スタンリー・キューブリックタグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」観た

博士の異常な愛情
製作:イギリス/アメリカ’64
原題:DR. STRANGELOVE: OR HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BOMB
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ピーター・ジョージ
ジャンル:★サスペンス/コメディ

【あらすじ】米軍基地の司令官が、突然ソ連の核基地の爆撃命令を出す。米大統領とソ連首相は電話で協議し、爆撃機に引き返すよう命じる。しかし、迎撃により無線を破壊された一機が目標に向かって直進し…。

久し振りに観たら、前に観た時はぜんぜんわからず★をつけてたんだなぁと呆れてしまいました。まあ、再見したい、してもいい作品に★つけてるから、これは”再見したい”方だったのかな。
まず驚いたのが、主人公をマンドレイク大佐だと思い込んでた上に、最終的に彼がイカレてリッパー将軍の遺志を継いだと思い込んでたという。何の映画を観たんだ、あんなにまともな人を!(笑)
超カッコイイけどイカレた将軍に対して、刺激しないように言葉を選んで健気に説得してましたよね~。電話が繋がらなかったり、コインが足りなかったり、この世が終わるかどうかの瀬戸際なのに笑えてしまう。脂汗を浮かべて頑張る姿が愛おしいです。
一方、邦題の博士についても忘れてたんだけど、観てたらすぐさま記憶が蘇ってきました。登場している時間は少なくても、確かにタイトルになるだけの存在感です。
でも、今度は邦題の意図がわからなくて、もやもや。今調べたら、監督が原題か直訳しか許さん!と言ったけど、「Dr.ストレンジラブ」じゃ観てもらえないからと、直訳という制約を逆手にとってこのタイトルにしたという事でした。さすがだね!
また、ゆるすぎる米政府首脳に対し、命がけで祖国を守り責任を全うしようと頑張る爆撃機パイロットが切ない。核爆弾にカウボーイのようにまたがりはしゃぎながら落ちていくシーンも泣けました。
映画を観終わって、最後に大佐と博士と大統領をピーター・セラーズが演じていたとわかってビックリ。全く気付かなかったよ!

関連記事
「現金(げんなま)に体を張れ」観ました

映画「現金(げんなま)に体を張れ」観ました

現金(げんなま)に体を張れ
製作:アメリカ’56
原題:THE KILLING
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ライオネル・ホワイト
ジャンル:★犯罪/サスペンス

出所したばかりのジョニーは、さっそく競馬場の売上金強奪という大仕事に乗り出す。信用の置ける仲間を集め、周到な準備の末、いよいよ決行の時が。計画は予定通りに進められるが…。

今年初の映画感想はこちらになりました。といっても、観たのは年末だけど。
これは面白かったです。テンポもいいし、「地下室のメロディー」と似てるなぁと思いながら観てました。あちらはギャバン&奥さんの魅力と、ラストの余韻が好きだったのに対し、こちらはイラストの男&奥さんの魅力と、計画が進行していく小気味よさが素晴らしかったです。…主人公のジョニーとやらは、彼にぞっこんの恋人が利用されてるように見えて好きになれなかったし、顔が覚えられなくて印象に残ってないですね(笑)
他にも、仲間の誰がどんな役割を果たしているのかいまいち把握できなかったり、狙撃の男が駐車場で銃を構えた時にはそれはないだろと思ったりもしましたが、しだいに計画の全貌が明らかになっていく展開には手に汗握りました。
やはり、計画の不安要素である夫婦が面白かったです。いや、旦那さんは可哀そうだったけど、奥さんの悪妻っぷりが見事で。金の匂いを嗅ぎつけて、普段は絶対に言わないような言葉や態度で、計画を聞きだそうとする姿が滑稽で醜悪。あれだけ意図がはっきりしているのにそれにひっかかる一途な旦那は、ある意味可愛かったです。
わたし的にラストは「地下室~」が好きなので、この作品で一番アッと言わされたのは、彼ひとりで状況を覆したあの瞬間ですね。奥さんにも見せてやりたかった!

