忘却エンドロールミュージカルカテゴリ紹介

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ロバと王女(ろばとおうじょ)」感想

ロバと王女
原題:PEAU D'ANE
製作:フランス’70
監督:ジャック・ドゥミ
原作:シャルル・ぺロー
ジャンル:ミュージカル/ファンタジー

【あらすじ】愛する王妃を病で亡くした王様は、王妃の頼みで彼女より美しい相手としか再婚しないと誓う。そして、沢山の肖像画の中から選んだのは、なんと自分の娘だった。父親からの求婚に困惑した王女は、名付け親の妖精のもとへ相談に行く。

*ネタバレあり*
中世ヨーロッパ風の世界と浮世離れした登場人物、召使や馬は王国カラー(青や赤)に塗ったくられて、妖精や魔法の存在するおとぎ話の世界を演出しています。
亡き王妃の頼みからか、ただの面食いか。王様がたくさんの肖像画をはじいていった結果、いつの間にか王妃よりも美しく育っていた娘の肖像画が残った、というところで物語は始まります。お見合い用の肖像画なんて信用できないと思うんですけどね。
美しい王女(美人さんのカトリーヌ・ドヌーヴ)にさっそく求婚する王様。
「国王の言うことは聞くものだ」と、父親面で権力をかざします。
王女はちょっと困っているようでしたが、ここは軽蔑すべきでしょう。
妖精に相談したところ、無理難題を言って諦めさせる”かぐや姫作戦”を伝授してくれました。
しかし、本気モードの王様は次々と王女の望みを叶え、”太陽の輝きをもつドレス”も国の経済を支える”『金を産むロバ』の皮”さえも王女に贈ります。王女も「こんなにしてくれるんだから、結婚してもいいかも…」と迷い気味。
いや、頑張ったの召使だから。王様命令しただけだから!!
妖精も「父親と結婚するなんていけないことよ」と諭します。そして、てきぱきと王女にロバの皮を被せ、魔法の杖を与えて城から逃がすのでした。まるで、こうなると分かっていたかのように手際がいい…。

この後、赤の国に逃れてた王女は、汚い家で”臭いロバの皮”と人々に蔑まれて暮らし始めます。「なんで私がこんな目に…」とか悲しんでいるものの、魔法の杖があるので家の中には豪華な家具が並んでいるし、困ったことがあっても魔法で解決です。
そして、王子と出会い恋に落ちた彼女は、夢での逢瀬を果たし、指輪を仕込んだ手作りケーキをプレゼント。ついに王子は「この指輪がピッタリ合う女性と結婚する」と国中にふれ出すのでした。
国中の女性が大騒ぎし、”指が細くなる薬”なんてものも売り出されます。
でも、『指がただれた!』と騒いでいたところを見ると、この薬は指を溶かして細くするものみたいです。(怖いよっ!)
国中の女性が集まる中、王女は颯爽と最後に現れ、指輪がはまった途端にロバの皮を脱ぎ捨てます。そして、いい笑顔で太陽のドレス姿を人々に見せ付けるのでした。(なんだか演出が腹黒い…)

こうして王女と王子は結ばれ、父親がどうなったかといえば…。
なんと、妖精と結婚しているじゃないですか!?
どうやら彼女、むかし王様に振られたらしく、王女に協力したのも王様から遠ざけたかっただけの様です。まさか王妃の病も…!?
なんにせよ、そんなことで殺されたロバが可哀想でならない今日この頃。

<2019/03/25>再見
改めて見てみると、結構大胆に童話らしさを追求した作品でした。
普通は童話をそのまま映像化なんてせずに、残酷な部分や現代の感覚では合わないところは改変すると思うんですが、この作品はおそらくそこら辺もそのままです。
その割にはラストでヘリコプターが登場したりと挑戦的なところもあったりして、こういう反骨精神?が印象に残った理由なんだろうなぁ。

そして、美しき王女のドレスの着こなしが素晴らしかったです。空・月・太陽のドレスはどれも地味な人が着たら負けそうな輝かしさなのに、ドヌーヴは見事に着こなしてました。とくに空のドレスがお気に入り。空の映像が流れるのが素敵です。

あと、今回も感じたのが妖精の黒幕感。どう考えても王様は魔法で洗脳されてますよね(笑)
王女がいなくなって悲しみ、絶対に探し出すのだ!とか言っていた王様が、次の登場シーンでは妖精と仲睦まじくヘリから降りてくるんだもの。まあ自分の娘に求婚するような変態は洗脳して更生させた方がいいですけど。
ただ、王妃の病気も彼女が…と疑わずにはいられないのがなぁ(汗)

