横溝正史タグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「悪魔の手毬唄(1977)」観ました

 | ミステリー  com(12) 
Tag:市川崑 横溝正史 日本 

悪魔の手毬唄(1977)
製作:日本’77
監督:市川崑
原作:横溝正史
ジャンル:★ミステリー/サスペンス

【あらすじ】古い因習がいまも力を持つ鬼首村にやってきた金田一耕助。だが、村に伝わる手毬唄の歌詞に見立てた殺人事件が発生する。捜査を始めた金田一と磯川警部は、由良家と仁礼家の因縁や、20年前に起こった殺人事件の真相に迫っていく。

「悪魔の手毬唄」は古谷一行版と、古谷さん2時間ドラマ版、そして石坂さん版という流れで観てきましたが(稲垣版は見たかも?)、これは1・2回観ただけじゃわからないですね~。トリックではなく犯人の心情が。
そんなわけで、石坂さん版を短期間で3回くらい観てしまいました。私的に異例のことだし、再見がまったく苦にならない!
脚本や登場人物&キャストの魅力と、変なところで画面が変わって毎度「え、ここで!?」と驚かされたせいかも(笑)
とくに、冒頭で誰かを探しに出たリカさんが落石に驚くシーンとか、唐突だし最後まで意図が謎でした…。凶兆?
あと、金田一が新事実を突きつけられて、すばやくアングルが切り替わるシーンを観て、アニメ「絶望先生」の元ネタはこれか!と思ったり。
手毬唄をワンテンポ遅れで教えてくれるお婆さんも印象的です。あの手まりの動きが妙に気持ち悪くて、でもお婆さんはとてもとても可愛くて、アンバランスなところが素敵。人形が鞠をつく映像では、鞠を人間の手で動かしているように見えたから、お婆さんの時もそうしてたのかも?

でも、最も惹かれたのは観るたびに印象が変わるリカさんでした。

→以下ネタバレ注意!

TV映画「横溝正史シリーズ/悪魔が来りて笛を吹く」観た

 | ミステリー  com(4) 
Tag:横溝正史 日本 

横溝正史シリーズ/悪魔が来りて笛を吹く
製作:日本’77
監督:鈴木英夫
原作:横溝正史
ジャンル:★ミステリー

【あらすじ】昭和22年、集団毒殺で世間を騒がせた天銀堂事件。容疑をかけられていた椿元子爵が遺書を残して失踪、遺体で発見される。娘の美禰子の依頼で椿邸を訪れた金田一耕助だったが、間もなく玉虫元伯爵が殺され…。

オンエアしててわぁ~いと思って録画したものの、2時間だし、続きもやりそうにないし変だなぁと調べたらリメイクのTVドラマでした。古谷さんが老けてるよ!
という訳で、我慢できずに横溝正史シリーズ版を借りて観ました。
今回は出川刑事が登場で、日和警部が目立たなくなってますね。ちょっと残念。
金田一は相変わらずで、事件が起こると妙に楽しそうだし、逆立ちしてたら女中に「はぁ?!」って言われるし、ルーツを探りに旅に出ればその間に死人は増えるしで、いつも通りの金田一で安心でした(?)
人が多くて人間関係は把握し切れなかったけど、あき子と乳母がすごく印象的。
あき子は浮世離れした雰囲気が合ってるというか、もう何も考えたくない感じが複雑な境遇を匂わせてます。
「お嬢様!お嬢様!」と全てのものからあき子を守ろうとする乳母の過保護っぷりも、彼女の弱々しさを際立たせててましたね~。乳母の存在のおかげで、没落華族の時代錯誤な雰囲気も感じられてよかった。
逆に、依頼者でありながら傍観者になっていた美禰子は影が薄いです。表情に乏しいし、何を考えてるのかよくわからなかった。いる意味あったのかな?
ラストは、ドラマ版と違って最後には犯人が母親を許していたのにホッとしました。あき子はたぶん犠牲者だし、悪いのは全部あいつですよ!
そんなこんなで事件の背景はドロドロでしたが、金田一の「はぁ~っくしょい!」で終わらせてしまうのがなんとも(笑)
やっぱりこのシリーズ好きだわ。

関連記事
横溝正史シリーズ「不死蝶/黒猫亭事件」観た

TV映画 横溝正史シリーズ「不死蝶/黒猫亭事件」観た

横溝正史シリーズ/黒猫亭事件

『不死蝶』(1978年、森一生監督)

