チェコタグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バンディット」観た

原題:JANOSIK. PRAWDZIWA HISTORIA
製作:ポーランド、スロバキア、チェコ'09
監督:アニエスカ・ホランド、カシア・アダミク
ジャンル:歴史劇/ドラマ

【あらすじ】1711年、戦乱に巻き込まれ皇帝軍に身を置いていたヤノシークは、ビトチャ城に投獄されていた盗賊団の首領トマーシュと出会い意気投合する。彼の脱獄を手伝い、皇帝軍からの除隊にも成功した彼は、平穏な生活を求め牧童として働き始めるが…。

gyaoで鑑賞。145分の長尺作品で前編後編に分かれてます。
「秘密の花園」や「敬愛なるベートーヴェン」の監督と、その娘さんで撮った作品ということで鑑賞。
一言感想に書こうかと思ったんだけど長くなりそうなので記事に。イラスト描く気力は湧きませんが。
ヤノシークの伝説自体を知らないし顔が見分けられなかったので十分理解できたとは言えませんが、「チェコの古代伝説」の衣装などと似たような登場人物たちが見られたので最初から楽しめました。
結構グッとくるセリフが多くて、「これからはお前と俺の名誉を守る」というような事を未来の嫁さんに誓うシーンや、病に倒れた仲間がヤノシークに「どんなに強い軍にいても死からは逃れられない。殺るか殺られるかだ。でも、盗賊団でなら人を殺さなくてすむ」と言うシーンが印象に残りました。
反戦映画でもあると思います。

あと、女がみんなインパクトあって、宿屋の娘がヤノシークに目をつけて、ヤクを盛って既成事実を作るところとかマジ肉食系。
死にかけた男に、新鮮な馬糞の絞り汁を渡して「死にたくないなら私を信じて飲め」というおばあさんとか(笑)
後半はもっと恐ろしい女が出てきて、むかし”魔女”と呼ばれた人たちの中にはネグレクトとかサイコパスとか本気でヤバイひとたちも含まれてたんだなぁと思いました。
残酷なシーンもハッキリ描いている作品なので、そこらのホラー映画より怖いかも…。
拷問や残酷すぎる死刑方法とか見ると、現代の日本に生まれてよかったと心底思えます。
終盤は本気でゾッとしたから、死刑制度廃止を訴える作品でもあるかも。
一方で、酔った時や瀕死の時に空を飛んでいって(亡くなった?)おばあちゃんとお話しするなどのファンタジックな表現もあって、それプラス、ラストの美しい日の出やそれを見るヤノシークの表情に少し救われました。

関連記事
「秘密の花園(1993)」観た
「チェコの古代伝説」観た

映画「フィムファールム2」観た

フィムファールム2
原題:Fimfarum2
製作:チェコ共和国・ドイツ’06
監督:ヤン・バレイ、ヴラスタ・ポスピーシロヴァー、アウレル・クリムト、ブジェチスラフ・ポヤール/ヤン・ヴェリフ
ジャンル:ファンタジー/人形アニメ
シニカルなユーモアに包まれた4つのお伽ばなしを描いたチェコ人形アニメ。

「海はなぜ塩辛い:More, strycku, proc je slane?」ヤン・バレイ
貧乏でも正直で家族思いの男が、親切な悪魔の助言で何でもほしいものを出してくれる魔法のミルを手に入れる。たちまち彼は豊かになり、町の人たちにも分け与えるが、強欲な兄が嫉妬し…。

「三姉妹:Tri sestry a jeden prsten」ヴラスタ・ポスピーシロヴァー
イースターエッグを売ったお金を酒場で使い果たしてしまった三姉妹。帰り際、ルビーの指輪を拾うが、三人で分けられず「夫を一番面白くかついだ者」が持ち主になると決め…。

「ダマスカスのせむしたち:Hrbaci z Damasku」アウレル・クリムト
戦争で片目を失い、背中にはコブがある三兄弟がいた。醜い姿を馬鹿にされた一人がつい人を殺してしまい、三兄弟は町から追放されてしまう。三人一緒では惨めさも三倍だと別々の道を歩み始めるが、やがて兄弟の一人だけが成功し…。

「親指小僧:Palecek」ブジェチスラフ・ポヤール
子供のいない夫婦が魔法のマグカップによって小さな可愛い男の子を授かった。夫婦の愛情に包まれ、小さいながら賢く育った少年は、父親の仕事を手伝うように。だが、それを観た紳士が彼を買いたいと言い出し…。

