忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ボンボン」観た

ボンボン
製作:アルゼンチン’04
原題:EL PERRO(BOMBO'N: EL PERRO)
監督:カルロス・ソリン
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】ガソリンスタンドをクビになり、娘夫婦の家で肩身の狭い日々を送っていたフアン・ビジェガス。ある日、人助けをした彼はお礼に血統書付きの大きな犬”ボンボン”を贈られてしまう。娘に大反対されたため、彼は犬と一緒に車の旅を始め…。

お人好しなうえに流されやすい哀愁を帯びた優しい目のおじさんが、訓練士と一緒にボンボンを金儲けの道具にしてしまいそうになるお話。
おじさんと動物のまったりしたロードムービーなんてわたしの好きな要素ばっかりだし、ずっと前から一緒にいたみたいに仲良しなおじさんとボンボンも魅力的だったんですが、なんとな~く不完全燃焼な感じでした。嫌いじゃないですけど。

ネタバレですが、スピーチでうまく喋れなくなる訓練士の家の娘も、EDになっちゃって種付けができないボンボンも、原因は訓練士(と妻)のやり方に問題があると思うんですね。それで、ラストに家出したボンボンをおじさんが発見して(交尾中 笑)、ふたりで旅立ってハッピーエンドになるわけですが、わりと強欲そうに見える訓練士と話をつけたのかが気になって素直に喜べませんでした。
訓練士はこの業界では顔が広いみたいだし、話をつけずに勝手に大会に出たり種付けしたりしたら遅かれ早かれ彼の耳に入ると思うんですよ。一応、訓練代はこれからの稼ぎを山分けと約束したんだし、多少は大会などで稼がないと一緒に居られませんし…。
これからはおじさんも簡単には流されないでしょうが、カッとなりやすい訓練士のことを考えると不安の残るラストでした。

ちなみに原題はスペイン語で犬のこと。そして「なんて名前をつけたんだ」と呆れられていたBOMBO'Nは一口サイズのチョコの事で、「食べてしまいたいくらい可愛い子(女性に使う場合が多い)」という意味もあるらしいです。

追記(2011/8/18)
時間を置いてからまたこの作品のことを考える機会があったんですが、彼にはナイフがありましたね!
彼が細工を施したナイフはいいものらしいし、今ならボンボンという素晴らしい相棒がいる。これならお金持ちなお客と犬の話で盛り上がってナイフが売れる、という流れが容易に想像できます。
気がかりがなくなったのでお気に入りの★つけとこうっと♪

■ Comment

イラスト

雲の流れとバス停のボンボンとおじさんー、雰囲気がこちらに伝わってきます。
雲を山から眺めることが多い私ですが、とっても自然に描かれていて素敵です!
ボンボンって云えば、九州では夏祭りの屋台で売っている水を入れた水風船、もしくは道楽息子、最後にウイスキーボンボンとイメージしがちだけど犬の名前なんですね?ストーリーは色んなところに創り出せるのだと内容を読みながらつくづく思わされました。

何十日かぶりにお日様を見ました。風も吹いて来て、久しぶりの晴れの日を新鮮に感じている今日です。

2011/06/22 (Wed) 13:46  bamboo〔編集〕  

>bambooさん

> 雲を山から眺めることが多い私ですが、とっても自然に描かれていて素敵です!

いつもイラスト見てくれてありがとうございます。いつもあんな素敵な山の写真を撮っているbambooさんにそう仰ってもらえると自信がつきますよ~。これからも頑張ります!

> ボンボンって云えば、九州では夏祭りの屋台で売っている水を入れた水風船、もしくは道楽息子、最後にウイスキーボンボンとイメージしがちだけど犬の名前なんですね?ストーリーは色んなところに創り出せるのだと内容を読みながらつくづく思わされました。

水風船もボンボンって呼ぶんですか。確かにつくとボンボン!って音がしますもんね。
わたしのまわりではヨーヨーとか水風船って呼んでたかな。

> 何十日かぶりにお日様を見ました。風も吹いて来て、久しぶりの晴れの日を新鮮に感じている今日です。

こちらも久しぶりに晴れてくれたので、冬用のカーペットとか(今さら)干して片付けて、ベランダに張るシェードなどを出してきました。今年は室内にも園芸用日よけネットをカーテン代わりに使ってみようと思います。
2011/06/22 (Wed) 15:24  宵乃  

こちらにも

この映画は、観ておられる方が割と少ないんじゃないかなぁ。
ここで見つけて、なんだか嬉しかったです。
妙に癒し系なわんわんで、ほわぁーと観た記憶があります。
2011/06/30 (Thu) 22:49  ちゃぴちゃぴ  

Re: こちらにも

> この映画は、観ておられる方が割と少ないんじゃないかなぁ。
> ここで見つけて、なんだか嬉しかったです。

確かに地味な作品ですしね(笑)
この前、TVでオンエアしていたから、少しは知名度上がったかもしれません。

> 妙に癒し系なわんわんで、ほわぁーと観た記憶があります。

最初は大きくて怖いかもと思ったんですが、いつの間にか可愛いく思えてくるのが凄いですね。
あのおじさんとの組み合わせに、ほのぼのします。
2011/07/01 (Fri) 09:26  宵乃  

やっと見ました☆

最後前にボンボンを見つけた時の満面の笑みは、あまり表情のなかったこの俳優さんの、精一杯の演技だったのかなぁ~???

