忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「黙秘」観ました

黙秘
DVに立ち向かう妻ドロレス
製作:アメリカ’95
原題:DOLORES CLAIBORNE
監督:テーラー・ハックフォード
原作:スティーヴン・キング
ジャンル:★サスペンス/ミステリー

【あらすじ】新聞記者セリーナのもとに、母親が雇い主を殺した容疑で逮捕されたという匿名のファックスが届く。遺体の側で棒を持って立っていたという証言から母を信じられないセリーナ。しかし、彼女が母を信じられない理由はそれだけではなかった。

観た後にスティーヴン・キング原作だと知り驚きました。
キング原作の映画がどれくらいあるのかは知りませんが、オカルト系以外では成功していることが多いように感じます。この作品も私の中ではキング原作映画ベスト3に入る良作でした。基本的に強い女性や子供を守るために闘う親などを描いた映画は大好きなので、ドロレス母さんはちょうどツボだった訳です。
ミステリーな内容なので詳しくは書きませんが、夫との壮絶な駆け引きシーンは一見の価値ありですよ。

関連記事
怖かった映画「ドランのキャデラック」
B00CPC0HRC 黙秘 [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.