スティーヴン・スピルバーグタグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「続・激突!/カージャック」観ました

続・激突!/カージャック
原題:THE SUGARLAND EXPRESS
製作:アメリカ’74 110分
監督:スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】あと4ケ月で出所という時に、妻ルー・ジーンに唆され脱獄したクローヴィス。彼女の話では、二人が刑務所にいる間に息子が里子に出されたという。二人は息子を取り戻すため、警官もろともパトカーを奪い里親の元シュガーランドへ向う。

たしか「激突」より前に観た作品だと思います。初見時はぼろ泣きで今再見したらどうなるかなぁと気になっていたんですよね。今回やっと再見できて、またもや号泣。配給会社に「激突」の続編みたいな邦題を付けられて損してますが、中身はちゃんとしたドラマでありニューシネマでした。
もうね、警官が主人公たちをみて「(中身は)子供か」というのがすべてだと思うんですよ。普通はこんなことをしたらどうなるのかわかるのに、ルー・ジーンははしゃいでいて我が子と一緒に暮らす未来しか見えてません。そして破滅の道を歩んでいるとわかっていても、子供を取り戻す以外ルー・ジーンが幸せになる方法はないと行動を共にするクロ―ヴィス…。彼女のために自分にできることは何かというと、彼にはこんなことしかできないんですよね。

そんな二人に対して、間近で見ていた人質警官はストックホルム症候群も手伝って彼らを守ろうとするし、警察も相手が大人子供だということや世間体のこともあってなかなか強硬手段を取れません。そして、幼い我が子を取り戻すために命がけで警察と渡り合う犯人たちに、世間の人達は”美談”としてお祭り騒ぎを始めるわけです。
でも、主人公たちがどうして破滅の道を歩むことになったか考えると、なんだか切なくなってくるんですよ。更生施設がきちんと機能していれば若くして道を踏み外した彼らが軽犯罪を繰り返さずに済んだかもしれないし、子供に関する通知が前の住所に送られたせいで気付けなかった時、お役所仕事で冷たくあしらったりしなければ彼らも里親も子供も翻弄されることはなかったかもしれない…。
そして、小さなことでも困った時に親切にしてくれる誰かがいれば、彼らも他人に相談したり頼ることができていたかもしれないと思ってしまいました。

クロ―ヴィスは決して頭が悪いわけじゃありません。警察が彼らに仕掛けた罠も、今まで培ってきた経験で回避しました。もし彼が法律を破らなくても生きていく方法を学んで、社会復帰のための助けがあったなら元の道に戻れた可能性はあるんですよ。ルー・ジーンだって「困った時は役所に相談しろ」というクロ―ヴィスの言い付け守る素直な女性なので、善人に囲まれていれば道を踏み外したりしなかったでしょう。
無声映画で崖から落ちるキャラクターに自分たちの未来を重ねて表情を曇らせたり、今からでも遅くないと自首を進められて「それで丸く収まっても、ルー・ジーンは幸せになれない」と断るクロ―ヴィス、そしてお祭り騒ぎを楽しむ野次馬たちからの贈り物を無邪気に喜ぶルー・ジーンをみていたら涙が止まりませんでした。

そう見えるように撮ってるんだろうけど、彼らを銃で襲撃するアホな民間人や淡々と彼らを狙うスナイパーの方が凶悪犯のよう。
ラスト、事件の後にルー・ジーンは子供を取り戻したと流れ、事件を起こす前に彼女の言い分を認めていればクロ―ヴィスは死ななかったし、里親も子供を奪われずに済んだのに…とやるせなくなりました。

関連記事
「激突!(1971)」観ました

映画「激突!(1971)」観ました

激突!(1971)
なぜここで本気を出してしまったのか、自分でもわからない…。
原題:DUEL
製作:アメリカ’71
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:リチャード・マシスン
ジャンル:★サスペンス