前半、周りがうるさいところ頑張って観たんだけども、次男が殺された理由がよくわからなかったです。最初に殺されたじいさんが、結婚を自由にさせなかったために起きた事件なんでしょうか?
マリがどうやって母の無実を証明しようとしていたのかもよくわからなかったし。
とりあえず、せっかくの休みなのに金田一にパシられる日和警部が可哀相でした。

『黒猫亭事件』(1978年、渡邊祐介監督)

んにゃぁ~ん!っていうアイキャッチの音楽が良かった。OPもみゃ~んみゃ~んと猫っぽさ出てたし。楽器はテルミンでしょうか?
顔なし死体に「推理小説では~」と説明しだした金田一に、「これは現実の話だ、小説と一緒にしないでくれ!」と日和警部が怒り出すのが(笑)
「見込み捜査はいかん」と金田一に注意したりと、しごくまともな捜査をしているのに、結局、金田一にいいとこ取られちゃうのが哀しいね。
しかも、部下たちも金田一に頼りきり。それを一喝しつつ自分も説明してもらいたそうな顔をしている日和警部も可愛かったです。
犯人はぜんぜんわからなかったものの、物語にはちゃんとついていけて楽しめました。前編の最後に、いきなり古畑風に語りかけてくるのがウケたし。
でも、あんなことで殺された黒猫が可哀相…。
風間は金田一に捜査を依頼したり、最後は説得しにきたり、ホント中途半端に優しくて、確かにモテるだろうなぁと納得。ラストで、真の犯人はあなただと断言した金田一も男前でした。
…あれ、そういえば犯人が生き残るのって珍しくない?
最後の〆がこれでよかったです♪

関連記事
「横溝正史シリーズ/悪魔が来りて笛を吹く」観た
「横溝正史シリーズ/悪魔の手毬唄」観ました
「昨日消えた男(1964)」観ました(森一生監督)

TV映画「横溝正史シリーズ/悪魔の手毬唄」観ました

 | ミステリー  com(6) 
Tag:横溝正史 日本 

横溝正史シリーズ/悪魔の手毬唄
製作:日本’77
監督:森一生
原作:横溝正史
ジャンル:★ミステリー

【あらすじ】岡山の鬼首村を訪れた金田一耕助は、滞在先で放庵という老人と知り合う。20年前にこの村で起きた殺人事件の話を聞くが、その後、彼は謎の失踪を遂げてしまった。やがて、村では凄惨な殺人事件が連続して起こり…。

「悪魔の手毬唄」は初めてなのでわくわくしながら観られました。
冒頭から手毬唄を歌う少女が雰囲気を盛り上げてます。美人も多いし、話数も多いし、期待が膨らみますね。
第一話はとても明るい雰囲気で、金田一は字が下手だと発覚したり、ちゃんと髪をガシガシ洗ってる描写があったり(笑)
不潔なんじゃなくて、フケ症だったのか…?
音楽なども明るい感じだったけど、一人の老婆の出現により暗雲が。雷雨とともに一気に不安を掻き立てられるのが素敵です。
…でも、一話の終わりはサンショウウオで、つい笑っちゃいました。
何気に日和警部が活躍してましたね。金田一にこの村の宿を紹介したのも、心に引っかかっていた未解決事件と彼を引き合わせるため。ひそかに想いを寄せる女将さんのためにも、金田一の手を借りて事件を解決するつもりです。こういうのいいなぁ!
ただ、日和警部が活躍するのは嬉しいんだけど、お約束的に彼がいると犯人がすぐわかってしまうという…。もともと動機も犯人もわかりやすい事件だと思うし。…原作ではどうなんでしょう?
でも、それがわかっているからこそ、切なさやもどかしさも増してました。気遣いが逆に辛そうだったり、「さっさと帰って来い金田一!」と叫びたくなったり(笑)
後半は里子の健気さにぐっときました。女将さんも美人だけど、一番好きなのは里子かな。
今まで観た作品と比べて、そこまで憎らしくて歪みきったひともいなくて(愚かな夫はいたけど)、事件解決後のやるせなさがたまらなかったです。金田一の「ボタンの掛け違いなんだよ」というセリフも良かった。
ちょっと出しゃばりなナレーション以外はとても良かったです。

