忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「モロッコ」観ました

 | ロマンス  com(4) 

モロッコ
ヒロインの持ってる人形が可愛かった。
製作:アメリカ’30
原題:MOROCCO
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
原作:ベノ・ヴィグニー
ジャンル:★ロマンス/ドラマ

【あらすじ】モロッコの酒場で出会い、外人部隊のプレイボーイ・トムと歌手のアミーは恋に落ちる。しかし、嫉妬した副官夫人が人を雇い彼を殺させようとし、返り討ちにしたためにトムは前線へ。出兵前夜、二人は逃げる約束をするが…。

ロマンスものと言えば真っ先に「めぐり逢い」が思い浮かぶんですが、今回それに優るとも劣らない作品に出会えました。
素直になれずすれ違う二人の愛の物語が素晴しかったのはもちろんの事、ライバルの富豪紳士が負けず劣らず輝いてます。
ヒロインがモロッコに来たとき船が一緒で、その時からずぅ~っと彼女を想い続ける富豪紳士なんですが、言い寄る男が多いのかヒロインは相手にしてくれません。
話しかけてもそっけなく、名刺を渡しても破り捨てられ、お店で再会しても相手にされず、目の前で若い兵士といちゃいちゃ…。
それでもめげず、あくまで紳士的に彼女を口説こうとします。
まあ、高級品をプレゼントしたり、彼女が弱ってる時に近づいたりはちょっと姑息かもしれませんが、富豪だし酒浸りになった彼女を放っておくのもどうかと思うので、そこら辺は目を瞑ってあげてください。一途さ故なんです。
そして極めつけに、兵士負傷の噂を聞き矢も楯もたまらなくなった彼女と一緒に、あっちこっち兵士を探してあげるんですね。
彼の「彼女の幸せが一番なんだ」というセリフは切なすぎます。

最後、砂漠を歩く彼女の後姿は、全ての障害を乗り越えてしまいそうな力強さがあります。きっと彼女なら、恋する女たちと助け合いながら、彼の元に辿り着けたんじゃないでしょうか。
富豪紳士には悪いですが、心に残る感動のラストシーンでした。

B0081PA0LU モロッコ [DVD] FRT-083

■ Comment

モロッコ

これは古典的名作ですね。おっしゃるように、ラストシーンは今見ても心に残ります。
アドルフ・マンジュウーはこの映画の中では凄くいい人ですが、実際には強硬な反共主義者だったので有名です。
TBさせていただきました。
2009/06/20 (Sat) 17:34  user t  

Re: モロッコ

このラストシーンを思い浮かべると、白黒映画のはずなのに”青い空と白い砂漠に消えていくヒロイン”が目に浮かびます。素敵なシーンですよね。

> アドルフ・マンジュウーはこの映画の中では凄くいい人ですが、実際には強硬な反共主義者だったので有名です。

ほほぉ~、さすが役者さんですね。そんなふうには全く見えませんでした。
ちょっと検索してみたら、「共産主義者はみんな砂漠に追放するか、銃殺すべきだ」なんていう彼の言葉が出てきてビックリ!
こんな怖い人だったなんて・・・ブルルッ。
勉強になりました。
2009/06/21 (Sun) 14:43  宵乃  

こちらもお邪魔します☆

本日鑑賞しました。(2年前に3分の1ほど見ていたのですが・・・)

>ヒロインの持ってる人形が可愛かった。

このイラストは、もう天才としか言いようがないですね!!!
目の付けどころも最高ですし、絵自体も可愛い!!!
あの人形そのものよりも可愛いかも???

この記事をチラ見してから鑑賞したので、
(この記事というか、別館で見ていたので、印象に残っていたのです)
人形のアップの時に止めてじっと見たのですよ~♪

しかし・・・どなたの記事を読ませて頂いても、お誉めの言葉が多く、
私は全然違う感想を持ったのですが、恐ろしくて書けましぇーん!!!
やっぱり「頭が残念なデキ」なのでしょう(爆)
2011/10/11 (Tue) 19:23  miri〔編集〕  

>miriさん

こちらもコメントありがとうございます。
イラスト気に入って頂けて嬉しいです。ちょっと褒めすぎですよ~(笑)

> (この記事というか、別館で見ていたので、印象に残っていたのです)
> 人形のアップの時に止めてじっと見たのですよ~♪

別館の方で見つけてくれましたか。描いたかいがありました♪

> しかし・・・どなたの記事を読ませて頂いても、お誉めの言葉が多く、
> 私は全然違う感想を持ったのですが、恐ろしくて書けましぇーん!!!

感想では褒めまくっているけど、今思い出そうとしても、老紳士とヒロインが砂漠を歩いていくシーンしか思い出せません。老紳士のことは結構覚えてるんですけどね~(笑)
2011/10/12 (Wed) 07:35  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
『モロッコ』ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督(1930) ★★★☆
これはかなり有名な作品なので、ご覧になっている方も多いのではないでしょうか。スタンバーグ×ディートリッヒの作品は既に何本か鑑賞済みだったのですが、肝心な本作が未見でした。 感想は・・・やはり良かったです。品といいセンスといい、『嘆きの天使』のシビ...
僕の雑記帳|2009-06-20 17:35
.