【あらすじ】取引先が休暇に入る前に商談を済ませようと、車を走らせていたデヴィッド。その道中、何気なく追い抜いたタンクローリーが、挑発するかのようにまた前方をふさぐ。イラつきながらもまた追い越したデヴィッドだったが、やがてタンクローリーは明確な殺意をもって彼を執拗に追いかけるようになり…。

勝負映画企画、最後の作品。スピルバーグ監督作品が連続してるのは偶然です。
ちょうどオンエアがあってピッタリな作品だと思ったら、原題は「デュエル(決闘・勝負)」なんですよ。まさしく勝負映画の代表みたいな。
ずっと前に一度見たきりなんですが、追い越したのがきっかけで目をつけられたのかと思いきや、どう見ても最初から「次すれ違った奴で遊んでやろう」と考えてたように見えたのには驚きました。タンクローリーという凶器をもったシリアルキラーというところでしょうか?
それだけでも怖いのに、さらに怖いのは相手の運転手の顔が見えないところ。最初から最後まで、ガソリンスタンドで見かけたブーツと、窓から出す左手くらいしか見えません。まるでタンクローリー自体が悪意を持って追いかけてくる怪物のようで、不気味さを際立たせていました。
これほど悪役としてキャラが立っている車は他にないかも(笑)

また、基本的に主人公が追われているだけの映画なのに、最後までまったく飽きさせないのもすごいです。カフェで客の中にあの運転手がいるかもしれないという緊張感、ふと背後に現れたり人目も気にせず突進してくる恐怖、逃げられない状況でトンネルの向こうからヘッドライトを点灯し近づいてくる不気味さなど、ぐいぐい引き込まれるんですよね。
デヴィッドを精神的にいたぶる敵のいやらしさもさることながら、何も知らないスクールバスの子供たちのウザさがまたイライラや緊張感を煽ってきます。
カメラワークや構図も凝っていて、タンクローリーがあそこまで怪物じみて見えるのも撮り方が上手いからだと思いました。音が怪獣みたいだったし!

<結末まで書いてるので未見の方は注意!>
終盤ついに覚悟を決めて、タンクローリーとの真っ向勝負に出るデヴィッドはカッコよかったです。眼鏡をかけて、シートベルトをしめる姿は、カウボーイハットとガンベルトで決める決闘前のガンマンのよう。
途中ピンチに陥りながらも、最後はギリギリの勝負に出るところは痺れました。ただのセールスマンなのに頑張った!
ラストも印象的で、荒野の真ん中で呆然としている姿を見ると、列車の音で恐怖に目を覚ました彼が思い出されます。きっとこれから先ずっとトラウマに悩まされるんでしょうね…。

勝負映画企画のおかげで、この作品を再見する良いきっかけになりました。リクエストして下さった方、本当にありがとうございます♪

関連記事
「続・激突!/カージャック」観ました
「ジュラシック・パーク」観ました

映画「ジュラシック・パーク」観ました

ジュラシック・パーク
恐竜の絵じゃないのかよっ!
原題:JURASSIC PARK
製作:アメリカ’93
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:マイケル・クライトン
ジャンル:★SF/パニック

【あらすじ】南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島。大富豪ジョン・ハモンドの招待で島を訪れた古生物学者グラントとサトラーは、数学者マルコムらと共に究極のアミューズメント・パークを視察することに。だが、そこで目にしたのは遺伝子工学によって蘇った恐竜たちで…。

きもだめしで観るつもりが間に合わず、ちょうどいいので今回の「勝負映画」企画で久しぶりに再見しました。
まず驚かされるのが、やはり本当にその場にいるかのような存在感を放つ恐竜たちですよね〜。今観ても十分迫力あるし、躍動感がすごいです。現在でもこれだけちゃんとしたCGをつくるには、かなりお金をかけた作品じゃないと無理かも。B級映画のCGとか今でも酷いし…。
草原を駆け抜ける恐竜たちや、獲物を狙って室内を飛び回るヴェロキラプトル、すべてをなぎ払いそうなティラノサウルスなど、いきいきとした恐竜たちを観るだけでも楽しいです。

