にゃんこタグを含むお薦め映画

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「スネーキーモンキー/蛇拳」観た

 | アクション  com(6) 
Tag:香港 にゃんこ 

スネーキーモンキー/蛇拳
原題:蛇形刀手/SNAKE IN THE EAGLE'S SHADOW
製作:香港’76 96分
監督:ユエン・ウーピン
ジャンル:★アクション

【あらすじ】道場でこき使われてばかりいる青年・簡福は、ひょんなことから知り合った老人と仲良くなる。老人はすぐに去ってしまったが、彼が残したヒントをもとに簡福は拳法の練習を始めるのだった。しかし、やがて最後の蛇拳使いである老人を狙って刺客が現れ…。

久しぶりに再見したら、なんか敵の鷹爪拳使いが桃白白みたいで、もしかして鳥山さん、この映画のファン?と思ったり。なんで初見時には気付かなかったんだろー。
内容は「酔拳」とほとんど変わらない気がしたけど、蛇拳使いのじいちゃんが型を伝えるために足跡を残していて、ジャッキーがそれを見て必死にじいちゃんの動きを思い出して一人で練習するくだりが痺れます。道場の遣いっ走りをさせられながらも、時間のある時はひたすら足の動きをなぞって、だんだんと動きがキレッキレになっていくんですよね。
卵を使った修行のくだりも懐かしくて、手の動きがちゃんと蛇の動きに見えます。
修行シーンはいつもさらっと流しているのに、意外とそういうところがカンフー映画の一番カッコいいところなんだなぁと改めて気付かされました。

それにしても、タイトルは蛇拳なのに、最終的には猫拳(正式名は覚えてない)だったよ!
猫と蛇の戦いのシーンが思ったより長くて、ここだけドキュメンタリーのよう。可愛くて強いです。
この作品の主人公は、道場の師範に断りなく他所の拳法を教わり、師範がやられそうになったら老人との約束を破って蛇拳を使い、さらには勝手にアレンジしてオリジナル拳を完成させてしまうとは、なかなか見上げた根性してますね(笑)
まあ、武術とはこうやって進化していくものなんでしょう。

あと、「○○モンキー」というタイトルはどういう意味なんだろうと思っていたら、修道士のmonkからきてたのか。ネイティブなひとは、名詞にyをつけてなんでも形容詞みたいに使うことがあるみたいです。

映画「猫の恩返し」観ました

猫の恩返し
日’02 75分
森田宏幸/柊あおい
★ファンタジー/ドラマ

【あらすじ】助けた猫が猫の国の王子だったために、猫たちにはた迷惑な恩返しを受けることになった女子高生ハル。王子との結婚まで決められ困っていた時、突然”猫の事務所を探して”という不思議な声を聞き…。

可愛い。とにかくかわいいです。猫も可愛いけど、素直でまっすぐなハルが可愛い。ジブリヒロインに多い、近寄りがたいオーラがなくって、どこにでもいそうな元気で可愛い女の子って感じなのがいいんですよね。
猫と結婚させられそうになって「嫌だー」とか言ってたのに、バロンと出会って第一声が「カッコいい」(笑)
その後もバロンにときめいているんだけど、彼女の言う通りバロンがカッコよすぎるのでぜんぜん不自然に感じません。
しかも、猫化してからもハルはハルで可愛いんですよ。あのヘンタイ王が執心するのも頷けます。

これを書いているのが「耳をすませば」の雫っていうのも、またいいじゃないですか。バロンが生き生き描かれているのも、彼が雫ちゃんのミューズ、もといイマジネーションの源だから当然。彼が登場するシリーズのうちの一作品なのかな~とか、雫ちゃんめっちゃネコ好きだなあとか、もう小説家としてデビューしたのかなぁとか、想いを馳せつつ観たので2作品同時に楽しんだ感じです。

あと、猫の国ののんびりした雰囲気と、ここぞという時に頼れるムタやトト、意外とまともな王様の側近さんのキャラなども良かったです。
あ、猫の国の王子は山田孝之さんが声をやってたんですね。気付かなかった。
終盤のカラスたちの階段を下りていくシーンはさすがジブリという感じで躍動感あったし、去り際のバロンがまたカッコいいし、髪を切ったハルちゃんが可愛くて大満足でした。好きです。

