忘却エンドロール

まとめ感想カテゴリのご紹介

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(8/6~8/17)

 | まとめ感想  com(2) 

室温=体温はやめてくれぇ…。

8/6「シックス・センス(しっくすせんす)」
久しぶりに再見。もしかしたら字幕で見るのは初めてかも? オチがわかっていても引き込まれました。ブルース・ウィリス演じるマルコムの表情が良かったです。再見だと彼が置かれている状況もわかるので、その表情から読み取れる感情がより味わい深く見えるというか…。 そしてコール君と心を通わせていく過程、少年の成長と母親との関係の変化、マルコムの気付きと深い愛情が丁寧に描かれていて、決してどんでん返しだけの作品ではないとわかります。 何気に物語の中で何度も”見方が変わる”ポイントがあったことにも今回気付かされたし、再見してこその面白さもあるよね。コールの秘密、救えなかった彼の秘密、幽霊たちが現れる理由、そしてマルコム自身の秘密…。これらが明かされるたびに物語の印象が変わっていくのが面白かったです。再見してよかった!

8/13「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(せんたーおぶじあーす2しんぴのしま)」
結構楽しかったです。暑いなか何も考えずに見るにはちょうどいい作品でした。ヘリの操縦士のガバチョがいい味出してるよね。熊ちゃんとか呼ばれてそうなずんぐりむっくりした愛嬌あるおっちゃんでした。娘の学費のために死の海域に娘も連れて行くのは本末転倒すぎですが(汗)義理の息子との絆構築のために冒険の旅についてきてくれるロック様と、息子が憧れる祖父との微笑ましい対抗心も可愛らしかったし、ノーチラス号のエイみたいなデザインも可愛い。神秘の島での冒険はまあ映画館で見ていたら迫力ありそうな感じでファミリー映画としてよくまとまってました。

8/16「新・ガンヒルの決斗(しんがんひるのけっとう)」
復讐のためにやってきた主人公が、昔の女の一人娘を預かることになって…という異色西部劇。おじさんカウボーイとおませな少女の組み合わせはほのぼのしてて良かったけど、主人公に絡んでくる悪役ガンマンが胸糞悪い奴でちょっとね…。ホント、銃を振り回して相手を恐怖で従わせて、どうして自分が偉いと思い込めるのか不思議です。いやむしろ自分がみみっちい臆病者で、銃を振り回さなければ誰にも相手にされないクズだと無意識に理解してるから、ムキになってるのかな?手段を知らないから、結局銃を振り回すだけのみっともないチンピラだけども。とりあえず、復讐者は相手に気取られる前に隠密行動で近付いて即暗殺してくれませんかね。いつも相手に気付かれるから余計な犠牲者が増えてる気がする。母子が無事でよかった。

8/17「さすらいのカウボーイ(さすらいのかうぼーい)」
ピーター・フォンダによるピーター・フォンダのための西部劇?自分で撮っただけあって主人公はカッコいいです。そして男の友情を妻に「浮気相手と帰ってきて、一緒に暮らそうだなんて!」と言わせる作品(笑)ブロマンス好きにはたまらないかもしれない。でも冒頭から死のにおいが付きまとうんですよね~。上流から流れてきた少女の遺体に、引き揚げようとすれば崩れるからと見なかったふりをする。そして気のいい若者が馬を気に入られたために殺され、その制裁を下したために主人公の友人も狙われてしまうことに。…まあ中途半端な制裁なんかしたら当然ですが。長年放置してきた奥さんが、まさに苦労した農家の女という感じに肌がボロボロなところがリアリティあって良かったです。変な映像演出は鼻に付きました。

一言映画感想(7/27~8/4)

 | まとめ感想  com(2) 

頻繁にうがいをするようになって、ふと舌の筋肉が鍛えられてきたなぁと実感。とくに口の奥の方でぶくぶくしてる時、最初は舌が疲れてたのに最近は大丈夫になりました。つまり、毎日念入りにぶくぶくうがいをすると誤飲やいびき(&無呼吸症候群)を予防できるのでは?口周りの筋肉も使ってるから小顔効果もありそう。というわけで、こまめなうがいの習慣は一生続けられるくらい身につけておこうと思いました。

7/27「ジュラシック・ワールド/炎の王国(じゅらしっくわーるどほのおのおうこく)」
見てる間はそれなりに楽しかったものの、見終わったら驚くほど記憶に残ってない…。まあ、いつも通り人間は欲にかられるとろくなことしないなぁという感じ。しかし、輸血したからもう純粋じゃないとか言ってたけど、最初に生み出された恐竜は純粋なクローンではなく欠けた部分を蛙だか蜥蜴だかの遺伝子で補っていたような…。スイッチを押すためだけに用意された登場人物が哀れ。あとブルーは可愛かった。

7/28「チャップリンの黄金狂時代(ちゃっぷりんのおうごんきょうじだい)」
やっと見られました。有名な革靴を食べるシーンや傾く山小屋、パンとフォークを脚に見立ててダンスするシーンも、物語のどういう位置づけか分かって嬉しいです。とくにダンスのシーンは切なくて、あそこだけ切り取って見るのと全体を見るのとでは印象が全く変わりますね。あと、個人的にお気に入りなのが山師のビッグ・ジムとの友情。山小屋では空腹でチャーリーがニワトリに見えて一触即発だったし、山小屋が落ちそうになってた時は踏み台にしたりしてたけど、チャーリーがピンチになればちゃんと助けたし金鉱の場所を見つけて約束通り富を分け合うあたり、かなり誠実な人だと思いました。富を分け合うといっても金鉱なので一生モノのパートナーということ。苦難を乗り越えた仲で、実はヒロインとの絆より深いんじゃないかなぁ。なんせ迎えに来ると約束したのに無視して(写真を大事に持ってたから忘れたとは言わせない)引っ越そうとしてたくらいですから…。ヒロインが大みそかの約束を忘れたからお互い様ということにしたかったのかもしれないけど、彼女は当日中に思い出したし、謝りたいから直接会いましょうと置手紙まで用意してたので対応がまったく違います。彼女も街を出ようとしていたということは、きっと彼の言葉を信じて待ってたのにぜんぜん来ないし、ニュースでもう住む世界が違うと気付いて区切りをつけるために旅立とうとしてたんじゃないかなぁ…。船で再会して、そのままハッピーエンド風に終わるのは少し納得いきませんでした。

8/4「モンスターズ/新種襲来(もんすたーずしんしゅらいしゅう)」
見たかったのと違う。これを見る人は普通「モンスターズ」の続編だから見るのに、この作品は舞台が同じでも米軍兵士のドラマが中心。戦争映画が撮りたいなら続編でやるなよ…。モンスターたちにとっては人間同士の戦いなんてどうでもいいことで、彼らは悠然と営みを繰り返すだけというスタイルなんだろうか。砂漠で胞子を飛ばすシーンは美しかった。せめて兵士たちのドラマにもう少し”この世界ならでは”というところがあればよかったんだけど。

一言映画感想(7/18~7/27)

 | まとめ感想  com(6) 

早く梅雨が明けてほしいけど、また酷暑とかくると体がついていけるか心配です。梅雨なのにすでに夏バテみたいなだるさ。

7/18「レディ・プレイヤー1(れでぃぷれいやー1)」
ゲームやアニメなどの要素てんこ盛り具合は面白かったし、エイチやアイロックなどのキャラは結構好きだし、鍵を手に入れるための謎解きなど割と楽しめました。でもオンラインゲームを題材にした作品で、生命の危機とか社会を巻き込んだ騒動とかもう飽き気味なんですよね…。あと、大切なものを譲る相手は”信頼できる=自分の理解者”がいいってのはわかるけど、プライベート情報をすべて世界に公開して真の理解者のみが解ける難問で選別するとか重度の”かまってちゃん”かよと思ってしまいました。しかし、彼が見た映画などをすべてゲーム内で見られるってのは権利的にどうなんだろう。現実世界ではもうそういった娯楽は消滅してるの?主人公が見たと言っていた映画もオアシスで見たのかな。

7/25「スノーピアサー(すのーぴあさー)」
温暖化対策で人工冷却物質をばらまいたら氷河期になっちゃった!という近未来終末SF。永久機関(たぶん一度止めると再始動に資源や手間が必要でもう用意できない)を載せた列車内だけが生物の生きられる世界となり、後方車両で労働力として虐げられる人々の反乱を描いてます。中盤の「火を持ってこーい!」のところは盛り上がりましたね。火種すら奴隷たちにはそうそう手に入らない代物で、それが形勢逆転のきっかけになる。あと、首相役の女優さんがいい味出してました。「わたくしは生きたいのです」と必死に取引するところが好きです。彼女があっさり退場してからは失速していってしまったけど…。今の時期に見ると「あの環境じゃ、どうせ十数年以内に感染症で絶滅してたよね」と思ってしまって入り込めないところもありました。食べ物などの資源もさすがに維持できないと思うし。でも水族館や植物園みたいな施設がある列車はロマン!