関連記事
「天使の入江」観ました

映画「嫌われ松子の一生」感想

 | ミュージカル  com(2) 
Tag:日本 

読み:きらわれまつこのいっしょう
製作:日本’06
監督:中島哲也
原作:山田宗樹
ジャンル:ミュージカル/コメディ/ロマンス/ドラマ

【あらすじ】昭和22年、福岡県大野島。病弱な妹ばかり可愛がる父親の気を引くため、父親が望むように教師となった松子。しかし、盗難事件をきっかけにクビになり、家族と縁を切り家を飛び出す。孤独を恐れ次々と男を替える彼女だったが…。

以前ドラマ版を観て、あまりにも不快だったので1話で観るのを止めた作品。
ためらいつつも映画を観てみたら、その不快なエピソードは削られていて安心して観れました。
と言ってももとが悲惨な話なので、ミュージカルやCGで華やかな演出をしても心から楽しむ事はできず。…まあ、松子という人間に共感できなかった分、落ち込むこともなかったんですが。
他の人の感想を読んだら、”純粋に愛を求める松子に共感した”という方が多かったので、ちょっと驚きました。私的には松子は依存している様にしか見えないし、本当に愛が欲しいならまず家族と向き合うべきじゃないかなぁ、とか思ったり。…それが簡単には出来ないのが人間ですけどね。
あと弟は冷たすぎると思います。憎むのはもっともだけど、故人の遺志は…?

ストーリーはぜんぜん私好みじゃなかったものの、ミュージカルは好きなほうだし、中谷美紀も「ケイゾク」の時から好きなので(主題歌がすき)そこら辺は楽しめた気がします。暗闇で歯が輝くシーンとか、くだらないところも笑えたし。ドラマでの不快な記憶を上書きできたという点でも観てよかったです。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」観ました

サウンド・オブ・ミュージック
読み:さうんどおぶみゅーじっく
原題:THE SOUND OF MUSIC
製作:アメリカ’64
監督:ロバート・ワイズ
原作:マリア・フォン・トラップ、リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン2世
ジャンル:★ミュージカル/ファミリー

【あらすじ】1938年オーストリア。家庭教師としてトラップ家にやってきた修道女マリアは、すぐに子供たちと打ち解ける。しかし、父親は妻を亡くしてから子供たちと距離を置いていた。そんな彼の心を開くため、彼女は子供たちに歌を教え始める。

言わずと知れたミュージカルの名作。
あまりに有名でいつでも観れるので、今までみのがしてました。
山のなかで歌ってるシーンしか知らず、あんなきな臭い展開になると思わなかったんですが、歌と子供たちの可愛さで危機を乗り切ろうとするとはさすが。(実際はこんな劇的じゃなかったようですが)
ちょっと前まで父親の笛の音で整列してたとは思えないくらい、上手にのびのびと歌ってました。
個人的には、「さよなら、ごきげんよう」の歌で「くっくー、くっくー」と背後から顔をのぞかせるシーンが可愛くて好きです。

関連記事
「アンドロメダ…」観ました
「傷だらけの栄光」観ました
「菩提樹/続・菩提樹」観た(同原作)

映画「チップス先生さようなら(1969)」観ました

 | ミュージカル  com(2) 

チップス先生さようなら(1969)
読み:ちっぷすせんせいさようなら
原題:GOODBYE, MR. CHIPS
製作:アメリカ’69
監督:ハーバート・ロス
原作:ジェームズ・ヒルトン
ジャンル:★ドラマ/ミュージカル

【あらすじ】生徒想いでありながら、生真面目な性格のために生徒たちに嫌われるチップス先生。そんな彼が舞台女優のキャサリンと恋に落ち、やがて結婚する。自分のために仕事を辞めた彼女を、せめて校長夫人にしようと頑張るチップスだったが…。

やたらとテンションの低いミュージカルだなぁと思いながら観ていたんですが、チップス先生が恋に目覚めた辺りから目が離せなくなり、身を引こうとしたキャサリンを必死に探すシーンで彼の変化に感動していました。あの堅物だったチップス先生が、愛する人をなりふり構わず追いかけるようになるなんて!
そして、彼のそんな変化に子供たちもついてくるようになるんですよね。
そんな充実した教師・結婚生活をすぱんと省略して、いきなり初老のチップスが出てきたのにはちょっと驚いたんですが(TVだからなのか???)、喧嘩はしても深い愛情で結ばれている二人に嬉しくなってしまいました。念願の校長就任を一刻も早く彼女に知らせたくて、再び全力疾走する彼の姿が今でも目に浮かびます。
ここから先は思い出しただけで泣けてくるんですが、突然の悲劇に打ちひしがれる様子や、別れの挨拶で盛大な拍手を贈られ感動に身を震わせる様子は、本当に目の前にチップスが存在するかのような迫力でした。
心に残る愛情に溢れた映画だったと思います。