また、そのCGの恐竜たちに息を吹き込んだのは技術者ばかりではありません。まるで本当にそこにいるかのように振る舞う役者さんたちも良い仕事してました。
とくに子役の二人が素晴らしい!
それまでの姉弟の描写の積み重ねもあるんだけど、厨房での闘いは思わず涙が…。弟くんと比べたら恐竜や未知のものに対して及び腰だったお姉ちゃんが、追い詰められてもう息をするのも困難という時に、弟を助けるために自ら恐竜の気を引くんですよね。(イラストは追い詰められたところ)
そして有名な収納?の扉が閉まらないくだり。どうなるのか分かっているのにハラハラして、彼女の必死な様子から目が離せませんでした。
まさに「勝負映画」にふさわしい名シーンだったと思います。

他にも、恐竜と人間の対決や、恐竜と恐竜の対決、人間と人間との対決など、いくつかの勝負が描かれていて、どれも手に汗握る展開です。
子供が苦手なグラント博士と元気一杯の子供たちとの対決も面白かったし(笑)
また、ティラノサウルスが現れる時に、コップの水に波紋が広がる演出とか、電気柵を乗り越えようとしている時に、電源が入りそうになるくだりとか、ホント最初から最後まで緊張感を保ってるんですよね。
改めて傑作だなぁと思いました。再見できて良かったです♪

関連記事
「ジュラシック・パーク III」観た
「激突!(1971)」観ました(同監督)
第52回ブログDEロードショー「A.I.(2001)」(同監督)
「アンドロメダ…」観ました(同原作者)

第52回ブログDEロードショー「A.I.(2001)」

開催:2014/9/12(金)~9/15(月)
原題:ARTIFICIAL INTELLIGENCE:AI
製作:2001年アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
A.I.(2001)
ロボットが身近な存在となった近未来。実験的に”愛”をプログラムされた少年ロボットが、ある夫婦の下で愛情に包まれて生活し、やがて自らのアイデンティティに疑問を抱き始めるというSFドラマです。
匿名の方からリクエスト頂きました。
企画内容については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

第19回ブログDEロードショー「トワイライトゾーン/超次元の体験」

原題:TWILIGHT ZONE THE MOVIE
製作:アメリカ’83年
監督:ジョン・ランディス、スティーヴン・スピルバーグ、ジョー・ダンテ、ジョージ・ミラー
開催:2011/5/20~5/22
トワイライトゾーン/超次元の体験
「たまさんのHR/HM シネマカフェ」のたまさんが選んで下さいました。
理由は、
自分自身が未見であり、みなさんと同じように楽しみたいから。子供の頃にTVで流れていたような気がしないでもないのですが、まったくそこらへんは覚えていないので。
この時期、あまり重い作品は選ばずに、ファンタジックな不思議体験をしてみたいから。
とのことです。

企画内容については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

映画「JAWS/ジョーズ」観ました

JAWS/ジョーズ
海の夢のたびにサメと闘うのはジョーズのせいだ。
製作:アメリカ’75
原題:JAWS
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:ピーター・ベンチリー
ジャンル:★サスペンス/パニック/アドベンチャー

【あらすじ】アミティ島の海水浴場で女性が鮫に襲われた。警察署長ブロディは遊泳禁止を主張するが、観光収入を気にする市長が反対。なんとか24時間でけりを付ける事に。だが、倒したのは別の鮫だと海洋生物学者フーパーが指摘し…。

なんか絵の描きすぎで頭がガンガンするんですが、懐かしくて観てしまいました。
思ってたよりジョーズが映らないのに、この緊張感はなんだろう。やはり、あの音楽か。ジョーズ=音楽といっても過言ではない、というくらいの見えぬジョーズの存在感。素晴らしいです。
そして、人食いザメより観光客の入りが心配な市長さんも、ある意味怖い。なんたって、まだサメがいるっつってんのに、可愛いわが子を海で遊ばせてるんですよ。まあ、ブロディも入江なら大丈夫と息子を遊ばせてたようですが。サメ襲撃後の市長とブロディの蒼白な顔! 誰しも自分と身内は大丈夫と思ってしまうものなんですね。(知っていて警告しなかった市長とブロディは罪に問われないの?)

