忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「カムバック!」観ました

 | コメディ  com(0) 
Tag:イギリス 

カムバック!
原題:CUBAN FURY
製作:イギリス’2014 98分
監督:ジェームズ・グリフィス
ジャンル:★コメディ

【あらすじ】元天才少年サルサダンサー、ブルースは決勝直前に起こったイジメ事件をきっかけにサルサと決別する。25年後、冴えない太った中年サラリーマンとなった彼は、赴任してきた美人上司ジュリアに一目惚れ。彼女がサルサに夢中だと知り、これは運命だとサルサを再び踊る決意をし…。

元サルサの天才少年ダンサーだったブルースが、恋をきっかけに過去のトラウマを乗り越えて、中年太りにも負けずサルサの情熱を取り戻すお話。
恋がきっかけというのが可愛いんですが、一生懸命頑張ったのに彼女とはダメだったということになっても、サルサと仲間たちのおかげで立ち直れるという流れがとても好きです。
きっとサルサを頑張っていなかったら、彼女に選んでもらえなかった自分はダメ人間だと凹んでたと思います。でも、今の彼はサルサを踊ることができて、他人に評価されなくても自分自身を評価できる。それに妹や恩師、友人たちがいて、嫌な同僚をサルサでぎゃふんと言わせることができた。それで十分だし、成功がゴールという描かれ方ではないんです。
いちおう最後は恋もダンスも成功することがわかるんですが、ほとんどオマケのような描かれ方で、まさに「成功がついてきた」という感じ。本編ではやっと彼女と同じステージに上がれたという段階までで、ハリウッド映画のようにキスで終わらないんですよね。

だいたい、一番印象に残るダンスシーンが女性との色っぽいサルサではなく、駐車場で同僚とのダンス対決って(笑)
このダンス対決が本当に最高で、ギャラリーがいないから判定をどう行っているのか分からないにもかかわらず、二人の間ではしっかり攻守や優劣がわかっていて、見ている方もなんか納得できてしまいます。
あの巨体で華麗な足さばき、そしてリフトなどの技を駆使して決闘シーンを演出しており、バック転した時なんて「おぉ!」と声をあげてしまいました。もうこのシーンだけで永久保存決定ですよ。
途中で通り過ぎた車のドライバーに「なんだこいつら…」という白い目で見られるという笑いも忘れずに入れてきて、見ごたえある決闘でした。

あと、「男がサルサなんて」と引き気味だった友人と楽しそうに練習をするところや、ゲイっぽいサルサ仲間との友情もほっこりできて楽しかったです。かつてのサルサパートナーである妹と超仲良しなところも微笑ましいし。
気分よく見られる、かなりとっつきやすい部類のブリティッシュコメディでした。

SSL化が完了しました

環境設定からSSL化を有効にするとSSL化できるようになったので、さっそく有効にしてみました。
ちょこちょこ準備してあったので、なんとか全ページ緑の鍵マーク(鍵というか錠前。Edgeだと灰色です)のがついていることを確認するところまで完了。SSL化するまでと外してあったコメント欄のパスワードも復活させてます。

ただ、個別記事の下に表示していた関連記事のサムネイルが何故かhttpで始まっていて、混在コンテンツとして鍵に注意マークが表示されてしまったので、修正されるまで外すことにしました。最新記事のサムネはちゃんとなってたから、たぶん運営の人がうっかりしてるんだよね?9/23に確認したら直ってました。というか、SSL化した直後だったせいかも?

SSL化するかしないかは個人の自由みたいですが、いちおう天下のぐーぐる先生が推奨しているし、ChromeやFirefoxではSSL化してないページに警告を出したりと厳しくなっていくと思うので、時間のある時にやっておいた方がいいと思います。でも、一通り修正箇所がないかチェックしてからが安全でしょうね~。
というわけで、私がチェックした部分をメモしておきます。(あくまで私が万全を期してやったことなので、やらなくても案外大丈夫です)