7/27「戦場(1949)(せんじょう)」
相変わらず誰が誰だか見分けられなかったけども、まさに「戦場」に生きる兵士たちの映画でした。霧が晴れない限り味方の援護は得られないし、補給も得られない。苛立ちと恐怖、そして諦めすら漂う中でも、兵士たちはユーモアと音楽と結束で精神の均衡をギリギリ保っています。印象に残ったのは、牧師さんが「この戦争は必要だったのか」と話し始めた途端にみんなの表情が引き締まるところ。そして「それぞれの神に祈りましょう」と戦闘機の音が響く中、祈りをささげるシーンでした。雪にはしゃいでいた兵士が雪の中で眠るように逝ったエピソードや、湿った靴を履いて寝るのが嫌で逃げ遅れてしまった兵士も…。あと、生卵の人もある意味衝撃。ヘルメットに生卵を割入れ、焚火で炒り卵を作ろうとするんだけどいつも邪魔されてしまいます。卵液が滴るヘルメットをそのまま被るとか雑菌の繁殖が…(汗)クライマックスが待ちに待った晴れ間だというのが、梅雨の時期になんとなく合ってました。

一言映画感想(6/3~6/20)

 | まとめ感想  com(6) 

あんまり映画を見られてなくて3本しか感想ないけど、あんまり更新しないのも何なので…。元からインドア派なので自粛中も割と普通でした。

6/3「バッド・ジーニアス 危険な天才たち(ばっどじーにあすきけんなてんさいたち)」
特待奨学生のリンが、勉強のできない裕福なクラスメイトたちのカンニングの手伝いをするお話。よくあるコメディではなく、どちらかというと因果応報とか親が子に与えるプレッシャーの弊害とかを伝えている作品かも。全体的にスタイリッシュな見せ方でカンニングのアイデアには面白いところもあったけど、みんな人生を左右しかねない選択をしていて見てて気が重くなりました。一度カンニングを手伝えば脅迫の材料になるし、カンニングでいい成績をとっても自分の首を絞めるだけなんだよなぁ…。それがわからないリンが天才と言われてもいまいちしっくりきません。何故最初に自分からカンニングを手伝ってしまったのか、自分の家庭教師としての能力も相手の努力も信じられなかったの?それと裕福な子たちに賄賂で入学したと言われて、世界で一番真面目だと思っている自分の父親も賄賂を払ったと思う理由もよくわからなかったです。実際に払ってたみたいで驚いたけど。結局のところ、大人が不正をしているという失望から子供も不正に手を染めてしまったという構図で、社会への問題提起作品だったんだろうか?リンの父親が最後にちゃんと受け止めてくれて良かった…。

6/16「サイバー・ミッション(さいばーみっしょん)」
引きこもりのハッカーが犯罪者に目をつけられて巻き込まれるお話。舞台が現代っぽいんだけど、パソコンやスマホから何にでもホイホイ侵入できるわけなくない?と思ってしまってイマイチ乗れませんでした。ブラックハッカーのカップルが仲良しそうなのと、主人公と彼らとのゆるい関係は嫌いじゃないけどね。日本人の能面師モリタケシが裏世界の大物で笑いまいした。…あー、山下智久だったのか。まったく気付かなかった自分が怖い…。

6/20「心の旅路(こころのたびじ)」
昔ながらのメロドラマで、なおかつ悪い人が一人もいない作品でした。古い作品では恐ろしい場所として描かれがちな精神病院も普通で驚いたくらい。内容は記憶喪失を扱ったドラマティックな恋愛もので、あまりにもメロドラマ展開ばかりだから「てんこ盛りだなぁ」と思わず笑ってしまったり。普通に面白くて先が気になるものの、話を盛り上げるために、わざと記憶が戻るのを遅らせているんじゃないだろうかというまどろっこしさはありました。愛の力で社長秘書になれるくらい優秀なら、名乗り出なくても上手い事スケジュール調整とかして、以前暮らした場所や思い出の場所に連れ出すことはできたのでは?それに序盤で主人公が人を突き飛ばしたエピソードで、意識を失った相手を置いて強引に主人公を連れ出したことが引っかかって彼女を信用できないというか…。また、赤ん坊を亡くすのも取って付けたような感じで「だったら産む前でも良かったじゃん」と思ったし、遺産相続の件で揉めそうな雰囲気だった親族も、結局主人公の優秀さがなければ経営破綻させてたかもしれないということで揉めることなく脇役未満で終了。主人公に想いを寄せる女性も物分かり良すぎ。原作の上澄みだけ掬い取ったような作品なのかな…。演技や時間経過の演出なんかは上手かったんですけどね。

一言映画感想(5/16~6/2)

 | まとめ感想  com(11) 

やっとゴーヤの芽が出てきた!緑のカーテンを確保するために頑張って育てねば…。「アバウト・ア・ボーイ」にイラストを追加しました。

5/16「若おかみは小学生!(わかおかみはしょうがくせい!)」
両親を事故で亡くした12歳の少女が、祖母の温泉旅館で幽霊に懇願されて若女将として祖母を手伝うことになるファンタジーアニメ。原作は児童文学ですかー。両親が毎晩夢の中に出てきて亡くなったという実感がわかないところとか、彼女の支えとなっていた幽霊や鬼との終盤の別れなんかは良かったけど、全体的に主人公が働きすぎでね…。接客や着物の着付け、掃除に舞いの練習、そして学校にも通ってるなんて休養ちゃんととれてるの?旅館での仕事は夜の8時くらいまではやってそうな雰囲気だったし、お客様が喜ぶ姿を見ると嬉しくなる!と目を輝かせる姿を見てると、いつか燃え尽き症候群になりそうな危うさを感じてしまいました。子供は子供らしく過ごす時間も必要だと思うなぁ…。

5/19「テンタクルズ(てんたくるず)」
低予算(キャスティングで予算を使い果たしたため)ながら工夫して撮影してるのはヒシヒシと伝わってきたんですが、怖くないんですよねー。本物のタコをアップで撮って、怖がる演技と不気味な音で雰囲気をひねり出そうと頑張ってました…。水中シーンも怖いというより癒し映像。それに赤ん坊や子供が犠牲になる物語は後味が悪くて好きになれないです。それを物語に活かせていたとは思えないし、母親へのフォローもない。お涙頂戴はいらないということなのかと思いきや、後味の悪さをごまかすためかシャチとの友情エピソードがあったりして中途半端でした。シャチの模型?に引きちぎられるタコさんが可哀想…(生きたままやったかわからないけど)。

6/1「ウルフ・オブ・ウォールストリート(うるふおぶうぉーるすとりーと)」
最初の20~30分くらいは、普通の人が快楽の奴隷に成り下がるまでが描かれていて興味深かったけど、それ以降は見てて虚しさが…。いくら贅沢三昧できても、私が大金を手に入れたとしたらやってみたいと思うようなことはほとんどなかったしなぁ。あんな刹那的な楽しさだけで満たされるとは思えないし、結局のところ依存症でハイな状態を維持するのにあれだけのお金が必要だっただけという感じでした。自分がやりたいことをやれていると思っていても、実際は快楽に支配された操り人形みたいな。奥さんは依存症にはなってなかったみたいだけど、子供がいるのにドラッグのある家で子育てできるなんて信じられない。最初から贅沢な暮らしがしたかっただけで、彼を愛しているようには見えませんでした。主人公が退陣しようとした時、結局やめられなかったのは金が一番のドラッグだから。自分が残ればいずれ仲間を売る破目になるのは明確なのに、大金を扱う快楽に抗えなかったというのが怖いところなんでしょう。最後は普通の生活を送っているみたいな描写で、依存症のみじめさや恐ろしさがあまり伝わってこない気がします。

6/2「予期せぬ出来事(よきせぬできごと)」
空港に足止めされた人々を描くグランド・ホテル形式のイギリス映画。見始めたら少しずつ内容を思い出してきて、そういえば初見時も社長のために頑張る健気な秘書さんに好感だったなぁと。主軸になってる不倫カップルの話より、彼女の方がいいよね。ほぼハッピーエンドで終わる話と映画サイトで紹介されてましたが、例の夫人がよりを戻す結末はハッピーエンドと言えるんだろうか?彼女が求めてるのは”自分を必要としてくれる相手”であり、必要としてくれるなら誰でも良かったのでは…。典型的な共依存タイプで、旦那が彼女を必要としている間は幸せかもね。でも、彼女が旦那を振り回したおかげで秘書さんがハッピーになれたのは確か。普通のおばあちゃんにしか見えない公爵夫人がいい味出してました。

6/2「ガンヒルの決斗(がんひるのけっとう)」
カーク・ダグラスが格好良かったです。後半の展開は「決断の3時10分」に似てました。主人公と親友クレイグの関係、クレイグと愛人リンダと嘘つき息子リックの関係、そしてリックと悪友らしきリーとの関係をもう少し掘り下げてほしかったかな…。リーとかただのアホだと思ってたら、割とリックを助けようとしつこかったのでゲイだったのかしらと思ったり。しかし、駅が町のど真ん中にあって驚きましたね。事故とか起きそうだし、煤もすごそう…。別に町の外れでも問題なさそうなのに。

一言映画感想(4/30~5/12)

 | まとめ感想  com(10) 

ミネソタ無頼」と「ジャイアンツ」にイラスト追加しました。あんまり映画見られてません。筋トレの成果がじわじわと出てきて、筋肉量と基礎代謝量が少~し増えて、内臓脂肪レベルが少し減りました。このペースで頑張ります。

4/30「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(あいふぃーるぷりてぃじんせいさいこうのはぷにんぐ)」
自分の容姿に自信がない主人公レネーが、頭を打って自分が完璧な美女に見えるようになったことで行動的になっていくコミカルな作品。CGなどで美女のビジュアルを見せるタイプでなく、女優さんの演技とセリフで自分が変わって見えているというのを伝えているのが良かったです。人気コメディエンヌらしく、美女として振舞う姿が堂々としているほど周囲の反応とのギャップで面白かったです。とくにクリーニング店でナンパと勘違いされた男性の反応が良かったですね。まったくその気はないのにグイグイ来るレネーに「怖すぎ…」とドン引きしてて(笑)でも、彼も本来のレネーと同じく自信がなくて、自信満々で振舞うレネーに次第に惹かれていくという展開も良かったです。ただ、レネーと友人たちのエピソードが雑で後半失速してた気がします。急にあそこまで友人たちを見下すようになるのは強引に感じたし、仲直りする描写を端折っていたので説得力に欠けました。楽しい題材だったので残念です。

5/1「地獄の逃避行(じごくのとうひこう)」
「俺たちに明日はない」と「ボニーとクライド」を足して二で割ったみたいな?マーティン・シーン演じるキットは刹那的で何を考えてるのかよくわからないし、15歳の少女であるヒロインは生存本能から感情が麻痺してそうな感じでした。愛してると思った方が楽だもんね…。でも彼女に「銃を持った相手に逆らっても無駄」と教え込んだのは父親だからなぁ。友達も少なそうだし母親は亡くなってて、父親は娘への関心が薄いんじゃあ、あの犬が心のよりどころだったと思う。それを親の言うことが聞けないのかと目の前で撃ち殺されたら、もう感情なんて表に出せないでしょ。二人の逃避行はロマンティックな雰囲気もあったけど、実質は支配する側とされる側でしかなかったと思う。捕まったキットが警察?の人達と仲良くなってるのが印象に残りました。映像と雰囲気は好き。