関連記事
「博士の異常な愛情」観た
「フルメタル・ジャケット」感想

映画「フルメタル・ジャケット」感想

フルメタル・ジャケット
製作:アメリカ’87
原題:FULL METAL JACKET
監督:スタンリー・キューブリック
原作:グスタフ・ハスフォード
ジャンル:ドラマ/戦争

【あらすじ】海兵隊新兵訓練所。入隊してきた若者たちを待ち受けていたのは、情け容赦ないハートマン教官による”殺人マシーン”になるための過酷な訓練の日々だった。目をつけられた新兵パイルは、強烈なしごきにやがて精神に異常をきたし…。

海兵隊訓練所を描いた前半が凄かったですね。軍曹が普段聞かないような単語でまくし立てて内容を理解する暇がなかったけど、冒頭30分くらい訓練生の私的時間シーンがないので、凄まじい威圧感は伝わってきました。
その上、どんくさい”微笑みデブ”のせいで他の訓練生が罰を受けるようになってからは、募っていく不満が無言のうちにひしひしと伝わってきて不気味。
表情が一変してしまった”微笑みデブ”にもゾッとします。

ベトナムを舞台に移した後半は、なんというか自分でもびっくりするほど何も感じませんでした。不快感も興奮も恐怖も悲哀もなんにもないんですよね。あえて言うなら虚しさはあったかも?
まあ、わたしの精神状態がたまたまそんな感じだったのかもしれませんが(二日に分けて鑑賞)、わたしにはまだ早かったかなぁと思いながら観ました。
いちおう印象に残ったのは、ヘリからベトナム人を無差別に撃っていた男が、「よく女子供を撃てるな」と言われ「簡単だ、動きが遅いからな。戦争は地獄だ!」と答えていたこと。過去を忘れたかのように陽気に振舞っていたジョーカーが、胸に平和のバッヂ、帽子に「Born to kill」とあることを指摘され、”人間の二面性”だと答えたこと。あとは、ラストのミッキーマウス・クラブを歌いながらの行進ですね。
”微笑みデブ”がおかしくなった時も、軍曹が「ミッキーマウス・クラブのお祝いか?」と怒鳴ってたけど、なんでミッキー?

そんなこんなで、この作品をどう捉えどう受け止めればいいのかわからないまま観終えてしまったんですが、知らず知らずのうちに胸に重くのしかかるものが…。
今のところ、好きか嫌いかもわからない作品なので、気が向いたらまた観てみたいです。
ちなみに、タイトルのフルメタルジャケットとは鉛弾頭を銅合金などで覆った弾頭”完全被徹甲弾”のことで、心まで冷たい金属で覆われてしまった兵士のことも指してるとかなんとか…。

関連記事
「現金(げんなま)に体を張れ」観ました
「2010年」「2001年宇宙の旅」まとめて観た

「2010年」「2001年宇宙の旅」まとめて観た

2010年

『2010年:2010』

1984年アメリカ、ピーター・ハイアムズ/アーサー・C・クラーク
はい、まずは先に観た続編(って言っていいのかな?)の感想です。ややネタバレあり!
よかったです。わかりやすいし、HAL暴走の原因が明かされます。
いや、なんかもう、私ってば思ってたよりHALのこと大好きだったみたいなんですよね。原因が結局のところ人間のミスだったとわかりほっとする一方で、HALの苦悩を思い胸が痛みました。
再びHALの反応でハラハラするシーンでも、HALなら大丈夫!と心から信じられましたし。彼の「真実をありがとう」の言葉には涙がぽろぽろこぼれました。
全体的な印象としては、前作や原作を大事にしつつ真似っこにはなってないという感じ。ただ、ソ連との政治的な緊張が描かれているために、時代を感じる作品になってしまいました。
2001年宇宙の旅

