忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ペネロピ」観た

 | ファンタジー  com(2) 
Tag:イギリス 

ペネロピ
製作:イギリス・アメリカ’06
原題:PENELOPE
監督:マーク・パランスキー
ジャンル:コメディ/ロマンス/ファンタジー

【あらすじ】イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘ペネロピは、先祖が魔女から受けた呪いによって豚の鼻で生まれた。呪いを解く唯一の方法は、先祖の同類”名家の人間”による真実の愛。母親に言われ、お見合いを続けるペネロピだったが…。

わりとあっさり目なお伽話でしたが、ふつうに楽しめました。ペネロピがキュートですよね。豚鼻でもぜんぜん可愛いです。
コメディなんで、その鼻を見た時の殿方の反応がダイナミック。ギャーと悲鳴を上げて、二階の窓をぶち破って爆走し、それをスニーカーをはいた執事がダッシュで追いかけて捕まえます(笑)
彼女を化物扱いする男には「そこまで?」と思いましたが、きっと金目当てで彼女に近づいた男には、そういう風に見える呪いなんでしょう。そう考えると、マックスも最初の段階で顔を見ていたらやばかったかも?
執事には終盤驚かされる事もあって、ロマンスとしてはやや弱かったけれどファンタジーとしてはなかなか。
呪いの本質がどういうものかという設定も良かったですが、あの母親が突っ走りすぎて逆に先が読めました。娘を守るためと言いつつ、自分のことばかり考えている彼女の姿は、妙にリアルなんですけどね~。
にしても、理解者っぽい父親も、結局は母親と変わらなかったと思うと哀しいものがあります。影薄かったし、金持ち設定を保つためだけにいたような…。
でもまあ、家出中に出会った女の子との友情や、ペネロピをつけねらう記者が見せる良心など心温まる瞬間もあり、ほのぼの笑って観られました。クリスティーナ・リッチが好きなら、より楽しめると思います。

■ Comment

こんにちは♪

窓ガラスの突き破りと執事の走りには笑っちゃいましたね!

ブタ鼻のペネロピで慣れちゃったのか、
元に戻った時に逆に違和感があったりして(笑)
とにかくリッチ嬢がとてもキュートでした♪

運命を変えるのは自分自身という王道ものではありましたが、
コンプレックスに打ち克つ勇気を主人公が得るのも
なんだか ほんわかするし逞しい物語でした
小物や色遣いもポップでストーリーと合ってましたね

あと確かに父親の影は薄かったですね(笑)
宵乃さんの記事で「いたんだっけ?」と思い出す始末^;;
2012/03/13 (Tue) 15:18  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ、コメント&TBありがとうございます!
そうなんですよね~、ブタ鼻が意外と似合っていて元に戻ったら物足りなく感じたり(笑)
リッチが本当に可愛らしかったです。

> コンプレックスに打ち克つ勇気を主人公が得るのも
> なんだか ほんわかするし逞しい物語でした

コンプレックスに悩む女の子たちにはぜひ観てほしい作品ですね!
もう少しロマンスにも力を入れてもよかった気もしますが、マックスがカッコイイから女の子達にはそれで十分かな?

> あと確かに父親の影は薄かったですね(笑)
> 宵乃さんの記事で「いたんだっけ?」と思い出す始末^;;

あはは、完全に記憶から消えてましたか!
とっても優しそうに見えたので、彼でも呪いを解けなかったんだと考えると少し哀しくて・・・。母親みたいに強烈な性格にした方がよかったかもしれません。
ともあれ、ペネロピの成長をやさしい気持ちで見守れる、心地良いお伽話でした。
2012/03/14 (Wed) 07:32  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ペネロピ
可愛い~~~~!!! もうすっごく可愛いよペネロピ。色彩の感じなどはアメリを思い出すキュートさなんですが、とにかくクリスティーナ・リッチが可愛らしすぎます。(リッチ自体お気に入りの女優さんなのです♪) 豚の鼻=コンプレックスの象徴なのですが、コンプレッ...
いやいやえん|2012-03-13 15:07
.