5/7「人生の特等席(じんせいのとくとうせき)」
う~ん、雑な終わり方。この話は娘さんが奇跡的なほどに親想いな娘さんに育ってなければ成立しないし、奇跡的に目の届く範囲に隠れた才能を秘めた人がいなければ成立しないよね…。主人公?のガスがやったことと言えば、娘さんを自分から遠ざけようとしたことと、それでも未練たらしく選手の観察を時々娘に任せたことくらい。それなのに「娘はやっぱり俺の血を受け継いでるなぁ!」という出来事が起きたら手のひら返しで「俺の自慢の娘だ」という態度をしててモヤモヤ。そしてガスの上司も、ガスたち(同僚含む)より中身のない男を信じたことを忘れたかのように手のひら返し。娘の彼も、親子を信じなかったことを一切謝らずキスして誤魔化すし。どこに感動ポイントがあったんだろう?とりあえず目に問題を抱える奴が車を運転しようとするな。

5/12「夜の訪問者(よるのほうもんしゃ)」
チャールズ・ブロンソンが恰好よかったです。船の操縦してる姿とかカーチェイスのくだりとか。でもストーリーはいまいち盛り上がらず。映画サイトにミステリーってあったけど、そんな要素あったっけ?敵が微妙だったのと、せっかく顔面蒼白で頑張った好感の持てる敵さんがあっさり退場してしまったのが不満です。クライマックスがあっさりしてるし、結局自首する気持ちがまったくないのもね~(彼が巻き込まれた理由が結構酷いので)

一言映画感想(04/01~04/19)

 | まとめ感想  com(10) 

バファロー大隊」の記事に感想とイラストを追加しました。

04/01「カタツムリとくじら」
カタツムリなのに海!?と思ったら、カタツムリと言っても磯で暮らしてる巻貝(円錐形に近い)でした。海にいるやつもカタツムリと呼ぶんだね。世界に夢をはせる若いカタツムリが、ザトウクジラと共に大海原へ。CGの海が美しかったです。ちっぽけな自分に気付いて落ち込んだカタツムリが、その小さな体と頭をめいいっぱい使って大きな友人を助ける展開が良かった。

04/07「テッド2」
前作と比べると笑いどころも少ないし感動もなかったですね…。何故このシリーズはヤク大好きなんだろう。面白いと思ってるのか、何かメッセージが込められてるのかよくわからないです。いちおう、若い頃にヤクをやり過ぎて子供がつくれなくなったエピソードは意義があるかもしれないけど、他のシーンが酷すぎるからねぇ。いじめ&嫌がらせのエピソードとか不快感の方が強かったです。終盤でモーガン・フリーマン演じる弁護士が引き受けたのは、結局「裁判に勝てる材料ができた」からだし、養子の件もテッドが注目の的になってたから何となくOKされただけにしか見えない。そこら辺がしまらないので、人間とは…という主題も薄まってしまった気がします。

04/14「モアナと伝説の海(もあなとでんせつのうみ)」
普通に楽しめるディズニー映画でした。セルフパロディを交えつつ、ディズニー映画らしくミュージカル部分もノリノリで。入れ墨と話すマッチョなマウイが、最初は長い孤独からイマジナリーフレンド的なのかと思ってたら、自然に浮かんできた謎の入れ墨だったので本当に動いてたのか(笑)にしても、メインキャラクターが滅茶苦茶少ないよね。モアナとマウイとニワトリと海の4名だけって。海が舞台なので水と光の表現は美しいいし大満足なんだけど、海の生き物はほぼ出てこないのがもったいない。あと、モアナが強すぎてマウイの印象がいじけたお兄ちゃん。見てる間は楽しめたけど、あまり印象には残らない気がします。

04/16「カンフー・ヨガ(かんふーよが)」
邦題が適当だなと思ったら、もしかして原題そのままなのか…。別にカンフーとヨガを組み合わせた武術が出てくるとかでもなく、CGがかなり安っぽい。昔ジャッキーがよくやってたインディジョーンズ的なのをやりたかったんだろうなぁ。別につまらないわけではなかったけど、どこかで見たことがあるような展開が多かったです。美女が美女だったし、ラストのみんなでダンスは明るくて良かったです。

04/19「仁義(じんぎ)」
2時間20分は長いね…。とくに前半が冗長に感じて、途中ぼーっとしてしまったので脱走者がいつ主人公の車に乗り込んだのかわからなかったです。最初から合流する予定とかじゃないよね?でも宝石を盗みに入るくだりはクールで良かったと思うし、射撃の名手の元警官がマジで痺れる。登場時は何かの中毒患者なのか幻覚に怯えていたのに、仕事を引き受けてから別人のようにシャキッとして狙撃練習とか特殊な弾丸を作るところとか主人公よりインパクトありました。しかも射撃の腕が必要とされた場面が、そんな方法があったのか!という驚きのテクニックなので、スナイパー好きな人はぜひ見てほしいです。

一言映画感想(3/4~3/31)

 | まとめ感想  com(8) 

腕立てもちょっとやってみようかなぁと1か月ぐらい頑張ってるのに、いまだに10回連続でできない…。やり方が間違ってるんだろうか?

3/4「裏切りのサーカス(うらぎりのさーかす)」
あはは、開始5分でどれが誰で何がどうなったのか分からなくなった!お前にはシリアスなスパイものなんて最初から無理だったんだよ!!!しかし2011年の作品にしては映像がざらざらして汚かったような…。画になるシーンは多かったのに残念。頑張って半分まで見たけど結局カンバーバッチさんの顔しか見分けられなくて諦めました。

3/9「BUTA(ぶた)」
25分で子供向け冒険活劇としてよくまとまってると思う。浪人ブタとキツネの子供のコンビがよかったし、短い中、心通わせていく描写もしっかり描かれてました。殺陣もなかなか迫力あったしね(峰打ちだから安心)ただ、宝の地図の奪い合いだけで終わってしまったのが残念。狐の子と家族との再会まで行けなかった…。猫好きな海賊とか漁夫の利を狙うお姉さんなんかもいい味出ていて、続編があるなら見てみたいです。

3/11「テッド(てっど)」
意外と面白かったしホロリとするシーンもありました。テディベアのテッドがのそのそ歩く姿も可愛かった。でも中身はジャンキーな中年エロ親父なんだなぁ…。やっぱりセレブになると汚染されてしまうのだろうか。ただ、テレビ出演でキレッキレのトークを披露してるような雰囲気だったから、元からあんな性格だった可能性も…。しかし、主人公の彼女さんはどうしてあんなにジョンに惚れていたんだろう。ウ○チを片付けるエピソードからも、かなりのダメ男だったと思うんだけど。たとえテッドがいなくても、彼に兄弟とか悪友がいたら同じように”べったり”だったと思う。終盤のテッドの友情にはホロリとしたけど、だからと言って一緒に暮らすのはなぁ…。

3/25「おちゃのじかんにきたとら」
ショートアニメ作品。幼い娘と出かける予定が突然雨が降り出して、それじゃあとケーキやクッキーを一緒に楽しく作り始めるお母さんが素晴らしい。出来上がった頃におなかをすかせた虎がやってきて、礼儀正しくご一緒したいというのでお茶会に招き入れてしまう展開にびっくり。でも、せっかく作ったお菓子どころか家中の食糧を食い漁っていく展開にはドン引きでした。親子ともに楽しそうなのが不思議です。挿入歌の「今は二度と来ない。したいことをしよう!」はいい歌詞だと思うけど、このストーリーってそういうことなの???となりました。あの虎さん、最初と最後に出てきたトラ猫が化けたのかなぁ?

3/25「ヒックとドラゴン 受け継ぐ者たち(ひっくとどらごんうけつぐものたち)」
おぉ、知らないうちに話が色々進んだんだねぇ。トゥースはお相手を見つけて別の場所で子育て中ですか。ヒックも髭もじゃお父さんになってて(髭以外はほぼ変わってない気がする)、ドラゴンに憧れる弟君とやっつけてやると息巻くお姉ちゃんが可愛かったです。子供世代はドラゴンに会ったことがなく、さらに正しい歴史を教えることもなかったようで(昔話で寝かしつけたりしなかったんだろうか?)、慌てて劇で人間とドラゴンの友情を伝えることに。トゥースそっくりのブリキの張りぼてとか、初めてドラゴンを見て目を輝かせる子供のシーンが良かったです。

3/31「捜索者(そうさくしゃ)」
う~ん、再評価されてる作品らしいけどいまいち楽しめませんでした。まずヒロイン(サブ主人公のお相手)の女が自分のことしか考えてなくて引きました。ただの復讐者ならともかく、家族同然の少女が先住民にさらわれて、それを取り戻そうと必死な青年に対してあんなこと言う?少女の心配なんて少しもしてないみたいだし、無理やり諦めさせて結婚して幸せになれると思ってるんだろうか。最初から「〇年は待つけど、それ以上は無理」と宣言して、それが捜索の区切りとなるかならないか賭ければよかったのにねぇ。ならなかったら潔く諦めて、別の町の男と結婚するくらいじゃないと。あと、主人公の心情の変化がさっぱりわからなかったです。姪がすっかりコマンチ族の染まったとみるや、即撃とうとしてたのに結局最後は連れ帰るし。いつ気が変わったんだろう。他にも言葉が通じず先住民の女性を娶ってしまったサブ主人公が、隣で寝ようとした彼女を蹴飛ばして転がすシーンが不愉快でした(主人公がそれを見て笑ってるところとか最低)。

一言映画感想(02/21~02/29)

 | まとめ感想  com(2) 

腹筋背筋をやみくもにやっても効果を実感できなくなってきました。どうしても午前中の15分程度しか時間を確保できないので(怠惰だから)、一日何セットもできないんですよね…。効果的だというバイシクルクランチとかいうのをやってみようかなぁ。