****************
全体的に人形のデザインが若干不気味で、いい具合に汚れた感じが味があって作風にあってました。
ブラックユーモアに満ちているんですよね~。とくに「三姉妹」が酷い(笑)
あらすじの時点でそうとう酷い妻たちなんですが、この後、夫が自分から歯を抜くように仕向けたり(悪魔か!)、もう死んでいると思い込ませたりします。
そんな経緯があって、どうして最後はみんなで笑い転げて、指輪の事も忘れて幸せそうに家路につくことができるのか…。
ぽかーんとさせられたものの、このデザインのおかげで完全にお伽話と割り切れたので、結構楽しめました。
「海はなぜ塩辛い」も地獄への入り口がレトロなエレベーターのようだったり、デスクワーク続きの魔王が農夫の男に追いつけなかったり、妙にセンスが光ってました。
物欲が満たされて”幸せ”になる描写がまさに”現代人”(薄暗い部屋でTVに没頭する子供など)なところも皮肉が効いてます。
魔法アイテムの秘密を教えてくれた悪魔は魔王とケンカしてるらしいけど、やっぱり人間を堕落させるお仕事は怠らない!(笑)
「ダマスカスのせむしたち」はイマイチ意味がわからず楽しめませんでしたが、「親指小僧」の方はストーリー的にもキャラ的にも一番童話らしくて良かったです。
自分から紳士に買われて、涙する父親を振り切って旅立ったのは、一人息子として両親に楽させてあげたくて、はやく立派な大人になろうとしたのね。
小さな体で賢く危機を乗り越えていく冒険モノで、一寸法師みたいで親しみも湧きました。
機会があったら1も観たいです。

関連記事
「真夏の夜の夢(1959)」観ました(チェコ人形アニメ)

映画「真夏の夜の夢(1959)」観ました

真夏の夜の夢(1959)
製作:チェコ’59
原題:SEN NOCI SVATOJANSKE
監督:イジー・トルンカ
原作:ウィリアム・シェイクスピア
ジャンル:★アート

【あらすじ】妖精の女王ティターニアを振り向かせるため、森の王オーベロンはいたずら者の妖精パックに”一目見た者を好きになる魔法の花”を取りに行かせた。その頃、婚礼の準備で賑わう町から、恋に悩む4人の男女と素人劇団が森にやってくる。

小学校の頃いちど読んだきりの「真夏の夜の夢」に、トルンカの人形アニメで再びまみえる事となりました。前回観た「チェコの古代伝説」と比べると入り込みやすいんですが、喜劇というよりは幻想的な世界を楽しむ芸術作品という感じです。町のこじんまりした様子から、森の妖精たちが舞い踊る夢のような場面に移ったときは世界が変わったようでした。

気になったのは、オーベロンとティターニアが私の覚えているのと違うんですよね。私の記憶ではこの2人夫婦だった気がするんですが、こちらではオーベロンが言い寄っているだけのように見えるし、魔法の花を使う理由も振られた腹いせのようでした。(器ちいせぇ…)しかも、最後は花を使って自分に惚れさせて…。彼が最低な男になっていて、最後まで幻想的な雰囲気に浸れなかったのがちょっと残念。

この後、朝を迎えて恋人たちは町へ戻り、素人劇団が劇を披露します。
人形たちがライオンや恋人たちの前に立ちふさがる壁の扮装をしたり、丸顔のおじさんがランタンで顔を照らして月を演じていたり、不思議な感じで可愛らしいんですよね。
妖精たちがつくりだす世界と、人間のつくりだす世界の二つを楽しめたと思います。

関連記事
「チェコの古代伝説」観た
「フィムファールム2」観た(チェコ人形アニメ)

映画「オリバー・ツイスト(2005)」感想

オリバー・ツイスト(2005)
泣き虫だった印象しかないのに、このシーンは凛々しいなぁ。
製作:フランス/イギリス/チェコ’05
原題:OLIVER TWIST
監督:ロマン・ポランスキー
原作:チャールズ・ディケンズ
ジャンル:ドラマ

【あらすじ】19世紀イギリス。救貧院へ戻ってきたオリバーは、飢えた子供達を代表しておかわりを頼む。しかしそれが原因で売り飛ばされ、売られた先でも酷い目に。町を飛び出しロンドンへやって来た彼は、そこでスリ団の少年ドジャーに拾われる。

この間観た「オリバー!」と同じ原作なので観てみました。
最初に見たのがミュージカルだったので、今度も新鮮な気持ちで観れると思っていたんですが、なんかストーリーが頭に入ってこなかったです。
見覚えのある場面ばっかりなんですけど、どこかちぐはぐな感じがするんですよね。みんな生き生きしてないし。
はじめオリバーが「救貧院に戻って来た」と言われていたのに、葬儀屋に引き取られたあと問題を起こしてそのままロンドンへ旅立つ…って、また救貧院へ戻されそうになるとかなかったんですか? 自由の身になるまでの経緯とか、オリバーの決意とか、これって結構重要ですよね。それに、今まであっちこっちたらい回しになっていたなら、オリバーももう少しタフになってていいと思うんですけど、彼は泣いてばっかりなんですよ。
それともこれが彼の処世術?
う~ん、ストーリーはほとんど同じなのに主役が別人に見えてきました。
また別の「オリバー・ツイスト」に期待しよう。

関連記事:同監督
映画「チャイナタウン」観た
映画「反撥」観ました
関連記事:同原作者
「大いなる遺産(1946)」観ました
「オリバー!」観た
.