◆SSL化前にチェックしたこと◆

  • 1、httpで始まっているfc2ブログ以外の画像の削除、もしくは張り替え修正(広告やcssスプライトなど)
  • 2、古い動画の埋め込みを貼り替え、もしくは削除してテキストリンクに変更
  • 3、拍手や投票フォーム、ソーシャルボタンなどのタグを新しいものに貼り換え(SSLに対応していない場合は、代替サービスを探すか削除してください)
  • 4、テンプレの編集画面で「http」をページ内検索。「blog-imgs-○○」などfc2の画像サーバーに置いてあるもの以外で、jsファイルやcssファイルがあるならSSLに対応していないかチェック。対応していなかったらそれらのファイルをDLしてfc2の画像サーバーにアップ。わからないものは触らない。
  • 5、(SSL化してから気付いたけど)最新記事のサムネを表示する変数を最新のものに変更(テンプレ編集画面の「テンプレート中に使える変数一覧」にある「記事内の画像をサムネイル画像として表示」の大小どちらか)もしかしたらサムネ付き最新記事一覧のプラグインを登録し直せば最新版になるかも?

◆SSL化後にやったこと◆

  • 1、ランキングサイトやサーチコンソール(ウェブマスターツール)などの登録情報の修正。サーチコンソールはプロパティ追加で別のサイトとして登録し直します。アナリティクスは簡単に修正できるらしい。
  • 2、サムネ付き関連記事の一時撤去直ったので復活
  • 3、コメント欄のパスワード復活
  • 4、ブログ内検索をfc2プラグインに戻しました(google検索の修正がめんどくさかったので)
  • 5、最新の個別記事からひたすら過去記事にさかのぼって全ページチェック。緑の鍵が表示されていなくて原因不明の場合は、F12を押してブラウザのデベロッパーツールのコンソールタブから原因がわかります。

一言映画感想(9/11~9/19)

 | まとめ感想  com(8) 

「環境設定」→「ブログの設定」→「SSL設定」に「サーバー番号が付いたブログURLをご利用中の場合は、サーバー番号の付かないURLに変更されます」ってあるんだけど、それって内部リンクどうなるの…?(たぶんリダイレクトされるので大丈夫です)

9/19「スティールシャークス」

劇場未公開作品&B級の割にちゃんと作られていた気がします。周りがうるさくて集中できなかったけど…。特殊部隊が誘拐された科学者を救出しに行って、旧ソ連軍の潜水艦から脱出するお話。ミリタリー好き、派手なドンパチが好きな人向けかな。

9/19「美女と野獣/ベルのファンタジーワールド」

呪いが解ける前の追加エピソード集みたいな。わがままな野獣が悪い子の見本みたいになっていて、こうした方がいいよ、みんな楽しい気分になるよという教訓を含んだエピソードになっています。面白さは二の次。時計さんの声がポワロさんのひとでした。

9/16「ピクセル」

どうにもこうにも「同じ顔だから好きになる」流れが受け付けないんだよねぇ。コロンバス監督に苦手意識を持つきっかけになった作品はそれでした。今回はオチとして使われてるけど、ホント笑えない。言うほどレトロゲーム愛も感じられなかったし。それにゲームに強いからって実戦で強いわけないので違和感。遠隔操作で実際のゲーム画面から戦うようにすればよかったのに。元となった短編動画はそれだけで完成していたのでは…と思ってしまいました。

9/12「マリリン 7日間の恋」

声とかぜんぜん違うのにちゃんとマリリンが重なり俳優ってすごいなと思いました。内容的にはどこまでホントかわからないけど、割とありそうなロマンス展開でコリン役の俳優さんも初々しい青年を好演してます。マリリンのこういう面を見ると、包容力のある裏表のない男性と結婚して数年ハリウッドから離れていれば、メンタル面も安定してたんじゃないかなぁと思ったりしました。まあ、マスコミが追いかけてきそうですが…。「王子と踊り子」は苦手なものの、踊ってるシーンはまた見てみたいです。

9/11「地獄の戦場(1950)」

「西部戦線異状なし」の監督の作品。敵が日本軍なので、あまり日本じゃ見られてないのかな?日本軍の描き方は他と比べると、わりとまともだったと思う。アメリカ軍が火炎放射器?で日本兵を焼き殺していくシーンの方が印象的…。序盤から、元教師が元教え子を勇気付けて戦場へ送り出さなければならないのが切ない。登場人物は比較的見分けやすかったし、戦場での兵士たちの動きがよくわかった。ボクサーの人が、いつか自分のマネージャーにと思っていた若者を誤射してしまうくだりは泣ける。