02/21「巴里の屋根の下(ぱりのやねのした)」
トーキー映画が広まり始めた頃かな?すべてではなく部分的にトーキーで、私には情報が足りなくてよくわからないところも。というか、あんまり男の顔がアップで映らないので、顔と人間関係を把握する前に話が進んでしまって…。結局ポーラと主人公の親友は最初から付き合ってたということ?いちおう言い寄る悪党に対しても、親切な主人公に対しても男女の関係にはなりたくないという意思は見えたけど、時代が時代なのでハッキリとは断れない雰囲気は感じました。とはいえ、部屋の鍵を盗まれたんなら、まず大家とか警察に相談するのが先では…。簡単に男の家に転がり込んだら勘違いされても仕方ないと思う。

02/22「ウイラード(ういらーど)」
これはあれですね、ペット飼うなら最後まで責任持てというお話です。気弱な主人公ウィラードが精神的にも経済的にも追い込まれていき、ネズミたちと心通わせていく様子は(衛生的には恐怖だけど)微笑ましかったです。そんなネズミたちを私欲のために使ってしまう展開は、ホラーというよりサスペンスでした。ウィラードからは狂気は感じないからね。ただ、彼は自分がネズミを従えていると思っていたけど、実際はベンがボスだったという。ソクラテスの方はもしかしたら心からウィラードを慕っていたのかも。ともかく、ウィラードが最初から”ネズミはネズミ算的に増えていく”ということを理解して、きちんと飼っていればこんなことにはならなかったし、優しい同僚ヒロインがくれた猫ちゃんを受け取っていれば悲劇は回避されていたでしょう(笑)

02/24「オレの獲物はビンラディン(おれのえものはびんらでぃん)」
神の啓示を受け、単身パキスタンに乗り込んでビンラディンを捕まえようとした実話をもとにしたコメディ。どこまでホントなんだとか、あんな男を世話してくれる女性が本当にいたのか、日本刀を持ち込めた理由は?とか色々気になるところはあったんだけども、妙な面白さがありました。ニコラス・ケイジの演技がとても良くて、本当に主人公が魅力的に見えてくるんですよね~。まあ”傍から見てたら”だけど。エンドロールで登場する本人と、顔は違っても雰囲気が同じで驚かされます。愛する人たちと平穏に暮らしたいという気持ちと、神という名の強迫観念?の板挟みになってしまうエピソードはやるせないものがありました。でも、映画の収入で腎臓を買って(腎臓病なので)任務続行しようとしてるってのがなぁ…。

02/28「舞踏会の手帖(ぶとうかいのてちょう)」
未亡人となったクリスチーネが20年前の舞踏会の手帖を見つけ、自分を見つめ直すために踊った相手に会いに行くロードムービー?割と残酷な話で、しょっぱなから会いに行った男が自分のせいで自殺していたと判明するんですよね…。でも、それでも懲りずに別の男に会いに行くクリスチーネの気持ちがよくわからなかったです。気持ちを切り替えるシーンとかまるで描かれてなかったし…。むしろ失恋した男たちの不幸な人生を見るほどに、彼女が生き生き美しくなっていくように見えたのは気のせい?とくに聖職者となって子供たちに歌を教えていたアレンの前に現れた時の彼女は妖艶でした。もしかして男たちには彼女がそう見えているということなのかもしれない。引き込まれるところもあったんだけど、彼女に惚れてた男たちがことごとく(山男は幸せ掴んでたかも。あと床屋も!)不幸になっているので暗い気持ちになりました。そして、これだけの不幸を見てきたのに、最後は彼女だけ楽観的に人生を楽しんでいるのが怖い。でも美化の件など心に迫るものはあり、名作だとは思う。

02/29「マイライフ・アズ・ア・ドッグ(まいらいふあずあどっぐ)」
久しぶりに再見。全然内容を覚えてなかったんだけど、序盤が終わったところで”緑の髪の子が出てくるやつだっけ?”と思い出しました。でもあまり重要なキャラではなかった…。最後までぼんやりした物語に感じたのは、たぶんイングマル少年が最初から達観したところがあって、二つの死を乗り越え居場所を見つけるという変化はあったものの彼自身の成長というワケではなかったからかな?居場所を見つける物語と考えると、緑の髪の少年をはじめとするイングマルと同じ”ちょっと人と違うところがある町の人々”は重要な要素だったと思う。にしても、母親はどうしてイングマルばかり叱るんだろう。兄弟に対して怒っていても最終的にはイングマルの方を追いかけていた気がします。そんな風に弟ばかり気にかけるから兄が嫉妬して弟にちょっかい出してたんだと思うけど…。夫に捨てられ肺病?で衰弱していく中でイングマルが他の子供と違うのもあって精神的に追い詰められていったんだろうか。兄は居場所を見つけられたのか気になります。

一言映画感想(02/11~02/20)

 | まとめ感想  com(8) 

02/11「翔んで埼玉(とんでさいたま)」
とても馬鹿らしくて楽しかったけど、感想を書こうと思ったら何も浮かんでこない…。鑑賞後に作者さんについて調べたら「パタリロ」の作者さんでしたか。どうりでBL色が強いわけだ。(見世物的な)男同士のキスシーンはいらなかったかな…。いちおう千葉育ちなんだけども、地理に疎い上に他人にあまり興味がない人間なので他県にコンプレックスとかよくわからなかったです。埼玉がそんなに田舎だというイメージもなかったし。クレヨンしんちゃんの聖地でしょ?しかし、GACKTはああいう格好が似合うなぁ。エンディングの曲も楽しかったです。

02/12「クライシス・オブ・アメリカ(くらいしすおぶあめりか)」
「影なき狙撃者」のリメイクというか同一原作の映像化作品?「影なき狙撃者」では洗脳で手軽に殺し屋を作っていてさすがにそれはなぁと思っていたけど、こちらはチップを埋め込んで脳に直接なんかやってる。麻薬とか使えば行けそうな気もしたけど、ゲノムがどうのこうのと説明していて納得はできなかったです。洗脳状態になった時の表現やメリル・ストーリープの演技はよかったかなぁ。全体的には「影なき狙撃者」の方がよかったかもしれない。

02/15「私が愛した大統領(わたしがあいしただいとうりょう)」
あ、大統領役はビル・マーレイだったのか…。”大統領も人間、昔は見て見ぬふりをするおおらかさがあった”みたいなメッセージがあるのかもしれないけど、この映画自体が亡き女性(愛人)の遺した手記だか写真だかを元に?愛人視点で私生活をほじくり返してるような気もする。それに愛人視点と言っても、大統領はお盛んだったという面に関わってるだけで、他の部分では大して意味がなかったよね。内助の功とかなかったし…。「英国王のスピーチ」のあのジョージ6世とルーズベルトの密談はまあ良かった(いまいち会話の妙がわからなかったけど)

02/18「エンド・オブ・ホワイトハウス(えんどおぶほわいとはうす)」
「ダイ・ハード」系アクション映画で、アメリカ万歳!な展開に既視感しかない。まあでも王道なので見てる間はそれなりに楽しめました。結構虐殺シーンが多いけどね…。大統領と息子との再会シーンとかあったっけ?終盤の展開はかなりおおざっぱだった気がします。

02/20「COP CAR/コップ・カー(こっぷかー)」
10歳くらいの少年二人がだだっ広い郊外の道外れでパトカーを見つけ、人目のなさも手伝って乗り回してしまうんだけど、そのパトカーの持ち主はヤバい悪徳保安官だったというお話。パトカーで遊び始めたところまではほのぼのした雰囲気すらありました。でも、ケヴィン・ベーコンが登場してからは危険の香りがプンプン漂ってきます。まあ、作品紹介から想像していたのとは違って、割と普通の人間なので怖さはなかったですが。保安官よりも少年たちが銃で遊んでるシーンの方が怖い(汗)大抵の災難は自分たちが招いたことだし、子供は目を離すと何をするかわからないからどんな行動が危険なのか教えておいてね、ということかもしれない?真っ暗な道をパトカーで突っ走り、町の明かりが見えてくるシーンが良かったです。

一言映画感想(02/03~02/10)

 | まとめ感想  com(2) 

腹筋背筋を続けてたら、少しウエストが細くなってきてモチベーションアップです。そして2月になっても手の指が痛くならないし腫れない!やっぱり冷えすぎてしもやけになってただけのようで、筋肉量が増えて体温が上がれば改善することがわかりました。

02/03「ユリシーズ (1954)(ゆりしーず)」
トロイの木馬のエピソードの後のユリシーズのお話。これは面白かったですね~。神話らしく一つ目巨人とか魔女とかセイレーンの歌とかが出てきて楽しかったです。とくにユリシーズの奥さんそっくりの姿であらわれる魔女キルケが魅力的で、こりゃあ男なら騙されるわと納得。妖艶な美しさと魔術込みの手練手管で容易に男を手に入れます。主人公は自分のことは棚に上げて奥さんを試したり神々の呪いのせいにするクズ男でしたが、神話の登場人物なんてみんなこんなもんだから許せました。カーク・ダグラスの演技力もあって、郷愁を感じてるシーンは「本気で家族を愛してるんだな」と思わせてくれたし(ジャイアニズムを発揮しつつ10年も放浪し、浮気もしてたけど)。しかし、王妃に求婚しに来た他国の王たちが図々しいですね(笑)我が物顔で屋敷を占拠し、飲めや歌えやで財産使い果たす勢い。こんな寄生虫みたいなやつらが王族とか、その国はよく滅びなかったなぁ。

02/04「英国総督 最後の家(えいこくそうとくさいごのいえ)」
やっぱり映画で見るとわかりやすいですね。ガンジーさんの頑張りの後こんなことがあったなんて…。インドに統治権を返還すると言葉だけ聞けば明るい未来を思い描くのに、実際はヒンドゥー教徒とイスラム教徒の対立のために多くの人が死んでしまう。憎み合っているからって、どうして新しい国に移動しようとするイスラム教徒を虐殺することになるんだろう?そして、総督として最善を尽くそうと思っていたのに、結局は他人の手のひらで転がされていたマウントバッテン卿がね…。奥さんとガンジーさんの言うことを信じていたら歴史はどう変わっていたのだろうと考えてしまいました。

