ブログカスタマイズカテゴリのご紹介

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

FC2ブログのSSL化の方法と役に立つツールのご紹介

(記憶違いじゃなければ)いつの間にか仕様が変わってました!!

記事内の画像については、外部のものでも自動的に「http:」の部分を削除してくれるようになりました。これにより、すでにSSL化しているサービス(amazonの広告やにほんブログ村ランキングボタンなど)のタグは修正しなくても問題ありません。他にもわかったことがあれば追記します。
*******************

SSL化手順と作業の効率アップツールやテクニックをご紹介。ごちゃごちゃ書いてますが、多くの場合はここまでしなくても問題なく移行できます。(カウンターなどがリセットされる場合もありますが、少なくともfc2カウンターでは大丈夫)

◆基本事項◆

<SSL化設定のある場所>

「環境設定」→「ブログの設定」のリスト下部にある「SSL設定」

<修正しなくてもいいもの>

・fc2ブログにアップした画像などのURL
・fc2ブログにアップしてないSSL対応サービスの画像URL
・テキストや画像などのリンク

<よくある修正箇所>

・FC2カウンターや人気ランキングなどのプラグインのタグ
・古い動画のタグ
・SSLに対応していない広告やバナーの画像URL
・プラグインエリアの画像URL
・外部ストレージの画像URL

◆対応方法◆

<テンプレートの修正>

テンプレートの「HTMLの編集」で「http」をページ内検索し、「blog〇.fc2.com」や「blog-imgs-○○」などfc2ブログ関係以外のURLを探します。もしあってURL末尾が画像関係やcss、js、icoなどの拡張子なら、リンク先に移動し右クリックで「名前を付けて保存(またはページを保存など)」を選んでダウンロードし、ブログにファイルアップロード。そのURLで先ほどのURLを上書きします。
別のテンプレを使うのも一つの手です。

<プラグインエリアの修正>

プラグインエリアにプロフィール画像やサムネイル、バナーなどの画像を使っていて、それが自分のブログにアップしたものなら、プラグインの「HTMLの編集」で画像URLを「https」に修正。
 自分のブログにアップしたものじゃないなら、そのファイルが置いてあるサーバーがSSLに対応しているか確認し、対応していたらURLを新しいものに修正。対応していないなら、ダウンロードして自分のブログにアップし、そのURLに差し替える。

<プラグインの修正>

プラグインエリアやテンプレートにFC2サービスのプラグインなどを使用している場合は、改めてタグを取得して貼り替えます。まだSSLに対応していないプラグインなら対応するまで非表示にしておくか別サービスを探してください。

→Read More

FC2ブログでタイトルタグの重複対策(備忘録)

「タイトルタグの重複」と聞いてもわからない人はスルーしちゃって下さい。
こんな事に試行錯誤するより、知らない人は知らないまま真面目にブログを更新していた方がアクセスアップに繋がると思いますので。
でも、ウェブマスターツールに登録して、一度気になリ始めてしまったらもう簡単には抜け出せないんですよね…。
そんなワケで、私が行った重複対策を備忘録として残しておこうと思います。後で、ここはどういう意図でこうしたんだっけ?となると、また調べなおさないといけないので(汗)
全体的に、「ありのごとくあつまりて」というブログの「ウェブマスターツール 重複エラー対策のまとめ」を参考にしました。

【このブログで行ったPCテンプレートへの対策】

<!--▽タイトルタグ▽-->
<title>
<!--titlelist_area-->全記事一覧<!--/titlelist_area-->
<%sub_title>|<%blog_name> <%cno>
<!--index_area-->|サブタイトル的なもの<!--/index_area-->
<!--not_index_area-->
<!--not_titlelist_area-->
<!--not_permanent_area-->
<!--not_search_area-->
<!--topentry-->.<%topentry_no><!--/topentry-->
<!--/not_search_area-->
<!--/not_permanent_area-->
<!--/not_titlelist_area-->
<!--/not_index_area-->
</title>
<!--▽メタデータ▽-->
<!--index_area-->
<meta name="description" content="<%introduction>">
<!--/index_area-->
<!--▽正規化▽-->
<!--index_area--><link rel="canonical" href="<%url>"><!--/index_area-->
<!--permanent_area--><link rel="canonical" href="<%url>blog-entry-<%pno>.html"><!--/permanent_area-->
<!--titlelist_area--><link rel="canonical" href="<%url>archives.html"><!--/titlelist_area-->

上記は修正前の状態です。追記でちょこちょこ変更してるので注意。あと、XHTMLの場合は、「meta」や「link」は「 />」で閉じます。

→Read More

.