後半のサメとの対決は、ブロディ、フーパー、サメ退治の専門家クイントの掛け合いもよく、恐怖感とそれに挑んでいくドキドキ感が相まって盛り上がっていきます。とくに酒が入って古傷ジマンを始めるところなんかよかった。最後はしんみり過去を話して、友情めいたものまで芽生えてきたり。
そこへ襲い掛かるジョーズの恐怖。ただのサメではなく、化物のようなからだを持った賢いサメだということが嫌というほどわかり、ますます背筋が寒くなります。
最初は署長というよりパパの顔をしていたブロディが、沈みゆく船のマストにしがみつきジョーズと対峙したときにはハンターの顔になっていたのが印象的。ほのぼのラストも大好きです。

関連記事:監督
第19回ブログDEロードショー「トワイライトゾーン/超次元の体験」
「刑事コロンボ/構想の死角」観ました
関連記事:原作
「ビースト/巨大イカの大逆襲」

TV映画「刑事コロンボ/構想の死角」観ました

刑事コロンボ/構想の死角
製作:アメリカ’71
原題:COLUMBO: MURDER BY THE BOOK
監督:スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル:★ミステリー

ベストセラー推理作家コンビのケンとビル。だが、執筆担当のビルがコンビ解散を言い出したために、ケンは彼の殺害をたくらむ。死亡時刻には山荘にいたというビルの妻の証言に、殺人課刑事コロンボは頭を悩ませるのだった。

BS2で放送していたので、コロンボ初視聴しました~。これは三作目みたいだけど、前のふたつは見逃したのかな?
ま、それは置いといて、こういう犯行をすべて見せてからはじまるミステリー(倒叙物?)って大好きなんですよ。高校生くらいのとき”古畑任三郎”に嵌っていたので、すんなり入っていけました。コロンボ素敵だし♪
というか、今までコロンボの姿しか知らなかったので、全然性格悪くないことにビックリ。古畑のイメージと重ねてたみたいです。「うちのかみさんが…」とか言いながらオムレツをつくる名刑事、いいですねぇ~。初めて観たとは思えないほど、親近感が湧きました。
今回の犯人はミステリー作家ということで、凝ったトリックを使っても不自然じゃないところが良かったです。ミステリーって時々、そんな面倒なことする人いないだろーって言いたくなるほど奇抜な事しますから。
そして、そんなときに必ず現れる強請り。女性ということで一応は用心していたものの、やっぱりダメでした。彼女なら、ニュースのインタビューで「そんなことする人には全然見えなかった。信じられない…」とお決まりのセリフを言ってくれそうな気がします(笑)
観終わって、「コロンボ」シリーズの監督ってスピルバーグだったのかぁ、と思っていたら、彼が撮ったのはこの回だけでした。スピルバーグっぽさがどんなものかわからないけど、冒頭のビルを見上げる犯人の図は何か起こりそうな感じでよかったです。

関連記事
「刑事コロンボ/溶ける糸」観ました
「JAWS/ジョーズ」観ました
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」観た

映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」観た

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
製作:アメリカ’02
原題:CATCH ME IF YOU CAN
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:フランク・W・アバグネイル、スタン・レディング
ジャンル:コメディ/ドラマ/犯罪

