忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「リロ&スティッチ」観た

 | ファミリーアニメ  com(2) 

リロ&スティッチ
製作:アメリカ’02
原題:LILO & STITCH
監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア
ジャンル:★ファンタジー/コメディ/アドベンチャー

【あらすじ】ある科学者が生み出した一匹のモンスターが逃げ出し、地球のハワイ・カウアイ島へやって来る。そこには両親を事故で亡くし、姉と二人きりで暮すリロという少女がいた。身を隠すため犬のふりをしたモンスターは、リロにスティッチと名付けられオハナ(家族)として受け入れられるうち、しだいに優しい心を持つようになる。

観る前は絵が可愛くないとか思っていたんですが、スティッチがリロたちに受け入れられようと頑張る姿を見るうちに、すっかりスティッチの愛らしさの虜になっていました。あの小さな体で思いっきり感情を表現する様子は、さすがディズニーという感じです。
また、リロに「壊してばかりいないでたまには何か作ってみれば?」と言われた時に、部屋にあるものを積み上げ街を作り、それを怪獣のように破壊するという遊びを始めたのには笑わせられました。「結局壊すのかよっ!」と言いたくなるのですが、スティッチはスティッチなりに本能的な破壊衝動をどう発散させようか考えているんですよね。健気な子です…。
ただ、スティッチが改心した瞬間ってゆうのが分かりにくかったです。高い知能で新しいものをどんどん吸収し自分で考えるようになったスティッチが、「みにくいあひるのこ」を読んでひとりぼっちだと気付いたんだという事は分かるんですが、出来ればスティッチが受けた衝撃をリアルタイムで共感したかったというか…。
ともあれ、スティッチは可愛いし、犬かどうかよくわからないスティッチをなんとなく受け入れてしまうおおらかな人々も素敵です。観るとほんわかした気持ちになれる映画でした。

関連記事
「ヒックとドラゴン」観た
「リロ&スティッチ」シリーズ観た
B00BS6JM9K リロ&スティッチ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

■ Comment

No title

宵乃さん、こんばんは。

>観る前は絵が可愛くないとか思っていたんですが
初めはとっつきにくい絵柄ですよね。笑
昔、うちの息子がお店でスティッチのぬいぐるみを指差して
「コワ~イ」って言ったら、全然知らない男の子が
「スティッチは怖くないんだよ!」って力説してたのを思い出しました。

>スティッチが改心した瞬間ってゆうのが分かりにくかったです。
確かにちょっとわかりにくいですよね。
私は自分が感動したから(笑)
「アロハ・オエ」の歌の時に改心したのかな、と思いましたが
ココから改心した・・・ってはっきりとわかる場面はなかったと思います。

>スティッチをなんとなく受け入れてしまうおおらかな人々も素敵です。
>観るとほんわかした気持ちになれる映画でした。
このおおらかさはハワイならではなのでしょうか?
(行った事がないからわかりませんが・・・。)
お店のガラスを破壊したり、タンクローリーを火山に落としたりとか
結構えげつない事やってるんですけど(^^;
最後はほんわかしますよね。
2013/01/02 (Wed) 23:25  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ、マミイさんもスティッチご覧になったんですね!
後でブログにお邪魔します。

> 「コワ~イ」って言ったら、全然知らない男の子が
> 「スティッチは怖くないんだよ!」って力説してたのを思い出しました。

いい子だ…リロみたい!
映画を観たら、スティッチが誤解されるのを黙って見てられない気持ちもわかります。…映画を知らない子が怖がる気持ちもわかるけど(笑)

> 私は自分が感動したから(笑)
> 「アロハ・オエ」の歌の時に改心したのかな、と思いましたが
> ココから改心した・・・ってはっきりとわかる場面はなかったと思います。

あ~、そうやって観ればよかったのかな。自分が感動した場面ならスティッチも改心してそうな気がしますもんね。

> このおおらかさはハワイならではなのでしょうか?

わたしも行ったことがないけど、そんなイメージ持ってます。でも、以前観たフラを習うドキュメンタリーでは、とっても厳しい(現地の)先生でした!

> お店のガラスを破壊したり、タンクローリーを火山に落としたりとか
> 結構えげつない事やってるんですけど(^^;
> 最後はほんわかしますよね。

あはははは、そうなんですよね~。悪の科学者もホントやってることえげつないのに、ほのぼのの中に加わってても違和感ないという…。良い意味で強引な作品でした。
2013/01/03 (Thu) 13:17  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
いつもそばにいる、何があっても。
リロ&スティッチ 原題:LILO & STITCH 製作2002年アメリカ  監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 脚本:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 声の出演:山下夏生、山
子育て 時々 映画|2013-01-02 23:26
.