関連記事
「悪魔の手毬唄(1977)」観ました
横溝正史シリーズ「不死蝶/黒猫亭事件」観た
横溝正史シリーズ「本陣殺人事件/真珠郎」観た

TV映画 横溝正史シリーズ「本陣殺人事件/真珠郎」観た

 | ミステリー  com(8) 
Tag:横溝正史 日本 

横溝正史シリーズ/本陣殺人事件
『本陣殺人事件』(1977年、蔵原惟繕監督)
オンエアの順番おかしくない?
日和警部と初対面だし、「八つ墓村」で死んだ奴が出てるよ(笑)
凝った密室トリックが面白かったものの、ところどころ設定が前観た二作と似てました。原作ではこれが最初の物語なんですね。
このシリーズでは、金持ちやカップルには必ず不幸が訪れる気がします。現代で言う”リア充爆発しろ”の精神でしょうか。今も昔も大衆が好むものは変わらない、と。
今回は、動機がとことん酷いのでいまいちでしたが、日和警部がだんだんと金田一を信頼していく過程が見られたのは良かったです。
しかし、すでに警察上層部は金田一に全幅の信頼を寄せているんですね。ここまでプライドを捨ててるとは…。駆け出し探偵だった頃の話とかないのかな?

『真珠郎』(1977年、大洲齊監督)
オープニングの語りは雰囲気あってよかったけど、蛍を口の中に入れて全身発光する真珠郎には思わず笑ってしまいました(当時はすごい技術?)。あと、役者はもう少し美青年に見えるひとを選んでほしかったような。
前半は、殺人鬼が野放しになる展開に金田一いらないんじゃ…と思って観てたら、見事に騙されましたね~。しっかりミステリーな展開になって唸らされました。
またもや自己中男が登場するんですが、今回は二人いて、血縁者でもないという…。行く先々で事件が起こる、呪われた探偵のせい?(笑)
お約束の自転車で転ぶシーンも見られたし、満腹だと頭が働かないので事件中は絶食してるという事実も判明。最長何日絶食したんだろ。
にしても、好きな人に頼まれたくらいで、生首持って走り回るなんて正気じゃないよね~。

関連記事
「横溝正史シリーズ/悪魔の手毬唄」観ました
「横溝正史シリーズ/八つ墓村」観た

TV映画「横溝正史シリーズ/八つ墓村」観た

横溝正史シリーズ/八つ墓村
製作:日本’78
監督:池広一夫
原作:横溝正史
ジャンル:ミステリー

【あらすじ】岡山県の八つ墓村。その村ではかつて、欲に目がくらんだ村人たちによって八人の落ち武者が惨殺されたという。神戸に住む寺田辰弥は、この村の田治見要蔵が本当の父親だと聞かされ、この村を訪れる。だが、彼の出現と時を同じくして、恐ろしい連続殺人が再び村を襲い…。

この作品は前半は辰弥が主人公みたいでした。金田一は本当にこの村にふらっと立ち寄っただけなんでしょうか?
今回もやっぱりおどろおどろしさはあまり感じなかったんですが(要蔵の迫力が足りない?)、ここで出てくる田治見家も酷かったです。基本、自分のことしか考えてません。
要蔵はただの犯罪者だし、彼を可愛がるばあさん二人は他人なんてゴミくらいにしか思ってません。弱々しい兄妹なんて、他力本願で辰弥にぜんぶ押し付けようとしてるみたい。…春代も好きならもっと早く忠告してやれよ!
まあ、エキゾチック美人に釣られてきた辰弥が、それくらいで引き返すわけないのかな。超怖がってたわりに、美人にも遺産にもご執心でしたし…。
母親が息子に、あんな災いをもたらしそうなものを遺そうとしたのも変な感じでした。すべてはあのラストにつなぐため、見えない力に導かれてる?
でもまあ、とりあえず八つ墓明神の祟りじゃ~とか言ってるくせに、壊れた墓を一向に直そうとしない村人が一番変でしたけど(笑)
そんな中、日和警部がいい味出してましたね~。あの人が出てくると場が和んで、思いのほか楽しめました。憎めないキャラです。
この作品で一番怖いのは、実はラストの金田一だったり。あんな事が起きたのに「やはりこれは祟りってことかなあ。」と軽い口調で、ちょっと引きました。もう少しショックを受けてもいいと思うんだけど…。
犠牲になったのが若い娘さんだったら、もっと違う反応だったかもしれません?