脱税容疑で財産を奪われ、仲の良い両親が離婚することになった。高校生のフランクはショックで家を飛び出すが、生活のためには金が必要だ。やがて彼は、大手航空会社のパイロットに成りすますことで、偽造小切手の詐欺に成功する。

コメディとドラマが半々という感じで分類に困るんですが、こういうまったり楽しめてちょっとホロリとくるような作品、好きなんですよね。
期待したようなスリリングさはなかったものの、大胆不敵に次々と騙していくのが痛快でした。これが実話だなんて驚きです。
また、フランクと父親との関係、捜査官との関係が素敵でした。とくに、妻を想って泣き出してしまう父親の姿に涙腺が…。時折フランクが見せる、詐欺のときには見せないような不安げな切ない表情も、彼の心情が表れていて良かったです。
そして、ラストに捜査官がみせる信頼と、それに答えるフランクの姿にも心温まりました。
…やっぱりドラマに分類した方がよかったかな?

関連記事
映画ブログやってるのに「E.T.」を生まれて初めて観た
「刑事コロンボ/構想の死角」観ました

映画ブログやってるのに「E.T.」を生まれて初めて観た

E.T.
製作:アメリカ’82
原題:E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL
監督:スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル:★SFファンタジー

【あらすじ】植物調査にきた異星人たちが人間に追われ、一人の異星人が取り残される。月夜に彼と出会った少年エリオットは、彼をETと名付けクローゼットに匿うのだった。やがて、地球の言葉を学んだETは、故郷へ連絡したいと言い出す。

いやぁ、TVで感動のシーンとかよくやってるから、すっかり観た気になってました。初めの草むらを逃げているシーンはかろうじて観たことあったけれど、それ以降はまるで知らなくてびっくりだよ。
こんなに面白い映画を子供の頃に観てなかったなんてさ!!
でも、大人になった今でも自転車と車のチェイス・シーンは興奮ものだし、自転車が空中に飛び上がったのにはドキドキでした。
エリオットがカエルを逃がすのもいい。どさくさに紛れて好きな女の子にキスしちゃうシーンなんか、可愛くて大好きです。妹の機転で、ハロウィーンのおばけに扮装したE.T.がよちよち歩くのも可愛いし。
母親が読んであげていた「ピーターパン」のティンカーベルが生き返るお話が、冷たくなったE.T.がエリオットの「大好きだよ…」という言葉で蘇るところで利いてくるのもニクイ。
兄妹がいい子すぎるのと、母親の影が薄いのがちょっと気になったけれど、それでも観てよかったと思える作品でした。
というわけで、どうしても描きたいあのシーンで締めたいと思います。

E.T.2
関連記事
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」観た
「宇宙戦争(2005)」観ました

映画「宇宙戦争(2005)」観ました

宇宙戦争(2005)
製作:アメリカ’05
原題:WAR OF THE WORLDS
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:H・G・ウェルズ
ジャンル:★SFパニック/ドラマ/サスペンス

【あらすじ】港湾労働者のレイは、別れた妻との子供ロビーとレイチェルを預るが、ふたりとの間には深い溝ができていた。翌朝、謎の光が連続で落ち、地面から殺人マシーン「トライポッド」が現れ攻撃を始める。彼は2人を連れて車で逃げ出すが…。

思ったよりぜんぜん面白くて、最後までハラハラしながら観れました。
レイチェル役の子は上手いですね。あまり演技の良し悪しとか分からないんですが、父親との距離感とかヒステリーになった時の表情とか、迫真の演技だったと思います。
CGもきれいで気にならなかったし、パニックに陥った集団の怖さなんかもでていて良かったです。あと、最初の”棘”がオチの伏線になってるとことか。
何より主人公がヒーローじゃないところがリアルでいいです。
まあ、いくつか気になった点はあるんですが、最近新しい映画となるとつい粗さがしをしている気がするので、今日は思いっきり想像力を働かせて好意的に解釈してみようと思います。

→ネタバレ全開です!

.