02/05「夕陽の用心棒(ゆうひのようじんぼう)」
ジェンマ演じる早撃ちガンマン・リンゴが、籠城した強盗犯を出し抜き金目当てで人質を救おうとする西部劇。全体的にいいところもあったし、子供は死なせない良心は感じられたんだけど、使用人が日に2回も殺されていくから「主人公もっと頑張れよ!」と思ってしまう。彼の優先順位は自分の命>金>人命で、まあ大抵の人はそうだよねとは思うんだけど…。強盗一味のボスの愛人ドロレスと、紳士な対応で心通わせていくヒロインの父親が良かったです。ドロレスが美しくてヒロインよりヒロインらしかったなぁ…。

02/07「バルカン超特急(1938)(ばるかんちょうとっきゅう)」
この前見た(3年前…だと!?)リメイク作品のオリジナル。こちらはヒッチコック監督のユーモアも散りばめられていて楽しかったです。人一人が消されようとしていることには変わりないんですけどね(汗)消えたフロイさんを探すヒロインが美人さんで応援したくなりました。相方となる民族音楽研究家?はファーストコンタクトで「このクソ男が!」となったけども、コイツしか味方がいないんだから仕方がない。彼女のことを信じているわけではなくても最後まで付き合ってくれたし、信じてからは本当に心強い味方になってくれて、研究に打ち込みすぎると周りが見えなくなるだけで悪い人ではないんでしょうね。自分の都合で人一人を見殺しに(そこまで深刻に考えてはいない)しようとした他の乗客たちと比べたら天使のようでした。終盤、かなりきな臭い展開になって人死にも出るものの、撃たれたと思ったら無事だった!が二回もあって大団円。笑顔になれました。ただ、フロイの文字が消えたのがよくわからなかったです。

02/10「エアポート’75(えあぽーと75)」
久しぶりすぎて全く覚えてませんでした。前作でも活躍したエンジニアさんの奥さんが乗った飛行機が事故に遭って…という展開。他にも前作で出てた人はいるかもしれないけど、この人の顔しか覚えてなかったよ…。飛行機を操縦することになるヒロインが怖い顔だなぁと思いながら見てました。地味な展開だし窓割れちゃって大丈夫なのかな?と若干冷めた目で見てしまって、やはり前作と比べると盛り上がらなかったです。

一言映画感想(1/20~1/28)

 | まとめ感想  com(6) 

「ヒックとドラゴン2」の感想を一作目の記事に追記しました。

1/20「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(じゅまんじうぇるかむとぅじゃんぐる)」
なかなか楽しめました。ジュマンジが「今どきボードゲームなんて」みたいな扱いで危機感を覚えたのか、時代に置いていかれないようビデオゲームに自力で進化したところで爆笑。でもね、ビデオゲームはハードの進化が早いから、5年もすれば見向きもされなくなるのよ(汗)ハードはともかく中身は最新ゲームらしく、インドア派なひょろい高校生がセクシーマッチョになり、スマホが手放せない今どきの女子高生が中年太りの教授になり…と主人公たちが現実の自分とは正反対のアバターになるのも面白かったです。残機を気にしながらゲームを攻略していくなかで、キャラクターのスキルで活躍して自信をつけたり、新しいことに興味がわいてくるのがいいよね。中でも自分大好きな女子高生が、考古学教授の目を通して世界には興味深いものがいっぱいあるんだと気付くところに妙に感動してしまいました。あとロック様が童貞丸出しな雰囲気を醸し出してるのがすごい(笑)ギャップ萌え傾向がある人におススメ。

1/21「ブレードランナー 2049(ぶれーどらんなー2049)」
これ単品としてはミステリーっぽくて最後まで惹きつけるものはあったかな…長いけど。落ちそうで落ちない線香花火を眺めてる気分でした。ブレードランナーの続編としてみると、サイバーパンクの猥雑な街の雰囲気がないし、レプリカントの慟哭なんてない静かな作品なので物足りない。あとレプリカントに生殖機能を求めるっていうのがいまいち理解できない(神になりたいのか?)。それを求めてた人を放置したまま終わるのもいまいち。続編を作る予定なのだろうか…。個人的にはSFロマンス映画という感じで、レプリカントとAIホログラムとの恋はめちゃくちゃエモいです。

1/22「デューン/砂の惑星(でゅーんすなのわくせい)」
デヴィッド・リンチ監督だったのか~。再見だけどストーリーはいまいちわからず物語的には面白くなかったです。でも描かれている世界が魅力的なので、ストーリーが理解できてなくても楽しめるんですよね。香料で覚醒する超能力に謎原理のワープ、青く光る目と予知夢、そして砂の惑星のサンドワームに浮遊するデブ!(笑)俳優陣もこの世界観の中で熱演していて、SF世界にどっぷり浸れました。

1/23「オデッセイ(2015)(おでっせい)」
リドリー・スコット監督ということで火星の映像は美しかったし、クスリと笑える火星サバイバルの日常は面白かったです。でも驚くほど地味映画なんですよね。火星サバイバルと聞いて期待が膨らんでいたので、なんかこう盛り上がらず不完全燃焼感が残りました。科学的考証の方に気を取られて(あえてリアルにしてないところもありますけど)、映画的面白さが半減してしまったのかな…。未来の話なんだから、こんな新技術ができたんだぜ!という面白ガジェットとか見たいんだよ。まあ、前日にSF濃度の高い「デューン」を見たせいで味気なく感じてしまった可能性もあります。ただ、人間関係の描写は割と大味だったと思う。

1/28「ウォッチメン(2009)(うぉっちめん)」
ダーティなヒーローものでしょうか。最初はよくわからなくてついていけなかったんですが、有名な?「私はコミックの悪役ではないぞ」みたいなセリフからの流れは斬新だったと思います。でも、どれくらい平和が持続するつもりで計画したんでしょうね?長くても100年持てばいいとか?それとも核戦争を回避できればいいのかな…。未来が見えるDr.マンハッタンが、未来が変わったということを一切示さず別の惑星探しの旅に出かけてしまったので、結局ラストの手記で核戦争突入になったんじゃないかと思ってしまいました。そもそも人類の敵の存在を信じているのに、ラストの平和お気楽ムードになるのが理解できない。いちおうロールシャッハのキャラは好きです。

一言映画感想(1/12~1/18)

 | まとめ感想  com(4) 

プチギャラリーをJavaScriptによるランダム表示に変えてみました。今のところ60種類中6枚表示されるようになってます。たまにリスト(60種類の画像リンク)を更新していこうと思います。

1/12「シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(しゃーくねーどらすとちぇーんそー)」
一言で表すと”カオス”ですねー(笑)恐竜のいた時代からさかのぼりつつシャークネードを破壊していくんだけど、アメリカの偉人とか登場しつつ何でもありの怒涛の展開が続きます。もう多すぎて細かいところは覚えてないや…。というかシャークネードを過去から破壊していくと、どうしてラストのハッピーエンドに繋がるのかいまいちわかりませんでした。まあそれでも楽しめるのがこのシリーズ。中でもお笑い担当のエイプリルが今回もやってくれます。家族で大笑いできました。

1/13「地上最大のショウ(ちじょうさいだいのしょう)」
サーカスのテントを張るところや舞台裏、ショーの様子などが見られるドキュメンタリー的側面のあるドラマ。サーカスっていいなぁとしみじみ思いました。あんなに大規模なサーカスが実際にアメリカを巡業していたというのが、どこか非現実的に感じるほど。象が10頭以上いそうだったし、クマやトラ、ライオンにチンパンジー、カバに馬、わんこもいっぱいで、もはや移動動物園です。しかもすべての動物がしっかり調教されていて、長期間の撮影に耐えられるんだもんなぁ。個人的にヒロインとかがやっていた危険なだけの出し物は、自分の体を安売りしてるように感じて嫌いですが、見てて美しいブランコの演技は良かったです。他にもロープでくるくるしたり、パレードで歌うところ、ピエロや動物たちの楽しいショーは実際に見てみたいと思えるものばかりでした。一番感動したのは、テントを巨人に例えて命が吹き込まれていく様子を紹介しているところ。…ロマンス部分がなければ大好きな作品と言えたかもしれない。あの自分勝手なヒロイン、物語的には結果オーライになってたけども、普通なら周りを不幸にして終わってたよね…。象使いの男が引き起こす終盤の事故もやり過ぎ感ありましたが、ピエロの人が捕まるのを覚悟して人助けするところは良い話でした。

1/16「告白小説、その結末(こくはくしょうせつそのけつまつ)」
う~ん、結局彼女がキキだったということだよね?でないと主人公が最初から怪しさ全開の彼女に対して無防備な理由が見当たらないし…。ありきたりだと思わせて最後に…という仕掛けかな。でも長時間「なんでこの主人公は彼女を追い出さないの?馬鹿なの?」とモヤモヤし続けたのを吹き飛ばせるような驚きはなかったです。彼女の存在はカフェなどで確認できるのに、それをしないでモヤっと感を残す作風だし。自分の過去、つまり身内をネタにベストセラー作家になった苦悩と罪悪感、そしてそれに折り合いをつけるまでの葛藤を描いた作品ということだと思います。

1/18「マグニフィセント・セブン(まぐにふぃせんとせぶん)」
全体的にカッコいいんですけど、まず助ける相手がメキシコ農民でないことにガッカリしました。外国人のために命を張る映画なんて売れないという判断なのかな…。そして勘兵衛ポジションのチザムが結局ただの復讐者だったことで完全に冷めました。タイトルの”崇高な7人”って、もしかしてチザム以外の6人+ヒロイン?彼女は復讐のためというより、町の未来のため、そして同じようにボーグの犠牲になる人をこれ以上増やさないためという雰囲気だったし、ボーグを撃ったのもチザムを助けるためだったしね。過去の罪を背負うロビショー、200人の軍勢との戦いは面白かったです。