それにしてもイラストが良いですね~!
どんな映画でも「このシーン」という「1シーン」を「必ず」イラストになさる宵乃さんは、凄い♪

>これからはおじさんも簡単には流されないでしょうが、カッとなりやすい訓練士のことを考えると不安の残るラストでした。

私は大丈夫なような気がしています。
・・・あのおじさんは、犬の繁殖で食べてゆく気は、マジにはないような気がするからです。
まぁお金のかかる犬ですし、ショーとかに出さないといけないのかもしれないけど、なんとなくそうではない道が開けそうな、そんな気がするのです。
(いつもの私とは全く違う意見で申し訳ありません)

この話は「わらしべ長者」の変化形のような感じで見ていました。
大好きな国、アルゼンチンですが、貧しくて、空が大きい事だけはハッキリと分かりました。
2011/07/09 (Sat) 19:43  miri〔編集〕  

>miriさん

> 最後前にボンボンを見つけた時の満面の笑みは、あまり表情のなかったこの俳優さんの、精一杯の演技だったのかなぁ~???

いい笑顔でしたね~。ずっと哀愁ただようような顔だったので、印象に残りました。アレをみての笑顔っていうのが、ちょっと笑えましたが。

> どんな映画でも「このシーン」という「1シーン」を「必ず」イラストになさる宵乃さんは、凄い♪

ありがとうございます!
自分の好きなシーンを描いているだけなんですが、そう言って頂けると自信がつきます。
これからも、喜んでもらえるように頑張りますね~。

> ・・・あのおじさんは、犬の繁殖で食べてゆく気は、マジにはないような気がするからです。

そうだったらいいなぁ。
わたしはお酒を飲んで怒鳴ったり暴れたりする男の人がすごい苦手で、訓練師が酔ってケンカするシーンで”怖い人”のイメージが固まってしまったんですよね。それで、どうしてもボンボンが復活した事をどこからか嗅ぎつけてきそうな気がしてしまいます。(ホラー映画か!)

> この話は「わらしべ長者」の変化形のような感じで見ていました。
> 大好きな国、アルゼンチンですが、貧しくて、空が大きい事だけはハッキリと分かりました。

わたしはアルゼンチンがどこにあるかもわからないしまつで・・・。この映画で少しだけ雰囲気を味わえました。空はほんとよかったです!
2011/07/10 (Sun) 10:23  宵乃  

おはようございます☆

昨日ウイッキ読んだら、主演の人と、もう一人(多分訓練士さん)は、俳優ではないと書いてありました!!!

ギョギョッですね~!
まぁあまりにも演技力がなかったので、納得ですが、話自体は「ナンサ」とは違ってフィクションだと願いたいですね~!

>わたしはお酒を飲んで怒鳴ったり暴れたりする男の人がすごい苦手で、訓練師が酔ってケンカするシーンで”怖い人”のイメージが固まってしまったんですよね。

私ももちろんそういうヒトは嫌いですけど、まぁ「バカ」の一言で、お酒の力を借りないと出来ないと思うので、大した事は出来ないですよ、きっと。
本当に怖い人は、お酒をのまずにやりますので・・・。

では、こんしゅうもどうぞ宜しく~!
2011/07/11 (Mon) 09:03  miri〔編集〕  

Re: おはようございます☆

> 昨日ウイッキ読んだら、主演の人と、もう一人(多分訓練士さん)は、俳優ではないと書いてありました!!!

そうなんですよね。全くの素人で演技は微妙だったけれど、ボンボンとは昔から一緒にいたような馴染んだ空気を感じました。

> 私ももちろんそういうヒトは嫌いですけど、まぁ「バカ」の一言で、お酒の力を借りないと出来ないと思うので、大した事は出来ないですよ、きっと。
> 本当に怖い人は、お酒をのまずにやりますので・・・。

そうですね。わたしもそういうふうに割り切れればいいんですが・・・。

> では、こんしゅうもどうぞ宜しく~!

投票、わりと新しい作品に票が集まってますね~。横並びになりそうな予感!
今週も暑さに負けず盛り上がっていきましょうね♪
2011/07/11 (Mon) 09:41  宵乃  

こんばんは!

最初は、おっちゃんとペットの物語かと
思ってましたが、意外にも血統書付きの闘犬って
ことで経済性といいますか投資みたいな
話になってしまって驚きましたが
結果的に、世間や調教師に流されまくってた
おっちゃんが、ボンボンと同じく何かを取り戻したって
感じで、すっきりしました!
2011/08/15 (Mon) 19:18  hiro  

>hiroさん

> 最初は、おっちゃんとペットの物語かと
> 思ってましたが、意外にも血統書付きの闘犬って

そうですよね(笑)
冒頭のおじさんからは想像できない展開でした。ましてや、あんなに犬と一緒にいるのがしっくりくるようになるなんて!

> 結果的に、世間や調教師に流されまくってた
> おっちゃんが、ボンボンと同じく何かを取り戻したって
> 感じで、すっきりしました!

観てからしばらくたって考えてみると、ボンボンはボディガードにもなるし、わりと金持ちを引き寄せるところがあるから、そういう犬目当ての人達に手作りナイフを売って旅をしていくこともできそうですね。
自由気ままに、ひとりと一匹の旅を楽しむ姿が目に浮かびました!
2011/08/16 (Tue) 09:42  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.