高畑勲タグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「パンダコパンダ」観ました

 | アニメ/人形アニメ  com(2) 
Tag:日本 高畑勲 
パンダコパンダ

『パンダ・コパンダ:Panda Go Panda』

製作:日本’72 35分
監督:高畑勲
ジャンル:★ファミリー/ファンタジー

【あらすじ】おばあちゃんが法事で田舎に出かけることになり、たったひとりで留守番することになったミミ子。そこへ、子パンダのパンちゃんとお父さんパンダのパパンダが現れ、そのままミミ子の家に居候することに。ミミ子もパンちゃんのママになって大はりきりだったが…。

超久しぶりに再見。ちゃんとストーリーのある作品だったんですね。断片的な映像と、耳に残るテーマ曲しか覚えてませんでした。
おおらかで大ざっぱで、パンダがしゃべっても誰も驚かないエブリデイ・マジック系。みんなノリだけで行動してる感じに癒されます。(見たのは肝試し企画の真っ最中)
ミミ子がパンちゃんのママになって、パパンダがミミ子のパパになって、不思議で楽しい生活が始まるのがいいですね。家の周りが竹藪で、食事の時もテーブルにドーンと竹が載っていたり。

パパンダの口癖が「とくに竹やぶがいい」というのも怖可愛いです。
パンダといえば笹だと思ってたけど、竹もバリバリ食べるのが普通に怖い!
あの硬い竹(直径10cmくらい)をバリっとかみ砕くのを間近で見たら、ミミ子のように受け入れる自信ないわぁ…。トトロの原型で、口が大きくて丸呑みされそうでした。
あと、パパンダが来てから家具や家を壊されまくって、おばあちゃんが帰ってきたら卒倒しそう(でも、帰ってくる気配がぜんぜんないのは何故?)

しかし、ミミ子が嬉しいことがあるとスカートも気にせず逆立ちする子で、パンツアニメかというほどパンツが印象に残ってしまいました(笑)
6歳くらいかと思ってたけど、おしゃべりが達者だし、家事も一通りこなすから10歳くらいだったのかな?
パンちゃんのママをやってる時のませた感じと、パパンダに甘える子供らしさのギャップが可愛いです。
ラストのオチも微笑ましくて、思わずニッコリできる作品でした。(動物園に見に来る人たちはお布施したいのだろうか 笑)

『パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻』

製作:日’73 38分

【あらすじ】ミミ子とパンちゃん、パパンダの家族は、幸せな毎日を送っていた。そんなある日、家に子トラのドラちゃんが迷い込む。街にはサーカスがやってきており、迷子になってしまったのだ。サーカスでドラちゃんのママともお友だちになるミミ子たちだったが、その夜、大雨が降って…。

二作目があったんですね~。こっちはポニョの水没シーンを連想しました。幻想的で美しく、やっぱり怖いです(笑)
あと、サーカスのトラちゃんが「くまのプーさん」のティガーみたいだし、トラちゃんを見つけるまでの過程「僕の~を食べた」「僕の~を壊した」はたぶん「白雪姫」?
水没した街を見て「素敵!」というミミ子にドン引きだけど、夢の世界だと思えばまあ。
悪い人はひとりもいなくて、水中で汽車が走る、本当におとぎ話のような作品です。

関連記事
「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」観ました

映画「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」観ました

 | アニメ/人形アニメ  com(2) 
Tag:日本 高畑勲 

赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道
製作:日本’2010
監督:高畑勲
原作:ルーシー・モード・モンゴメリー
ジャンル:★ファミリー/ドラマ

【あらすじ】カナダ、プリンスエドワード島。孤児院からカスバート家に引き取られてきた少女アンは、この島の美しさに心躍らせていた。だが、実はマリラとマシュウがほしがっていたのは、働き手となる男の子で…。

これはよかったわ~。アニメシリーズを編集した劇場版で、アンがあの家で暮らすと決まるまでのお話だけを描いてます。
駅で出会ってから歌うようにしゃべり続けるアンは、わたしが今まで抱いていたイメージそのものでした。原作は未読だけど、これでこそアン!
これだけ思ったことを何でも口にしてしまう彼女なら、「女の子なんて何考えてるかわからなくて怖い!」と思っていたマシュウに受け入れられたのも納得です。
それに、自分の故郷にあそこまで感動して好きだと言ってもらって、嫌な気分になる人はいませんよね。
頑なに反対していたマリラの心情も丁寧に描かれており、生活に余裕があるわけでもない彼らが計画を変えてまで彼女を引き取る事になる展開も、説得力ありました。
飲み込みが早くてしっかり者で、前向きで優しく、美しいものを美しいと素直に受け止めるアン。彼女と一緒にいると、世界が輝いて見えそう!
この作品って、もしかしてミュージカル向き?
印象的だったのは、「前に引き取ってくれたところの奥さんはよくしてくれたのか?」とマリラに尋ねられる場面。
「そのつもりだったのよ。できるだけ親切にしようしてくれてた。それが分かっていれば実際はそうでなくってもそれほど気にならないわ。」と話すアンは、本当に強くて優しい。
TVシリーズの続きや原作も観たいなぁ!

関連記事
「パンダコパンダ」観ました(同監督)
「赤毛のアン」4作観ました(同一原作)
OVA版「アルプスの少女ハイジ」観ました(同監督)

OVA版「アルプスの少女ハイジ」観ました

 | ファミリーアニメ  com(10) 
Tag:日本 高畑勲 

アルプスの少女ハイジ
この画像は、拡大しないで離れてみてね♪
製作:日本’96
監督:高畑勲
原作:ヨハンナ・スピリ
ジャンル:★ファミリー/ドラマ

【あらすじ】幼い頃に両親を亡くし、母方の叔母のデーテに育てられたハイジ。仕事の都合でおじいさんに預けられた彼女は、アルムの山小屋で暮らし始める。ヤギ飼いの少年ペーターや動物たち、大自然に囲まれ、ハイジは健やかに育っていくが…。

以前、2005年イギリス製作の実写映画「ハイジ」を観て、いつか世界名作劇場のほうも観ようと思っていたんですが、春休みアニメ特選でダイジェスト版をやっとみれました。
いやもう、よくまとめましたね。全五十何話あるものをたった90分×2巻にみごと収めつつ、ハイジの世界を堪能させてくれます。時間があったらTVシリーズ全部みてみたい!
「アルムの山編」ではハイジの野生児っぷりに驚かされました。だって、落ちたら即死っていう場所にひょいひょい登っていってしまうんですよ!? いちおう町っ子のはずなのに裸足で駆け回ってるし、他にも持っているはずなのに年がら年中おなじ服(薄着)だし。朝起きたら雪に埋もれていたというエピソードでは度肝を抜かれました。あんな雪山で、真冬に窓のない部屋で寝ても大丈夫なんですかね…。
そして「ハイジとクララ編」ではハイジの優しさに心打たれました。あんなに小さいのに、健気にクララとの約束を守ろうとする姿にホロリ。そして、例の「クララが立った!」のシーンでは、初めて名場面として何度も取り上げられていた意味が分かりました。感動的です。
あと、クララは想像と違って随分お茶目さんでした。将来は、絶対におばあさまのようになりそうです。あんな境遇(さびしい、鬼執事、病気)なのにひねたところもなく好感が持てます。
ロッテンマイヤーさんも根は悪い人じゃないんだけど、どうしてあんなに親の教育方針を理解してないんでしょう? 後半ではペーターとともに軽く無視されてて可哀相でした(笑)

関連記事
「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」観ました
.