忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バス男~ナポレオン★ダイナマイト~」観ました

 | 青春  com(12) 

ナポレオン★ダイナマイト
俳優さんは結構普通なのに…
製作:アメリカ’04
原題:NAPOLEON DYNAMITE
監督:ジャレッド・ヘス
ジャンル:★学園青春コメディ

【あらすじ】無気力でダサイ高校生ナポレオンは、マイペースな変わり者家族と変わらない毎日を送っていた。最近あったことと言えば、変な女の子が訪ねてきた事と、ペドロという転入生と友達になった事ぐらい。そんな時、迷惑な叔父さんが現れ…。

このタイトルを見つけた時、「バスダン」と読んでしまったお馬鹿な私は、「バスダン?…バスダン、ダンバス、男子バスケット! …ってことはナポレオンダイナマイトはチーム名だな。」
と勝手に納得してしまいました。
でも観始めたら、主人公は冴えない高校生。名前はナポレオン・ダイナマイト
…え、人名!? 聞いただけでちょっと笑えるのに人名?
いやいや、おもしろインパクトがある名前だからこそ、これから彼がつくる(であろう)チーム名に使われるんだ、きっと。
と自分に言い聞かせつつ、さらに鑑賞。
しかし、いつまで経ってもバスケットのバの字も出てきません。ゆるーい主人公のゆるーい日常が過ぎてゆき、後半を過ぎる頃には私の頭の中からバスケの事など消え、ただこのダルダルな笑いの世界に飲み込まれていました。
前にも書いた気がしますが、私はこういう脱力系コメディが大好物です。主人公のあの常に寝起きみたいな無気力さ、とても演技とは思えない特異な存在感は他では見れません。
そして、そんなゆるくてダサい主人公が、友人のために全校生徒の前でダンスを披露するあのシーン。思わず目頭が熱くなりました。
…あの子がこんなに立派になって!!

<再見追記感想>(2013/3/12)
やっぱり好きだ。OPからいいよね。お皿のソースや、小物にノートなどなど、趣向を凝らしたクレジットが素敵。
今回は、ナポレオンの周りの人たちとのつながりにも目が行って、出会ってすぐに気の置けない仲になったペドロや、癒し系写真家のたまごデビー、引きこもりの兄とその運命のひと、自分の事しか頭にない叔父など、お祖母さんのいない間に上手い具合に巡りめぐって、友達のために思いっきり頑張るあのダンスシーンに繋がるんだと気付きました。
とくに、いろいろな事に鬱憤が溜まってなかったら、ダンスで発散しようなんて考えなかったかも。主に彼をイラつかせていた叔父の存在あっての成功かも(笑)
ゆるゆるなようで、実は無駄が無い。今度こそ永久保存です!

B00DZCO19Q ナポレオン・ダイナマイト [Blu-ray]

■ Comment

すっごく雰囲気出ています、このイラスト☆

>主人公のあの常に寝起きみたいな無気力さ、とても演技とは思えない特異な存在感は他では見れません。

この世界にひたると、普通の映画は・・・
クセになりそうですよね~。

>友人のために全校生徒の前でダンスを披露するあのシーン。思わず目頭が熱くなりました。

あの前の完璧なダンスに対する反発というか、親しみやすさというか、友人の言葉少ない演説も、両方が、普通の生徒の心をわしづかみにしたんでしょうね~☆

イラストにあるボールの付いた柱で二人で遊ぶ、本当のラストシーンも、すっごく良かったです☆
この映画は汚い言葉が全く出てこなくて、アメリカの映画には必ずあると思っていたので、ものすごく新鮮でした♪
2011/03/30 (Wed) 11:09  miri〔編集〕  

>miriさん

> この世界にひたると、普通の映画は・・・
> クセになりそうですよね~。

そうそう、くせになりそうな独特な世界でした。たまに無性に観たくなるんだけど、録画消しちゃったんだよなぁ。再放送してほしい!

> あの前の完璧なダンスに対する反発というか、親しみやすさというか、友人の言葉少ない演説も、両方が、普通の生徒の心をわしづかみにしたんでしょうね~☆

ですね~。彼らの友情がひしひしと伝わってきました。想いがものを言うんですよね!
ふたりでボールで遊ぶシーンもなんとなく覚えています。ほのぼの穏やかな気持ちになるラストでした。

> この映画は汚い言葉が全く出てこなくて、アメリカの映画には必ずあると思っていたので、ものすごく新鮮でした♪

言われてみればその通りですね。何気に安心して子供と楽しめる作品でした。

追伸:白くじらさんカムバック、嬉しいですね~!
2011/03/31 (Thu) 11:16  宵乃  

ゆる~い、ゆる~~~い映画でしたね。
最後は優しい気持ちになれました!