映画「ベイマックス」観た

 | アニメ/人形アニメ  com(2) 
Tag:にゃんこ 

ベイマックス
原題:BIG HERO 6
製作:アメリカ’2014 102分
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
ジャンル:アドベンチャー/コメディ/ファミリー

【あらすじ】幼くして両親を亡くし、兄タダシと叔母キャスのもとで育った天才少年ヒロ。兄の通う最先端のロボット研究を行えると喜んでいた矢先、兄を謎の爆発事故で失う。心を閉ざすヒロだったが、タダシが作ったケア・ロボット“ベイマックス”が彼を癒そうと動き出し…。

映像が素晴らしかったです。
近未来の世界にもすんなり入っていける登場人物たちの生き生きした様子に心を鷲掴み。
さらにぽよぽよしたベイマックスの可愛いことと言ったら。普段は箱型に収納されていて、助けを求める声を聞きつけると膨らんでぽよぽよ歩いてくるんですよ。寒い時は内部のヒーターを稼働して抱き着くところも素敵。
憎しみに染まりそうになるヒロに、タダシの想いを伝える展開も感動的でした。

…ただ、それらが素晴らしいだけに細かいところがちょこっと引っかかってしまったり。
兄の死の真相を知ってからのヒロの明るさに違和感を覚えたり(テンションが上がるのはわかるんだけど楽しそうすぎて…)、序盤の科学オタクたちの作るものが明らかに兵器寄りだったり。
あと、バッテリー問題はいつ解決したんだろうとか、ラストのカードを抜いたら動けないのではとか…。
オンエアを観たのでカットされてた可能性もありますが、いまいち乗り切れませんでした。
でも、まん丸にゃんこが可愛かったので続編があったら観ます!

岩合光昭の世界ネコ歩き「チェコ」

 | TV番組  com(4) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「チェコ」1
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
風邪ひきました!
コメント返信は回復してからさせていただきますね~。

今年最後の締めくくりは「ネコ歩き」ですね~。みなさんよいお年を。
本当はもう一本、映画の記事があるんだけど間に合わなかったので明日か明後日にでも。
チェコのにゃんこは、メルヘンな街並みにピッタリの丸っこいお顔が多かったです。
狩りをする時の鋭い眼光とのギャップがたまらん。

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「スリランカ」

 | TV番組  com(0) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「スリランカ」1
今回のネコ歩きはスリランカでした。
岩合さんも言ってたけど、小柄なにゃんこが多かったです。引き締まった身体で運動能力は高い様子。
象さんの水飲み場でも我が物顔で過ごしてました。象はネズミが苦手だというから、実はにゃんこと仲良しだったり?
あと鳴き声が可愛かったです。お経を唱えているお坊さんがいっぱいいるから真似しているのかな~。
前にも、歩きながらみゃおみゃお鳴いてるにゃんこがいた気がする…。

→Read More

映画「となりのトトロ」観ました

となりのトトロ
製作:日本’88 88分
監督・原作:宮崎駿
ジャンル:★ファンタジー/ファミリー/ドラマ

【あらすじ】考古学者の父に連れられ、母がいる病院近くのぼろ家に越してきたサツキとメイの姉妹。となりには山の様にそびえるクスノキの森があった。彼女たちはやがて、不思議な生き物トトロと出会う。

音楽映画祭3本目。当時は「さんぽ」がしつこく流れていたせいで、この曲は嫌いだったりします。そのせいで、この作品自体もあまり再見する気が起きなかったんですよね~。トトロ自体は可愛いと思っていたし、ネコバスには一度でいいから乗ってみたいと思っていたので、今回いい機会だと思って再見することに。
…思ってたよりぜんぜん楽しめました。優しくノスタルジックでファンタジックな世界が完成されています。サツキとメイも純真で健気で強い子で、後半はホロリとさせられました。

でも、個人的にはやはりネコバスですね!
人間がつくった道なんて気にせず風のように駆け抜けて、行きたいところに連れて行ってくれるナイスなにゃんこです。メイを見つけるだけでなく、言わなくてもお母さんの所へ連れて行ってくれるところなんて感動的!
メイを案じて裸足で走ったサツキや、疲労困憊していたメイも、ネコバスのふわふわで温かい背中に乗せてもらって、気持ちいい風を感じながら心も体も癒されたと思います。うらやましい…。
チェシャ猫を思わせるお顔で親しみも湧いたし、そういえばメイやサツキは木の根の間の穴に落ちていったシーンもあって、これは「不思議の国のアリス」をモチーフにした作品だったのか~と今更気付いたり。