12/?「バーニング・オーシャン(ばーにんぐおーしゃん)」
感想を書くのを忘れてました(汗)とにかく爆発シーンがとてつもなかったです。石油掘削施設は多くの鉄骨やパイプ、でかいボルトにライトのガラスなどで出来ているので、施設の一部が爆発するとそれらも吹っ飛んで全方位に銃器発射してるようなものなんですよね。しかも石油も噴出しているから、それを浴びて火が付いたら焼け死ぬだけ。そんな状況を作り出したのが、バカな上層部による”経費削減”っていうのがまた恐ろしい。コンクリートを薄めとかだったと思うんですが、きっとそういうことをしてるのはこの施設だけじゃないんだろうな…。人災による被害の中でも規模の大きい事件だったと思います(史上最悪はチェルノブイリ?)。生存者が遺族の怒りと悲しみを目の当たりにするシーンが印象的でした。マルコヴィッチさんが演じた管理職の人が会社に残ったのは、二度と同じ過ちを起こさないためだと思いたい。

一言映画感想(12/26~1/09)

 | まとめ感想  com(8) 

3週間ほど前から腰痛予防に腹筋と背筋を鍛え始めたら、例年より寒さに強くなってきました。まだ湯たんぽも出してないし、夜寒くて寝付けないこともほぼない。10回ずつから始めて、今は30回できるように。できる範囲でやっていきたいと思います。

12/26「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(ばーどまんあるいはむちがもたらすよきせぬきせき)」
吹き替えでセリフがあまり聞き取れなかったせいか、置いてきぼりになってしまいました。というか、ちゃんと見てても意味がわかったかどうか?後から知ったけど、全編ワンカットだったそうで。でもそれに何の意味があるのか私にはわからないんだよね。物語に没入するタイプなので、それを妨害するようなカットがなければ気付かないし、気付く人はどういう見方をしてるんだろうと不思議に感じます。あとタイトルの意味がわからない。私には難しすぎたようだ。

12/31「ムーミン谷とウィンターワンダーランド(むーみんだにとうぃんたーわんだーらんど)」
ムーミンのパペットアニメ。キャラデザはたぶん原作に近い感じで、ミーがあまり可愛くない(笑)内容は冬眠準備から始まって、冬眠に入ってすぐに目覚めてしまったミーとムーミンが、よそ者から教えてもらったクリスマスの準備をするというもの。クリスマスが来ると聞いて、クリスマスというひとがやってくると解釈するのが可愛い。しかし、冬眠明けのために一生懸命貯めた食料を惜しげもなく振舞って大丈夫なんだろうか…。かがり火のために薪も使いまくってたし。谷の住人たちがクリスマスを知ってる人と知らない人がいるのもよくわかりませんでした。冬眠するムーミンたちが少数派なの?周囲を凍らせてしまうモランが、ただ温もりを求めてさまよっているというのが切なくて印象に残りました。

1/3「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮(れおなるどだヴぃんちびとちのめいきゅう)」
眠い時に見始めちゃって、たぶん意識があったの10分以下でした…。まあ彼の作品をいくつか見られたし、肖像画の人物の再現ドラマとか衣装がすごかったので満足。彼の天才っぷりは他の番組で何度か見たことあるし。

1/4「僕だけがいない街(ぼくだけがいないまち)」
アニメを見てたので、中盤まで丁寧に作られてるなぁと思ってたんですが…最後の方で一気にガタガタに。「僕だけがいない街」に込められた意味が変わっちゃってるじゃないの。これだと、加代ちゃんの文集のタイトルが「私だけがいない街」だった意味がなくならない?自己満足で散っていく様子になんだかなぁと思ってしまいました。アニメの悟はもっと思慮深かったのに、映画だとちょっと軽率な人に見えます。子役たちをはじめ俳優さんたちは頑張ってたので(犯人役の人が最初から犯人にしか見えなかったけど…っていうか容疑者こんなに少なかったっけ?)残念です。アニメでも尺が足りなくて色々カットされてたらしいし、ドラマ版が一番忠実だったのかな?(未見)

1/8「フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館(ふぃれんつぇめでぃちけのしほううふぃつぃびじゅつかん)」
今回は眠くならないタイミングで鑑賞。でも吹き替えなので一部聞き取れず…。まあ素晴らしいフィレンツェの街並みと美術品の数々を見られたから十分です。私的に「ピクニックatハンギング・ロック」の印象が強いボッティチェリの作品も見られて、名前と作品がやっと一致しました(汗)

1/8「劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説(げきじょうばんだーうぃんがきたあふりかしんでんせつ)」
動物の家族愛をピックアップしたドキュメンタリー。雄ライオンの成長と、一人で子供たちを育てる雌ライオン、片腕を失った子ゴリラと家族の様子を伝えます。ここに描かれていることは感動的で、頑張れと応援する気持ちになるし自分も家族を大事にしようと思えるけど、これが動物のすべてみたいなまとめはどうなんだろう?残酷な一面もバランスよく見せてほしいです。あとタイトルの伝説って何?

一言映画感想(12/05~12/19)

 | まとめ感想  com(4) 

またゲームのシナリオを作ってて更新が滞ってます。クリスマスが過ぎたらいっぱい見れるかな?
冬は静電気が酷くて髪が痛みまくるので静電気対策の櫛やブラシを探してたんですが、手入れがめんどくさそうなのばっかりですね。家族に静電気対策なら金属製の櫛にすれば?と言われて「それだ!」となりました。手入れも楽だし、静電気も起きない。でも種類が少ないのが玉に瑕です。とりあえず家にあったメンズ用携帯コームを使ってます。

12/05「LION/ライオン ~25年目のただいま~(らいおん25ねんめのただいま)」
前半は良かったです。兄とはぐれた上に回送列車に乗ってしまい、見知らぬ土地へ来てしまった5歳の少年の心細さが伝わってきて、早く誰か助けてあげて!と祈りながら見てました。子供狩り(おそらく人身売買組織)に追われ、親切そうなお姉さんにも売られそうになりやっと保護されたかと思えば、そこは性的虐待が平然と行われる施設。インドの闇が深いです…。でも、奇跡的に養子縁組が決まり、オーストラリアの裕福な夫婦に引き取られるんですね。愛情に満ちた彼らの眼差しと、やっと子供らしい笑顔を見せるようになったサルーの姿に涙が…。でも、成長してからの展開は彼の弟や恋人のエピソードが中途半端で退屈でした。サルーとは正反対の経過をたどったらしい弟のトラウマと、母親が子供は産めるのに養子を選んだ理由がどちらも性的虐待だと匂わせてたのに、母と弟の距離は変わらないままで希望も感じられなかった。でもラスト、村人みんなに見守られての親子の再会は感動的です。お兄ちゃんのことは、駅で会えなかった時点でそうなんだろうなぁとは思ってたけど悲しい…。暗かったもんねぇ。しかし、そうなると母親が可哀想すぎるし、村人の協力があったとしても生活は厳しいよな?と思ったら、実際はもう一人兄(次男)がいたそうな。なぜ削ったのか。

12/07 主任警部モース第3話「死者たちの礼拝(ししゃたちのれいはい)」
今回が最後の視聴。犠牲者が多いしごちゃごちゃして何が何だかわからなかったけど最初の事件は某列車の事件みたいな感じ?さらに身元不明の遺体の件は…。指紋はアナログで確認する時代?パソコンで簡単にデータベースから照合できる時代には使えないトリックだなーと思ったら、原作では白骨化寸前の遺体だった模様(もう終わった事件にモースが首を突っ込んだから)。しかし、モースさんは惚れっぽすぎて、最後は偽証までしちゃって刑事としてどうなんだろう…。あと個人的に教会の儀式で同じ盃からワインを飲ませるのが不潔すぎて「ヒェッ」となりました。

12/09「おかしなおかしな大追跡(おかしなおかしなだいついせき)」
久しぶりに再見。初見時は楽しめた覚えがあるんですが、似たタイトルの別作品の方だったみたい。4つの鞄をめぐり、石の研究者と謎の女とスパイと泥棒があっちこっち行ったり来たりするのはそれなりに楽しかったけど、途中でどれがどれで誰が誰なのかわからなくなるという…(汗)あと周囲の関係ない人に被害(器物損壊)が及びすぎるのがちょっと。最後には宝石奪還の賞金?から全部弁償したことが判明するのは良心的でした。

12/11「死の追跡(1973)(しのついせき)」
嫌いなタイプの復讐物西部劇でした。銃を持たず「法に則った刑罰を」が心情の保安官が目の前で無残に妻子を殺され、復讐の鬼と化すんだけども、復讐を果たせるのならば無関係の人間が何人死のうとも構わないというスタンスになっちゃうんですよね。一応最後の方では悩んでる振りをしてるものの、目が見えないのに子供たちもいる修道院で銃を乱発してる男が何を言ってるのか?もし自分の身近な人が死んで、それが復讐者のなりふり構わない行動によるものだったら納得できるわけないんですよ。私はそういう目で見てしまうので全く楽しめませんでした。無駄に挑発して殺されるバカどもを見習って、主人公も正当防衛になるように上手くやればいいのに。

12/19「ファミリービジネス(ふぁみりーびじねす)」
ずっと前に見て何となく印象に残ってた作品。家族男3代の家族ドラマなんですが、その絆を見せる舞台が泥棒ということで「はぁ?」となるところが…(とくに終盤)息子を信じていないからこそ過度に守ろうとする父親というのはまあよくいるし、息子にとって辛いのは分かるんですけど、だからって泥棒はダメだよねぇ…。やめろと説得し、説得できなかったので一緒に行って守ろうとしたり、逮捕された息子を助けるために祖父を道連れにして自首するのがそんなにいけないこと?こじれた親子関係が時間経過(&喪失)でなんとなく修復されるのも雑に感じたし、よくわからない作品でした。珍しく、ショーン・コネリー演じる生粋の泥棒じじいはキャラとして好みだったんだけど。普通に泥棒一家が窮地を乗り切って、やっぱり泥棒はやめられないワハハ!みたいな痛快コメディの方がよかったな。

一言映画感想(11/30~12/3)

 | まとめ感想  com(8) 