『2001年宇宙の旅 2001:A SPACE ODYSSEY』

1968年アメリカ/イギリス、スタンリー・キューブリック/アーサー・C・クラーク
先に謝っておきますが、意気込んで観たくせに最初の50分と最後の30分意識飛んでました。つまり、HALが出てるところ以外は全滅です。キューブリック監督…ごめんなさい。
前に観た時も概ねそんな感じだった…というか、むしろ前回のほうがちゃんと観れたかもしれません。もう、HAL愛に目覚めてしまったので、彼が出てるシーンはめっちゃ集中して涙こらえて観てたんですが、壮大な宇宙とモノリスには1mmも興味持てなかったです。
よくよく考えてみると、昔からわたしは、”地球から見た空”や”宇宙から見た地球”の映像には感動しても、宇宙空間の映像には(キレイとは思っても)興味はゼロだったかもしれない。あとクラシック曲は、演奏の様子が見れれば好きだけど、そうでない場合は苦手なんですよね。ピコピコ電子音は神経に障るし…。ただ、完璧主義者のキューブリック監督にとってモノリスは美しい存在なんだろうなぁとぼんやり思いました。
「観る資格がない」と怒られても仕方がないですが、宇宙の旅って、どこかに着陸しないと私には退屈でしかないみたいです。普通のSFでも観ようかな…?

関連記事
「フルメタル・ジャケット」感想
「バリー・リンドン」観ました
「カプリコン・1」観ました(ピーター・ハイアムズ監督)

第1回ブログDEロードショー「2001年 宇宙の旅」

製作:イギリス/アメリカ’68年
原題:2001: A SPACE ODYSSEY
監督:スタンリー・キューブリック
開催:2009/7/31~8/2
2001年宇宙の旅
記念すべき”ブログでロードショー”第1回目の作品。
「映画鑑賞の記録」のmiriさんの「2001年宇宙の旅」の記事に「シネマ・イラストレイテッド」のMardigrasさんがコメントしたのをきっかけに、「お互い再見したいけど、なかなか出来ない」「それなら一緒に見ませんか?」という話しになり、「せっかくだから、2人だけではなく、皆さんをお誘いしましょう~!」という事で始まりました。

企画内容の詳細については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

映画「バリー・リンドン」観ました

バリー・リンドン
キスシーンより、触れる直前くらいが画的に好き。
製作:イギリス’75
原題:BARRY LYNDON
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ウィリアム・メイクピース・サッカレー
ジャンル:★ドラマ/歴史劇

【あらすじ】18世紀アイルランド。恋敵の英国将校に決闘を申し込み、相手を殺したと思い込みダブリンへ身を隠すことになったレドモンド。途中追い剥ぎに遭い、やむなく英軍に志願するのだった。その後も運命に翻弄されながら、やがて英国貴族にのし上がり…。

なんとな~く観始めたんですが、主人公が魅力的でもなく淡々としたストーリーなのにも関わらず、いつの間にか引き込まれていました。淡々としたのが結構好きなのもあるんですが、何よりこの時代が忠実に再現されているというのが素人の私にも何となく分かってしまう凄さ。そして空気のにおいまで伝わってきそうな映像美。…時間を忘れてしまいます。

面白かったのが、この時代流の”何でもかんでも決闘で解決しようとして、あまつさえ撃つ順番までコイントスで決めてしまう”滑稽さ。あからさまにビビッてるのに、プライドのために決闘を受けたり申し込んだり…しかも、後先考えてないから一体何をしたいのやら。
あとは貴族の間で流行っていた”つけぼくろ”が再現されていて驚きました。
部屋中の男女が白い顔に2コ以上ほくろをつけている様子は、はっきり言ってかっこ悪いのを通り越して不気味です
調べてみたら、つける位置によって意味があるんですね。面白いのでまとめてみました。

  • 額:威厳
  • 目元 : 情熱
  • 笑い皺の上 : 陽気
  • 頬 : 粋な洗練(英国男性の場合、左頬は“王党派”右は“中立派”)
  • 上唇の上 : キスの許し
  • 下唇の下 : 慎み
  • あごのふち : 謙虚

ビジュアルより時代考証を重視するなんて凄いなぁと思っていたら、監督がスタンリー・キューブリックだと後で知りました。納得です。

.