あと、サツキに一目惚れ?した少年のことは再見するまですっかり忘れていて、素直になれないところや、やっとのことでサツキに傘を貸すことができて、今までの悪い印象を払拭できたと一人で喜んでいるところなんかがすごく可愛いかったです。
…それと、どうでもいいけど子供と暮らすなら腐った柱はさっさと修理してほしいと思いました(汗)

関連記事
「風の谷のナウシカ」観ました
「風立ちぬ(2013)」観ました

岩合光昭の世界ネコ歩き「イングランド」

 | TV番組  com(0) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「イングランド」1
映画ブログなのに、懲りずにネコ歩きの記事です。
イングランドのにゃんこは、自然が多いせいか野性味あふれる子が多かったですね~。狩りが上手だし、木登りどころか、崖みたいなところをひょいひょい登ったり。
全猫ではないものの、実は一人で生きていけるけど人間に構ってあげてるみたいな感じでした(笑)

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「ニューヨーク」

 | TV番組  com(2) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「ニューヨーク」
9月末にやってたネコ歩きです。記事にするのがちょっと遅くなったせいで、来週には10月の分を記事にするかも。
ニューヨークのにゃんこたちは、人に慣れてましたね。お店やオフィスで飼われている子が多く紹介されていていたせいでしょうか。リードを付けてセントラルパークをお散歩するにゃんこもいて、都会って感じです。
3匹の仔猫も出てきたんだけど、その子たちはすごく不安げで、もしかして親がいないのを引き取られたのかなぁと思ったり(眠かっただけ?)。
全体的に、目が印象的なにゃんこが多かった気がします。
あと、女の子のパンチラが映りそうになって危なかったです(笑)

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「アムステルダム」

 | TV番組  com(2) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「アムステルダム」
肝試し企画で後回しにしていたネコ歩きです。
まあ、コレクションを増やしてるだけだから、記事をアップするタイミングなんて関係ありませんが。
明日は見逃していた「ベトナム・ハノイ」があるし、次はその記事かも(笑)
ちなみに私は「アムステルダム」と聞くと映画「アムステルダム無情」を思い出します。

それより岩合さん!タイトルなのに猫が映っていませんぞ!?

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「モロッコ~海と山と」

 | TV番組  com(2) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「モロッコ 海と山と」1
映画の記事を書く予定はあるんですけど、暑くて絵を描く気にならないので、ネコ歩きの再放送でも。
2012年放送だったっけな?
もうそんなにやってるんですね~。懐かしかったです。
モロッコのにゃんこ(大人)たちは、野良の仔猫がいるとちゃんと面倒みてくれるので、見ていて心癒されます。今回だけで、3匹くらいの仔猫が面倒見てもらってたので、本当に日常茶飯事なんだと思います。
きっと、モロッコの人たちがにゃんこ(サソリや蛇を倒すガーディアン)を大事にしているから、というのもあるんでしょうね~。

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「リオデジャネイロ」

 | TV番組  com(4) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「リオデジャネイロ」1
今回はリオデジャネイロのにゃんこたちでした。
このデーンと座って監視しているのは、”ビーチの王様”と呼ばれるにゃんこ。コパカバーナ(?)ビーチの名物にゃんこらしいです。
ここに遊びに来るのが大好きだけど、ぜんぜん動かない(笑)
飼い主が持ち運んでいたりするし、背もたれにしている砂山も飼い主が作ってあげてると思うから、デブにゃんになるべくしてなった感じ。
ブラジルの人たちに似たのか人懐っこい猫が多く、にゃーんにゃーんと人間に話しかけるにゃんこもいて可愛かったです。

→Read More

岩合光昭の世界ネコ歩き「ラトビア」

 | TV番組  com(0) 
Tag:にゃんこ 

岩合光昭の世界ネコ歩き「ラトビア」1
今回はラトビア。
寒い地方らしく、長毛のにゃんこが多かったです。
あと、何故か鳴かない子が多かったですね。寒くて中に入れてほしいのに、鳴かずにじっと待つにゃんこ…。忍耐強さを発揮するシーンを間違えてます。
結局、鳴き声が聞けたのは終盤に出てきたオレンジのにゃんこだけだったような。
ちょっと寂しい。