関連記事
「チップス先生さようなら(1939)」観ました

映画「オペラ座の怪人(2004)」観た

オペラ座の怪人(2004)
歪んだ愛と憎悪
読み:おぺらざのかいじん
原題:THE PHANTOM OF THE OPERA
製作:アメリカ/イギリス’04
監督:ジョエル・シューマッカー
原作:ガストン・ルルー
ジャンル:ミュージカル/ロマンス/サスペンス

【あらすじ】1870年代パリ。急遽代役として舞台に上がったコーラスのクリスティーヌ。彼女の美しい歌声に観客は魅了され、オペラ座に来ていた貴族ラウルは彼女が幼馴染だと気付く。再会を喜ぶ二人だったが、彼女はオペラ座の怪人ファントムにさらわれてしまう。

前編だけですが観ました。
シャンデリアが揚がっていくと共に、寂れたオペラ座が当時の姿を取り戻してゆく場面は大変美しかったです。
内容は、ファントムの素顔を見たクリスティーヌが幼馴染のもとに戻り、それを見たファントムが憎しみに身を震わせ…というところまでなのですが、今のところ誰に感情移入したらいいのか分かりません。
ファントムは何やら下心から彼女に近づいたように見えるし、クリスティーヌはファントムに幻想を抱いていてやたらと顔を見たがります。しかも、彼が美形だったら幼馴染の所に戻らなかったような気もします。

…ああでも、本当は彼女は最初からファントムを恐れていたのかもしれないですね。
だって実際、壁の向こうから男が話しかけてきたら怖すぎます。知らないうちに覗き見られていて、その上オペラ座を影から支配していたわけですから、完全に犯罪者です。しかも、変に怖がったり逃げたりしたら、どんな目に遭わされるか分かりません。
彼に一度連れて行かれたときも、「彼の目には孤独と哀しみが…」みたいなこと言っていた事も考えると、これはもうストックホルム症候群である可能性が高いです。

ストックホルム症候群は、強盗犯や誘拐犯と長時間一緒にいた人質などが、犯人に同情してしまう精神の防御反応のことです。犯人に協力的なほうが助かりやすいとか、恋愛感情にすり替えることで恐怖心を紛らわしていたりとか、そんな感じです。
こうやって考えると、クリスティーヌに感情移入できそうです。…とりあえず後編を観ない事には何とも言えませんが。一週間後まで覚えてられるかなぁ。

関連記事
一緒に「オペラ座の怪人(2004)」を観ませんか?
映画「フォーリング・ダウン」観た

映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」観ました

 | ミュージカル  com(0) 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
読み:ヘドウィグアンドアングリーインチ
原題:HEDWIG AND THE ANGRY INCH
製作:アメリカ’01
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
原作:ジョン・キャメロン・ミッチェル、スティーヴン・トラスク
ジャンル:★ドラマ/ミュージカル

【あらすじ】性転換し女性になったヘドウィグは、ロックスターのトミー・ノーシスに曲をうばわれ裁判を控えていた。しかし、証拠はなく状況は彼女に不利。苛立ちを隠せない彼女は、自分が女性になった日のことやトミーとの出会いを思い返す。

タイトルにある「ヘドウィグ」ってハリーのふくろうと同じ名前だなぁ、と思い観始めたのですが、これがかなりの拾い物で最後まで目が離せませんでした。
まずタイトルの意味を軽く説明すると、「ヘドウィグ」は主人公が性転換手術をした時母親から貰った名前(あのふくろうメスだったのか。)で、「アングリーインチ」は手術に失敗し1インチだけ残ってしまったアレを「怒りの1インチ」と呼んでるわけです。このたった1インチがヘドウィグの人生を切ないものにしてしまうんですよね…。