アダムス・ファミリー2」の感想を1作目の記事に追記しました。

11/30「欲望のバージニア(よくぼうのばーじにあ)」
そりゃあ、あんなのに目をつけられてるんだからそうなるよね、という展開でした。考えなしの行動をすれば親しい人間が危険な目に遭うのに、自覚しない末っ子の行動にイライラ。かなり残酷な描写も多いんだけど、見せたくないのか暗いシーンが多いしハッキリ映さないしで何が起きてるのかわからないこともありました。凶悪な潔癖症取締官と、首を切られても死なない次男?は印象的。

11/30「主任警部モース第2話 ニコラス・クインの静かな世界(にこらすくいんのしずかなせかい)」
セリフが聞き取れなくてストーリーはいまいちわからなかったけど、モースさんが自分の欠点は”勘に頼ると間違えること”だと自覚してて笑った。まあ自覚しててそれを部下に話せるってのは信用できる人だと言えるでしょう。認められないタイプだと、誤認逮捕だと気付いてもごり押ししそうだからな…。今回、被害者が聴覚障害を持っているということで、冒頭から彼視点の音声になるのが新鮮です。そして一番面白かったのは、ラストのルイス君。町の映画館の上映作品が変わったと知り「やった!101匹わんちゃんだ!妻と子供たちを迎えに行かなきゃ!!」とモースを放って車を出すシーンでした。ホントこの人、いいキャラしてるなぁ(笑)

12/2「ザ・アウトロー(ざあうとろー)」
武装していない相手は撃たない頭脳派銀行強盗団vs犯人逮捕のためなら手段は選ばないアウトロー刑事チーム、ということで、どちらも人相が悪く結構ごっちゃになりました。刑事の協力者らしき人たちもハッキリしなかったし。銀行強盗のくだりはスリルがあってつい犯人側を応援してしまったけど、最終的には血みどろの銃撃戦になるので楽しくはなかったです。で、ラストはああいうオチで、血みどろがなければ多少は好感だったかもしれない。面が割れてるのに国際手配されてないのかな?

12/2「クリスマス・マジック プレゼントはお天気マシーン(くりすますまじっくぷれぜんとはおてんきましーん)」
ディズニーらしい家族でほっこりできるクリスマス映画。対象年齢は12歳前後の子供とその親といったところで、ほっこりはするものの面白いかというと微妙かもしれない。天気を操れるメカを手に入れた主人公が、ロサンゼルスに雪を降らせたことで始まるドタバタ劇です。楽しいホワイトクリスマスになるはずが、雪が降りすぎ父親が帰ってこれず、人生初の家族の揃わないクリスマスになるかもしれないと泣きそうになる主人公がいい子。仕事で忙しい母親が子供たちに寂しい想いをさせていたと気付くシーンや、母子家庭の親友との友情も描かれ、クリスマスを家族一緒に過ごせることが一番のプレゼントだというメッセージを全面に出した作品でした。

12/3「レイジング・ブル(れいじんぐぶる)」
実在のボクサーの半生を描いた作品。ラモッタ兄弟が嫌な奴(弟は大分マシ)で見るのが嫌になったんだけど、最終的には改心もしくはみじめで孤独な終わりを迎えるかも…と我慢して観ました。いちおうどちらも当てはまるラストだったかな。聖書の引用で”目が見えるようになった”ってのはかつての自分の過ちを自覚したということでいいんだよね?ずっと寝室に十字架を飾ってあったのに、何もかも失うまで自分の愚かさに気付けなかった男。まあ身につまされる部分もあるかもしれない。ボクシング映画と思って見るとガッカリすると思います。主演、デ・ニーロだったんだ…。

12/3「鉄道員(てつどういん)」
内容をすっかり忘れたので再見。飲んだくれシーンが多すぎて引きました。酒で2回も失敗して(2回目は轢いた後に酒で景気づけして仕事を続けたこと)家庭崩壊してんのに、それでも飲み続けて体を壊して死ぬんだもんなぁ。アル中は怖いです。しかも彼が死んだことで家庭に真の平和がもたらされたように見えなくもないという。死ぬ前に和解できたからだけど素直になれたのは病気のおかげだし。子役は可愛いもののど誤魔化しきれない陰鬱さでした。

一言映画感想(11/27~11/29)

 | まとめ感想  com(4) 

さむーい!!

11/27「アメリカン・アサシン(あめりかんあさしん)」
バカンス中、テロリストの無差別乱射によりフィアンセを失った主人公が、復讐の鬼となって行動してたらCIAにスカウトされ、個人的感情と使命感の狭間で揺れながらも復讐しようとするお話。拳銃にナイフ、体術などによるキレのあるアクションと、相手が女だろうと容赦しない冷酷無比なところは良かった。爆破シーン(核ではない方)はCGなのか本物なのかわからなかったな。でも使命に目覚めるのは唐突に感じたし、核爆弾とかラストのあれはどうなんだろう。私的には、冒頭の無差別乱射テロの恐ろしさがクライマックスでした。

11/27「はじまりのボーイミーツガール(はじまりのぼーいみーつがーる)」
あー、これは無理。主人公が恋するマリーちゃんがただの我侭お嬢様にしか見えない…。このまま放っておけば失明まっしぐらなのに、視力が下がったのを隠そうとするし、学校では眼鏡をかけないからさらに病状悪化。ぼやけた視界のせいで轢かれそうになるわ川に落ちるわ、音楽学校の入試を受ける前に死にたいの?親も親で、娘がこんなバカなことをするのは入院したら音楽を続けられなくなると思い込んでるからだとわからないんだろうか。盲目でプロの演奏家になってる人だって世界中探せば結構いるだろうし、視力に頼らず生活できるようになれば音楽の勉強だって続けられる。そもそも入試だけ受かっても仕方ないんだから、具体的な将来の展望を親子で話し合えばいいじゃない。最後、家出して熱出してぶっ倒れた娘を病院ではなく試験会場に連れていくってどういうこと!?父親の心変わりに奥さんも娘も主人公と友人たちも大満足で理解不能な世界。あと、中盤で彼女の秘密を守るため学校に嘘の爆破予告を出すエピソードもね…。学校を舞台にした作品に多いけど、緊急車両は数が限られていて最悪の場合、本当に必要としている人が死ぬってことを教えてほしい。

11/28「マネー・ショート 華麗なる大逆転(まねーしょーとかれいなるだいぎゃくてん)」
最初から専門用語がよくわからなくて躓いてしまった…。例え話のいくつかは何となく伝わってきたけど、ギャンブルに例えられてもわからないことの方が多いんですが…。とりあえず邦題が最低なのはわかる。理解しているつもりになるのは確かに怖いし、大事なことはよく知らない他人に任せてはいけないなぁとは思いました。

11/28「リミット・オブ・アサシン(りみっとおぶあさしん)」
現代を舞台にした(ようにしか見えない)SFアクション。闇組織がああいう技術を隠し持っているという風に考えればいいのかな。黄色人種のヒロインがどうにも魅力的だと思えず、ぜんぜんノレませんでした。ストーリーや演出もどこかで見たようなのばかりだし、オチもB級感を増してます。

11/29「ロビン・フッド(2010)(ろびんふっど)」
「ロビン・フッド」はもう食傷気味だったんだけど、これは森に入る前の話だったのでそれなりに楽しめました。前後編の前編だと思ってたから、それがないとわかってあれ?となりましたが。ロビンとマリアンは年齢が高すぎるものの、惹かれあう過程は上品でよかったです。「誘うなら優しく言え」とリクエストするロビンが紳士。ただ、弓使い大好きな私がロビンの射る姿にはあまりテンション上がらなかったので、やっぱりラッセル・クロウのことが苦手なんだなぁ。修道士のおっちゃんが可愛かったです。

一言映画感想(11/24~11/26)

 | まとめ感想  com(4) 

久しぶりにガンガン映画を見てるせいか感想が長くなりがちです。4作品でこの長さとか(汗)

11/24 主任警部モース「ジェリコ街の女(じぇりこがいのおんな)」
海外ドラマ「主任警部モース」の第一話を見てみました。しょっぱなから悲しい事件ですね。想い人が亡くなり、彼女の心に自分はいなかったんだと思い知る中年男性の哀愁が…。事件の行方よりモース警部の恋心の方が気になってしまいました。あと、彼の部下となるルイス君が家族思いのいい奴でね~。モースに何と言われようとも、家族との約束を優先する姿に痺れました。刑事ものでこんなタイプのキャラは始めて見たかもしれない。とりあえず主役二人は好感だったので、もうしばらく見て視聴継続するか判断したいです。事件の方は、結局モースさんが途中でしてたドヤ顔推理は大外れだったということだよね?アンとネッドの関係はまだしも、父親を事故でどうのというところまで物語に沿う必要はあったのかな。さらに似てないあの二人によるトリックはいまいち納得いかなかったです。会場の人全員を騙してたのか警部だけ騙したのかわからないけど、どちらにしろ無理では?