→Read More

岩合光明の世界ネコ歩き「クロアチア」

 | TV番組  com(0) 
Tag:にゃんこ 

岩合光明の世界ネコ歩き「クロアチア」1
クロアチアと聞いても、どんな場所かイメージできなかったんですが、すごく美しい場所ですね~。
車が入ってこないため街中でにゃんこがのんびり過ごしているし、街から少し離れれば妖精が出てきそうな自然豊かな風景が。映画のワンシーンみたいな画が多かったです。
街の人たちもにゃんこが大好きで、にゃんこたちも幸せそうでした。

→Read More

映画「アラクノフォビア」観た

 | ホラー/パニック  com(2) 
Tag:にゃんこ 

アラクノフォビア
原題:ARACHNOPHOBIA
製作:アメリカ’90 109分
監督:フランク・マーシャル
原作:ドン・ジャコビー、アル・ウィリアムズ
ジャンル:★パニック/ホラー/コメディ

【あらすじ】南米で化学探検隊の一人が新種の猛毒グモに刺され死亡する。遺体は故郷カリフォルニア郊外の町へ運ばれるが、同時に毒蜘蛛も連れてきてしまうのだった。一方、その町に家族と越してきた医者のロスは、蜘蛛を見ると体が硬直してしまうほどのクモ恐怖症(アラクノフォビア)で…。

どこか、のんびりしたパニックホラー・コメディ。クモや昆虫が嫌いな人以外なら、怖いのが苦手な人でも楽しめると思います。ホラーに慣れてる人だと物足りないかもしれないけど、犬猫好きならハラハラできるよ!
モンスターみたいな蜘蛛は出てこない代わりに、SFXによるリアルすぎる蜘蛛がたくさん登場。実際にいそうな大きさの蜘蛛が、わらわらと家の中にわいてくる(密集はしてないのがまたリアル)のは、実際に起こりえそうで生理的嫌悪感を掻き立てます。
シリアルの中に毒蜘蛛が潜んでいたり、トイレや入浴、就寝中に忍び寄ってきたり…。小さいからこそ存在を悟られにくく、「あぶなーい!」というシーンが何度もあって最後までダレなかったです。
それでいて「ジュラシック・パーク」シリーズよりは怖くないし、笑えるシーンもあるので気楽に見られました。

クモ恐怖症の主人公がなかなかいいキャラしてるんですよ。息子が「蜘蛛こわーい!」と言ってきたら、「これから田舎で暮らすんだから蜘蛛くらいに怖がってちゃダメだぞ!」と言いつつ、次の瞬間には「よし、お母さんを呼んで倒してもらおう」です(笑)
しかも、奥さんがやってきて蜘蛛と対峙するのを、後ろの方で不安そうに眺めているという…。息子よりヘタレ!
まあ、奥さんとラブラブなので、励まされれば”納屋の美しい巨大蜘蛛の巣”を見に行くくらいの勇気はあるんですが。

そんなタイトル通りのクモ恐怖症なだけでなく、やたらとついてないのがこの主人公。
田舎の町医者が引退すると聞いてわざわざ引っ越してきたのに、急に引退はやめたと言い出すし、患者は来ないし、患者第一号は変死するし…。しかも、町医者に医療ミスだと因縁をつけられ、行く先々で不審死に立ち会ったために「死神先生」と子供たちに呼ばれる始末。
その後も、買った家の床が腐りかけていると発覚したり、蜘蛛嫌いなのに猛毒の蜘蛛と戦わなきゃいけなくなったり、その過程でワインセラーとワインコレクションが壊れたり、不幸の連続でした。
ラスボスとの闘いでは、タガが外れて「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~!」みたいな状態になってるし(笑)
家族で「ドク・ハリウッド」らしき映画を見ているシーンがあって、田舎に憧れてやって来たみたいだったのに…ホロリ。

その他、真っ先に死にそうな人が案外生き残ったり、大活躍したり、無事だろうと思った人物が普通に無事だったり、気づかないうちに毒蜘蛛を潰してたり、割と安心して見られる小品でした。
ぬるすぎてつまらないと思う人もいそうだけど、蜘蛛好きなので個人的にはお気に入りです♪

関連記事
「コンゴ」観た
.