>俳優さんは結構普通なのに・・・
ホント、どっちかっていうとかっこいい人なのに
本作では見事にその片鱗さえも感じませんでした。
検索してたら、ペドロ役の人も
実はイケメンだったので驚きました。笑
2011/06/25 (Sat) 00:23  マミイ編集〕  

>マミイさん

こちらにもコメント&TBありがとうございます!
これはオンエアあったらぜひ録画保存しておきたい作品ですね~、ゆるいの大好きなので。

> ホント、どっちかっていうとかっこいい人なのに
> 本作では見事にその片鱗さえも感じませんでした。

あのだらしない口元がね~。俳優としてはカメラの前ではありえないと思うんですけど、こういう役だからと頑張ったんでしょうね。熱い役者魂を感じます!

> 検索してたら、ペドロ役の人も
> 実はイケメンだったので驚きました。笑

お~、そうだったんですか。
俳優ってほんと凄いなぁ!
2011/06/25 (Sat) 09:36  宵乃  

No title

いい再見ができてよかったですね。

>主に彼をイラつかせていた叔父の存在あっての成功かも(笑)
なるほど~。
まさに「人間万事塞翁が馬」ですね。

>ゆるゆるなようで、実は無駄が無い。
宵乃さんの記事を読んでいたら、今度は私が再見したくなりました。
ゆるゆる感にひたりたくなってきたなぁ。
2013/03/13 (Wed) 12:23  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ!
追記感想にコメントありがとうございます。

> まさに「人間万事塞翁が馬」ですね。
> 宵乃さんの記事を読んでいたら、今度は私が再見したくなりました。
> ゆるゆる感にひたりたくなってきたなぁ。

映画のつくりはしっかりしているから、このゆるゆる感に安心して身を任せられるのかもしれません。
手元に置いておいて、時々ふらっとこの世界に浸りたくなる作品ですね~。
2013/03/14 (Thu) 08:43  宵乃〔編集〕  

No title

おはようございます。

宵乃さんの再見記事を読んだら、
わたしもこのゆる~い世界観につかりたくなったので
再見してみました。

ホント、いい!!
二回目の今回の方が笑えました。
もう、ナポレオンがそこにいるだけで笑えてきちゃいます!
本当にそばにいたら嫌だと思うんですが(笑)
だんだんと叔父さんにも愛着がわいてきました。

OPの小道具も本作に登場してるものばかりでしたね。
宵乃さんに教えてもらわなければ、多分自力では気づけなかったと思います。
何度観ても楽しめる映画だと思います。
2013/03/27 (Wed) 09:44  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ!
ちょうどマミイさんの記事にコメントしてきたところでした。
わたしの記事が再見のきっかけになれたようで、私も嬉しいです♪

> 二回目の今回の方が笑えました。

ですね~、もう思う存分笑わせてくれよ!という気持ちで観て、ちゃんと笑えるところが凄いです。手元にいつも置いておきたいですよね。

> 本当にそばにいたら嫌だと思うんですが(笑)
> だんだんと叔父さんにも愛着がわいてきました。

あはは、側にいたら殴り合いのケンカになりそうです。
家中の肉を食べられちゃうし(笑)

> OPの小道具も本作に登場してるものばかりでしたね。
> 宵乃さんに教えてもらわなければ、多分自力では気づけなかったと思います。
> 何度観ても楽しめる映画だと思います。

あ、やっぱりそうでしたか。
マミイさんがOPが素敵と仰っていたから、じっくり見て、その後にそのアイテムがちらほら登場してるっぽいなぁと気付けたので、元はといえばマミイさんのおかげなんですよ~。
元気になりたいときは「ナポレオン・ダイナマイト」ですね!
2013/03/27 (Wed) 11:17  宵乃〔編集〕  

こんばんは!

遅ればせながら鑑賞いたしましたけど、
かなりの大好物でしたね!