映画「ディープ・ブルー(1999)」観た

 | ホラー/パニック  com(2) 

ディープ・ブルー(1999)
原題:DEEP BLUE SEA
製作:アメリカ’99 104分
監督:レニー・ハーリン
ジャンル:★スリラー/SFパニック

【あらすじ】太平洋上ににある巨大な海洋医学研究施設アクアティカでは、サメの脳組織からアルツハイマー治療薬を製造する研究が進められていた。だが研究を急ぐあまり、責任者であるスーザン博士はDNA操作によってサメの脳を大きくする。それによって高度な知能を持つ巨大サメが襲い掛かってきて…。

これ好きなんですよね~。サメ映画と密室脱出系パニック映画を足したようなB級パニック作品!
この手の作品のお約束を無視してあえて突っ走るところや、緊迫シーンで笑いを取ろうとする姿勢が好きです。これぞB級。

サメさんの食いつきっぷりもよかったし、DNA操作で巨大化・高知能化したサメなので、いい具合に主人公たちを追い詰めていってくれます。おかげで水没&崩壊しつつある研究施設から脱出するシーンは「ポセイドン・アドベンチャー」みたいでハラハラできたし、サメとの対決もあって緊張感を持続させてました。
あと、黒人のコックさんがホント魅力的で、彼がいるだけでこの作品の好感度が3倍くらいにになってると思います。

とくに厨房でサメと対決するシーンがお気に入りです。ピンチなのに相棒のオウムを助けようとするし、それで水に投げ出されて必死にオーブンに逃げ込んだ時の「コックがオーブンで丸焼きなんて、何かの冗談ですか!神様!!」というような祈りが好き。思わず「神様じゃなくて監督or脚本家の仕業だよ」と教えてあげたくなりました(笑)
あと、ビデオカメラを見つけた時に家族にメッセージを残すところも彼らしさが出ていて大好きですね。色々悩んで、一番伝えたいことが「美味しいオムレツの作り方」というところが。
すごく良い人で死んでほしくないと思えるキャラなので、ピンチになるたびに必死に応援してしまいました。
ラストは思わぬ大活躍でカッコよかったです。因果応報な結末もスカッとしました。

関連記事
「マインドハンター」観た

映画「ジャッキー・ブラウン」観た

ジャッキー・ブラウン
原題:JACKIE BROWN
製作:アメリカ’97 155分
監督:クエンティン・タランティーノ
ジャンル:★ドラマ/犯罪

【あらすじ】フライトアテンダントの黒人女性ジャッキー・ブラウンは、密売人の売上金をメキシコからアメリカに運ぶ副業を持っていた。だがある日、捜査官に密売人オデール逮捕に協力するよう強要される。オデールは証拠隠滅のために彼女を保釈しようとするが、保釈屋マックスは彼女に好意を抱き…。

道を踏み外した中年女性が、保身とチャンスをつかむために捜査官や密売人の目を欺こうとする犯罪ドラマ。頭を使って相手を出し抜いているもののアッと驚く展開ではなく、間の抜けたところのある輩の運要素の強い駆け引きが描かれます。この手の犯罪ドラマと比べると色々とゆるいけど、それも許せてしまう可愛らしさがある作品でした。

まず、彼女を助ける保釈屋のおじさんが可愛いんですよ。ジャッキーを保釈して迎えに行ったら、留置場で過ごしたせいでお世辞にも美しいとはいいがたい彼女を一目見て目が離せなくなってしまうんですね。ベタながら「恋に落ちました!」という瞬間が胸キュンで、その時点でかなり好感度アップ。
自分を殺そうとした密売人よりも、刑務所に入って今度こそまともな職につけなくなることの方が怖いと話すジャッキーも、自業自得とはいえ憎めなくて、ついその行く末を見守りたくなりました。
あと、珍しくただの無能な子悪党の役を演じるデ・ニーロさんもいいですね。いつものオーラは抑えて淡々と演じてます。退場の仕方もあっけないし、このおっさん馬鹿だなーという印象しか残らない役なのにきちんと演じてました(笑)
地味ながら軽妙で味わいある作品だったと思います。

関連記事
「レザボア・ドッグス」観た
.