でもヘドウィグは、そんな怒りや魂の片割れを求める心の叫びをそのままロックで表現してくれます。その歌声はロックを知らない私でも聞き入るほどで、この作品のためだけにつくられた曲だとはとても思えません。てっきり実在のロック歌手の半生を綴った映画なのかと思ってたくらいですから。
そして歌と並んで素晴しいのが、なんと言ってもヘドウィグの美しさです。彼女の憂いを帯びた瞳には、まるで魔力でも宿っているかのような魅力があります。最初のうちは厚化粧だとかカツラ似合ってないとか思っていたんですが、ある時突然「ゾクリ」とするような美しさを垣間見せるんですよね。その頃にはもう彼女にメロメロになること請け合いです。

終わり方はやや抽象的ではっきりとは分かりませんでしたが、ハッピーエンドなんだと思います。彼との愛の結晶である歌、そして刺青に付け足された片割れ…たぶん彼への未練はあったと思うんですが、ヘドウィグいわく「愛は創造」なので歌さえあれば大丈夫ですよね。
ミュージカル好きでなくても楽しめる作品だったと思います。

2018/10/30 再見

第3回秋の音楽映画祭で10年ぶりに再見。上の感想とだいたい同じことを思ったから書くことないな…。
曲になんとなく聞き覚えがあって楽しめました。ロックに興味がなくても楽しめるのは、過去回想の後に、そのエピソードに絡めた曲が流れるからだとわかりました。割とシリアスな内容でも、画面は華やかでパワフルだし。
わからなかったのは、最初の夫に捨てられたのは騙されていたからなのか、手術に失敗したからなのか、それとも移り気なだけ?どちらにしろ酷い奴!
ラストの刺青は、自分がかつて捨てた”男だった頃の自分”こそが”探し求めていた片割れ”だと気付き、自分を愛せるようになったという意味だったのかな。初見時はよくわかってなかった気がする。
ありのままの姿で最後に歌った「Midnite Radio」がお気に入りです。

関連記事
「ラビット・ホール」観ました

映画「モダン・ミリー(もだんみりー)」を観ました

モダン・ミリー
やんちゃな青年ジミー。
原題:THOROUGHLY MODERN MILLIE
製作:アメリカ’66
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
ジャンル:★ミュージカル/コメディ

【あらすじ】玉の輿を狙い上京したミリーは、むかいに泊まることになったドロシーと親しくなる。舞踏会で出会った好青年ジミーも加え三人で遊ぶようになるが、彼のどっちつかずの態度にやきもきするミリー。そんな時、ドロシーが事件に巻き込まれ…。

玉の輿を狙って上京した娘さんの話、と言うとどこかで聞いたようなストーリーですが、この作品はコメディとミュージカルが良いアクセントになっていて最後まで楽しく観れました。
一番のお気に入りは、ミリーに会うためボーイフレンドがビルをよじ登っていく場面。最初は「なに馬鹿やってんだ」と笑ってみていたのですが、平然と登っていくさまがあんまり危なっかしいんで、最後には思わず「あっ!?」と叫んでいました。
他にもエレベーターのシーンはなかなか面白いと思います。「調子が悪くて床を蹴らないと動かない」というのをタップダンスで表現していて、乗っている人の気分がそのままダンスに表れているんです。エレベーターのシーンは3~4回あったと思うので、比べてみるのも楽しいかもしれません。

ミュージカル好きでなくても充分楽しめる作品なので、観たことのない方はぜひ一度ご鑑賞ください。

関連記事
映画「華麗なるヒコーキ野郎」観ました

映画「オリバー!」観た

オリバー!
原題:OLIVER!
製作:イギリス’68
監督:キャロル・リード
原作:チャールズ・ディケンズ
ジャンル:★ミュージカル/ドラマ

【あらすじ】救貧院で育ったオリバーは、ある日お粥のおかわりを頼んだために葬儀屋に売られてしまう。そこでも酷い扱いを受けた彼は、希望を胸にロンドンへ。スリの少年ドジャーと出会い仲間になるが、仕事初日に捕まってしまい…。

窓辺で歌うオリバー少年を描こうと思ったけど挫折しました。あの繊細さを出すのは難しい…。

「オリバー・ツイスト」は一度も観たことないので、しょっぱなから孤児達が列をなして踊りだしたのにはびっくりしました。(というか、ミュージカル作品はこれだけ?) ミュージカルには疎い私ですが、スリ団のアジトでの様子はコミカルで楽しかったです。とくにオリバーが「愛の歌」を歌う様子はたいへん可愛らしい! 楽しい踊りとオリバーの純粋な眼差しが、周囲の悪意やサスペンスな展開を跳ね除けていくようでした。
…機会があったら別のオリバーもみてみたいなぁ。

関連記事
映画「フォロー・ミー」観ました
「オリバー・ツイスト(2005)」感想
.