イケてない男の子が努力して自分を変えて、
周囲から認められて彼女もゲットして…
なんて映画は大嫌いなボクですが、
ナポレオンは最後までナポレオンのままなのがいいです!
無理して自分を変えたところでどっかでひずみが生じますからね。

最後まで自分のままで見事なまでに周囲の喝采をさらっていく!
あのダンスシーンにはホントに涙!涙!です♪
2015/03/22 (Sun) 20:23  スパイクロッド  

>スパイクロッドさん

いらっしゃいませ、この作品を好きな方が増えて嬉しいです!

> ナポレオンは最後までナポレオンのままなのがいいです!
> 無理して自分を変えたところでどっかでひずみが生じますからね。

ホント、そういう点でもかなり稀有な作品ですよね。
努力して変わっていく映画も好きですけど、私自身そんなことできねーよと冷める瞬間もあって(笑)

> 最後まで自分のままで見事なまでに周囲の喝采をさらっていく!
> あのダンスシーンにはホントに涙!涙!です♪

ありのままの自分でいいんだと思わせてくれるナポレオンはマジでカッコいいです!
これさえあれば、落ち込んだ時もすぐに復活できそうです♪
2015/03/23 (Mon) 07:58  宵乃〔編集〕  

良い映画ですよね~♪

>そして、そんなゆるくてダサい主人公が、友人のために全校生徒の前でダンスを披露するあのシーン。思わず目頭が熱くなりました。
>…あの子がこんなに立派になって!!

泣ける映画とは違うかもしれないけど、
この映画はけっこう深いですよね~
再見だからこそ分かった事もありました☆

本当に、素晴らしいダンスでした♪

ソウルメイトとの出会いを信じられ、
美しい空気の中、山が見えるアイダホの田舎で、
汚い言葉を使わずに、生きてゆく・・・

幸せは、人それぞれだけど、この映画のエンドロールの後のシ-クエンスを好きになれない人はいないような気がします・・・誰もが認める幸せを見つけたように思いました☆


.
2015/04/29 (Wed) 20:50  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
さっそくの再見、楽しまれたようですね♪
ホント、何にも考えずに観ても楽しいし、じっくり観れば意外と得るものも多い作品でした。再見するごとに面白さがわかってくるスルメ映画かも。

> 幸せは、人それぞれだけど、この映画のエンドロールの後のシ-クエンスを好きになれない人はいないような気がします・・・誰もが認める幸せを見つけたように思いました☆

そうそう、この作品を嫌いだという話は聞いたことがありませんし、きっとラストには誰もがナポレオンとゆるゆるな仲間たちを好きになってしまいますよね。
のどかな田舎町の癒し効果もあって、落ち込んだ時にはこれに限ります!
2015/04/30 (Thu) 05:47  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
『ナポレオン・ダイナマイト』 ~俺が昔、バス男だった頃~
2004年/アメリカ/95分 監督:ジャレッド・ヘス 出演:ジョン・ヘダー    アーロン・ルーエル    ジョン・グリース    エフレン・ラミレス    ティナ・マジョリーノ ■概要 原題は『Napoleon Dynamite』。アメリカ製作による2004年の青春オフビート・コメディです。監督は『ナチョ・リブレ 覆面の神様』のジャレッド・ヘス。主演は『俺たちフィギュア...
偏愛映画自由帳|2015-03-22 20:25
敢えてナポレオン★ダイナマイト  バス男
2004年製作アメリカ 監督・脚本:ジャレッド・ヘス ナポレオン…ジョン・ヘダー アメリカの片田舎に暮らす冴えない高校生のイケてない日常が独特のダルなリズムで綴られてゆ...
しずくの水瓶|2013-04-12 17:23
ゆる~く、ゆる~~~く
バス男 原題:NAPOLEON DYNAMITE 製作2004年 アメリカ 監督:ジャレッド・ヘス 脚本:ジャレッド・ヘス、ジェルーシャ・ヘス 出演:ジョン・ヘダー 以前に観ようとしたのですが、途中で断念してました。 その時は震災直後で 自分自身が笑えるタイミングではなかった…
子育て 時々 映画|2011-06-25 00:24
2-1004 バス男
Napoleon Dynamite (バス男) 2004年・アメリカ ムービープラスにて 監督 ジャレッド・ヘス 主演 ジョン・ヘダー (ナポレオン・ダイナマイト役) 感想 いや...
映画鑑賞の記録|2011-03-30 10:23
.