関連記事
横溝正史シリーズ「本陣殺人事件/真珠郎」観た
横溝正史シリーズ「犬神家の一族」観た
「沓掛時次郎」観た

TV映画「横溝正史シリーズ/犬神家の一族」観た

 | ミステリー  com(14) 
Tag:横溝正史 日本 

横溝正史シリーズ/犬神家の一族
製作:日本’77
監督:工藤栄一
原作:横溝正史
ジャンル:ミステリー

信州財界の大物・犬神佐兵衛が莫大な遺産を残してこの世を去った。だが、彼の遺言は遺された者たちを争わせるような内容で、親族の間に緊張感が漂う。何か起こるかもしれないと、犬神家の顧問弁護士に雇われた金田一耕助だったが…。

映画版で忘れかけてるところを補完しながら楽しめました。
とくに、犬神左兵衛の人生については、いまいち理解できてなかったので、このゆっくりテンポ(4時間くらい?)がちょうどよかったかも。
全体的におどろおどろしさは少なくて(死体はモロ人形だし)、金田一のキャラ的にものん気なところが。でも、私的には結構好きですね~、古谷一行の方が石坂浩二よりイメージが合ってる気がします。各話の最後にいつもずっこけてる金田一に親しみが湧きました。
スケキヨの方も、マスクが違っていて随分と印象が違います。ぎょろりと覗く眼が見えない分、怖さは半減してたし、体の動きで演技しているせいか感情が見えて割と普通。
窒息しそうなのは相変わらずでしたが(笑)
彼が母親の着物に顔をうずめて匂いを嗅いでいるシーンでは、何事かと思いましたよ。そういえば入れ替わってたんでした。マザコンか…、ろくな兄妹いないな。
何気に、この作品で一番男前なのは、ひたすらお嬢様を守ろうとする猿蔵かも。きっと誰よりもお嬢様のことが好きなんでしょうね。左兵衛の命令なんて関係なく、彼女の幸せを心から願っているのが伝わってきました。
あと、どうでもいいけどアイキャッチのチャンチャララージャーン!がお気に入りです。
この作品は、探偵vs犯人ではなく、犬神佐兵衛vsこどもたちなんだなぁと、つくづく思いました。

関連記事
「犬神家の一族(1976)」観ました
「横溝正史シリーズ/八つ墓村」観た

映画「犬神家の一族(1976)」観ました

 | ミステリー  com(18) 
Tag:市川崑 横溝正史 日本 

犬神家の一族(1976)
製作:日本’76
監督:市川崑
原作:横溝正史
ジャンル:★ミステリー/サスペンス

【あらすじ】犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛が亡くなり、遺言公開のため親族が集まる。だがその内容は、ある条件で恩人の孫娘、珠世に全財産を譲渡するというものだった。彼女が何者かに命を狙われ、名探偵・金田一耕助が調査に乗り出す。

あらやだ面白い!!
すみません、正直舐めてました。初めてまともに観たのは稲垣吾郎が主役のTV映画だったし、2006年の市川崑監督によるリメイクも、役者が中途半端に知ってる顔ばかりでコスプレしてるようにしか見えず、世界観に入り込めなかったんですよね。
この世界観は、原作やマンガとかじゃないと、違和感が先にたって入り込めないな~と思ってたのに、そんな予想を裏切ってこれは全然大丈夫でした。やっぱ、邦画はある程度古い方がいいわ!(私だけかも)
とにかく、登場人物全員がしっくりきました。この時代の空気と格好が馴染んでるというか。奇々怪々な事件がいつ起こってもおかしくないと思える雰囲気が素敵です。
ストーリーは(覚えられなくて)いつも初見みたいに楽しめるし、これは何度観ても飽きなさそう!
前から思っていた「金田一って事件解決するの遅すぎない?」という疑問も、今回はまったく湧いてきませんでした。
イラストはスケキヨさんとどちらにしようか悩んだけど、普通に金田一にしてみました。石坂浩二と大泉洋を足して2で割ったような顔に…(笑)
いつかこのシリーズをぜんぶ観てみたいです。

関連記事
「かあちゃん」観た
「横溝正史シリーズ/犬神家の一族」観た
.