが、自分で道を見つけて努力して大学で修士号を取った方です。映画だと嘘の虐待自伝の一発屋みたいな描かれ方でした。
1/18「ブンミおじさんの森」
生者と死者と精霊が普通に食卓を囲んでたり、森の中に赤い目が光る黒い影がぬぼーと立ってたりとインパクトある作品なんだけど、ちょっと哲学的なのかよくわからなかった。とにかく赤い目が怖い。ホラーか。あと、女王とナマズのエピソードは、ナマズに襲われてるようにしかみえなくて怖い。なんだったんだろう…?
1/27「二十四時間の情事」
タイトルが「二十四時間の情事」なのに内容は戦争や原爆のことで、エロ目的の人を釣ろうとしてるのが見え見え(笑)実はこの邦題、ビデオ用らしく劇場では「ヒロシマモナムール」という原題と同じタイトルだったみたい。内容はヒロインの過去と日本人男性との関係がいまいち把握できなくてよくわからなかったです。エロいシーンはほぼないよ。
1/31「ジャッジ 裁かれる判事」
割と引き込まれましたが、ちょっとだらだらしてました。元カノとその娘、主人公の弟と余計な登場人物が多くて、主人公の息子としての面と父親としての面の対比が弱いというか、父親としての面が少なすぎてアンバランス。せっかく幼い娘がいるのに雰囲気を和ませる役になってて、離婚や父親としてやるべきことに真剣に向き合えてない気が。毎回法廷の前にゲロっちゃうところは笑いました。

.