11/25「ミルカ(みるか)」
伝記映画だからか、あまりインド映画らしくなかったけど、スポーツものとしては王道で結構よかったと思います。インド代表選手のミルカが、なぜパキスタンとの友好親善陸上大会に出たくないのか、彼の過去を振り返っていくという構成。その原因となるインドとパキスタンの分離独立時の悲劇が痛々しく、こんなことがあったのかと重くのしかかるようでした。同じような経験をしていれば「どの口が親善だの友好だのと抜かすんだ」と怒りますよね。でも、生き残った兄弟は「悪いのは人じゃない、時代だ」という。そして子供の屈託のない笑顔が、ミルカが純粋に走ることを楽しんでいた頃の気持ちを呼び起こします。ラストシーンで大人のミルカの横で走る子供時代のミルカの笑顔が眩しかったです。ただ、1950~1960年代の話だからかトレーニングシーンが無茶させてる感じがして怖かったです。荒野のトレーニングで口から血が出てたのはどういうこと!?あとお姉さんは結局弟が盗みで稼いだお金で暮らしていたんだろうか。いつの間にか結婚してそうだったし、姉さんを置いていかないと宣言した後にしばらく出番がないのでモヤモヤしました。

11/25「おっぱいとお月さま (おっぱいとおつきさま)」
生またばかりの弟にママをとられてムカついてる少年(9歳)が、お月様に「僕だけのおっぱいをください」とお祈りしたら素敵なおっぱいのフランス女が町にやってきて…というおっぱい映画。全体的にノスタルジックで妄想シーン(本人は現実と区別がついてない)も多いから、大きくなった男の子向けですね(笑)夜の営みを覗き見るようなエピソードも多いです。ただ、おっぱい役のヒロインが、足の匂いフェチで涙収集癖があってオナラ芸人の旦那を愛してる際どい女性なのでドン引きする人もいそう(私はドン引きした)まあそれを差し引いても微笑ましい作品でした。ラスト、浮気相手だったミゲルを旅芸人一座に迎えたのは、旦那公認で二股し続けるということなのか、一緒に居られるだけでミゲルは満足なのか謎。しかし、主人公役の少年は色んな女優さんのおっぱいを見たり吸ったりできて役得だったのかな(笑)

11/26「THE PROMISE/君への誓い(ざぷろみすきみへのちかい)」
第一次世界大戦時に起こった、オスマン帝国(字幕だとトルコだった)によるアルメニア人の大虐殺事件を描いた作品。歴史に疎いせいか、なんで一つの民族を滅ぼそうなんて考えたのかまったく理解できなかったけど、元から「アルメニア人はトルコの癌」みたいな考えの人が多い様子でした。規模は違うもののドイツにとってのユダヤ人と同じような目の上のたんこぶだったんだろうか?ホロコーストと同じようなことがすでに1914年に起きていたというのがもうね…人類ってホントどうしようもないんじゃないかと思えてしまいます。わざわざ歴史を紐解かなくてもネットやニュースを見てるだけで思うよね…。しかも、今調べてみたらこの虐殺の時に、ドイツはオスマン帝国の同盟国として兵士を派遣していたし、後々虐殺については見て見ぬふりをしたらしい(2015年にドイツ大統領が我が国にも責任があると発言)。映画は医者志望のアルメニア人青年目線で描かれ、恋愛(浮気)を絡めつつ虐殺の惨さ、そして多くのアルメニア人にとって”まさかここまでするとは自分が殺される時になるまで気付かなかった”状況だったことを描いています。浮気エピソードは危機的状況で二人きりなら惹かれ合うのもわかるけど、そうなる前から深い関係になってるのが微妙でした。でも落としどころはそれなりに納得(誰が死んで誰が生き残ったか)。

一言映画感想(10/22~11/23)

 | まとめ感想  com(4) 

やっとまとめ感想が溜まった!録画が溜まってるのでどんどん見ていく予定です。

10/22「ウエスタン(うえすたん)」
再見。ブロンソン演じるハモニカがクールでかっこよかったです。両手を合わせて挟んだハーモニカを吹くのが特徴的。日本人的には手を合わせて祈ってるようにも見えるけど、欧米ではどうなんだろう。ヒロインのキャラも良かった。ただ、何故か途中からヘンリー・フォンダとジェイソン・ロバーズ(シャイアン)の見分けがつかなくなって…(汗)結構ミステリアスな話だったし混乱しました。汽車が到着するシーンでヒロインが飲み物を配ってる表情がいい。しかし、冒頭で一家皆殺しはやり過ぎじゃない?あと、少し長すぎる気がします。

10/23「プラネット・テラー in グラインドハウス(ぷらねっとてらーいんぐらいんどはうす)」
あ、マシンガンを義足代わりにするのってこれかー。もうこのマシンガンヒロインを描きたかっただけみたいなゾンビ映画。冒頭で「マチェーテ」の予告編があったけど、私的には同監督の「デスペーラード」に出てくる楽器バズーカのノリを思い出しました。こういうバカバカしいものを全力で演る制作者と役者さんが好きです。でも、ゾンビウイルスの背景がいまいちわからなかったし、スプラッタがしつこいかな。バーベキューソースにこだわるおじさん兄弟にホロリとしました。

11/23「6才のボクが、大人になるまで。(ろくさいのぼくがおとなになるまで)」
メイソン少年の成長を実際に12年かけて撮影した青春ドラマ。リンクエイター監督の自伝的な要素もあるらしく、時折ハッとさせられるセリフもあったりするけど面白いかというと微妙なところでした。洗濯物を畳みながら5回くらいに分けて見たのが良くなかったのかも。いちおう高校卒業してからラストにかけては、この監督らしいなぁと思える自然で繊細な描写が心にしみました。でも、自立して家を出る彼を前に、人生が過ぎるのがこんなに早いなんて(後は自分の葬式だけだ!)と嘆く母親姿の方が主人公より印象に残ったかも。

11/23「リチャード・リンクレイター 職業:映画監督(りちゃーどりんくれいたーしょくぎょうえいがかんとく)」
「6才のボクが、大人になるまで。」を見たのでついでに見てみました。この監督といえば「恋人までの距離(ディスタンス)」のシリーズくらいしか思いつかなかったけど、結構色々撮ってるんですね。実写を元に作ったアニメ映画とか全然知りませんでした。あと、俳優にああしろこうしろと指図せずに、このシーンでこの役はどう考えてどう動くのか俳優と一緒に探っていくらしく、だからあんなに自然なんだなぁと納得。彼の撮影現場は和気あいあいとしてそうです。

11/23「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(いっとそれがみえたらおわり)」
テレビ映画でやってた「IT/イット(前編)」のリメイクってことでいいのかな?旧作よりもペニーワイズがクリーチャー全開でB級感が増してた気がします。子供たちはみんな何か問題を抱えているんだけど、B級感が増したせいでそれも軽くなったというか、全体的にアトラクション映画な雰囲気。とくに女の子のパチンコ射撃の活躍がなくなってるのが不満です。あの射撃エピソードが一番印象に残ってたのになぁ…。あと不良は一人しか犠牲になってなかった気がするけど、後半で他の奴もやられるのかな?

一言映画感想(10/04~10/21)

 | まとめ感想  com(4) 

またもやネガティブな感想ばかりになってしまった…。

10/4「おみおくりの作法(おみおくりのさほう)」
終盤までは結構よかったのに起承転結の転で「やっちゃったー」という感じでした。最近こういう作品が多い気がする…。”葬儀は生者のためのもの、死者の想いなんてない”という合理主義的風潮を否定したかったんだろうけど、そこで直接的表現をしたら「やっぱりファンタジーじゃん」と受け取られかねないのに。ベタでもいいから、ヒロインの父親との数少ない幸せな頃の回想でも流して、父親に声をかけられて振り返る少女に現在の姿が重なり、お墓の方を振り向いても誰もいない。ただ木漏れ日や鳥の声などで一際美しいシーンにして、鑑賞者に「お父さんがいたのかな」と思わせるような演出をするとかさ、他にもっとやりようがあったと思う。それまでの、孤独死した人たちと向き合う孤独な主人公のドラマは良かっただけに拍子抜けでした。

10/6「機動戦士ガンダムNT(がんだむならてぃぶ)」
ロボットアニメらしさがあまり感じられなかった…。あのニュータイプの超能力をあんまり言語化してほしくないというか、そこまでできるの!?というところもあってついていけなかった。ヴィジュアル系バンドの人みたいな強化人間さんはちょっと面白かったし、私的には主人公3人に魅力を感じなかったので、くどい回想とかフェネクスのエピソードより、彼を掘り下げて欲しかったなー。

10/8「ルージュの手紙(るーじゅのてがみ)」
ドラマ/コメディだと…!?笑える部分なんてあったっけ…。まあ退屈はしなかったし、刺さる人には刺さりそうな作品でした。たぶん寛容の心を描いたんだと思うけど、いまいち私にはクレールの心情の変化が読み取れなかったんですよね。自分と父親を裏切った人が、もうすぐ死ぬからといって突然会いに来る…。それを受け入れていく過程を読み取れるかどうかは鑑賞者の感性に委ねられます。私には酒・たばこ・賭け事から離れられない女を信じるのは無理ですねー。しかしこの邦題、ルージュの伝言の影響かな?

10/17「僕のワンダフル・ライフ(ぼくのわんだふるらいふ)」
犬が生まれ変わりを繰り返して生きる意味を見つける感動もの。まあこの題材なら泣けるよね、飼い主をかばって死ぬシーンとかあるし…。ただ、擬人化されてるわけでもない動物にセリフを当てるのが好きじゃないし、あまりにも”こうだったらいいなぁ”という人間の願望が投影され過ぎていて人間の傲慢さを感じてしまうというか…。わんこがそう思ってると感じられるだけなら良いけど、言葉にしてほしくないんですよ。セリフなしでも上手くやれば伝わるのに。一応犬を飼ってる人なら「どの犬も愛犬の生まれ変わりかもしれないから優しくしよう」と思えるだろうし、犬を飼いたい人が「責任を持って幸せにできるのか」と考えるきっかけになるとは思います。ベイリーが自分の生きる目的を問い続けていたけど「大切な誰かと一緒にいるため」は人間にも当てはまることですよね。宣伝ではイーサンのために生まれ変わってるみたいに言ってるものの、実際は誰が飼い主になっても寄り添おうとしていたし。要は大切な人と一緒にいられる時間を大事にしようという作品。ただし、最後に名札をベイリーにするのはいただけない。中国だかでペットのクローンを作って(そういう業者がある)同じ名前を付けている飼い主を思い出しました。

10/21「ヴァン・ヘルシング(ヴぁんへるしんぐ)」
再見。う~ん、やっぱり私には合わないです。仕方なく何が合わないのか考えながら見てたんですが、1、スパイものやロマンティックアドベンチャーに出てきそうなヒロインが苦手。2、複数作品の主役大集合(そして脇役に成り下がる)が苦手。3、吸血鬼が子供を欲しがるのが解釈違い。というかんじですかね~。とくに子供を欲しがるのがね…。元人間の吸血鬼には吸血で眷属を増やすことにその欲求を持っていてほしいんですよ。唯一無二の存在となれる相手を求めて渇望していてほしいし、性欲が吸血行為に直結して”自分は化け物だ”と痛感してほしいのです…。

.