忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「蕨野行(わらびのこう)」観た

 | ドラマ  com(0) 
Tag:日本 

蕨野行(わらびのこう)
製作:日本’03
監督:恩地日出夫
原作:村田喜代子
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】江戸時代。身分に関係なく、60歳を迎えたら人里離れた蕨野に移り住まなければならない山村があった。彼らは”ワラビ”と呼ばれ、里へ下って村々の仕事を手伝うことでのみ、その日の糧を得ることができる。庄屋の女主人であるレンもついにその日を迎えるが、ただひとつ若い嫁ヌイだけが気がかりだった。

何年かに一度、必ず凶作が訪れる痩せた土地で密かに守られてきた掟。それはいわゆる”姥捨て”なんだけれども、暗さよりジジババの活力が印象に残る作品でした。
掟に”身分に関係なく”とあるように、恐らく村長や老人たちが子供や孫を守るため自ら山に入ったのが始まりだったんだと思います。弱い者から死ぬという合理的な考えも含まれているんだろうけど、子供たちが飢えて弱っていくのは耐えられないという、人間らしい気持ちから始まったものだと思えました。
また、彼らは蕨野に行く事に不安は抱えているものの、魂を清めにいくような感覚を持っているようなんですよね(全員ではないかも)。掟でも、動物を獲って食べることは不浄として禁じられています。まあ、冬が近づくにつれ、”死ぬまでは生きたい”とその掟も破ってしまうんですが…。新しいこと(狩り)を覚えるのが楽しいというレンや、彼女に狩りを教える男の恋心に、彼らの生きる力を感じます。

悲惨なのは、そんな彼らより”長男以外に子供はいらない”と家を追い出された嫁たちの方かもしれません。彼女たちは住む場所も与えられず、故郷に帰ることも叶わず、山姥のようになって山で暮らしていました。かつて追い出されるように村を去ったレンの妹との再会、一緒に山で暮らそうという申し出を断るシーンは切ない…。

そして、この作品で特徴的なのが言葉で、地域を特定されないために原作者が作った方言なんだとか。わたしには、綺麗な標準語を古典文法っぽくして文語体のまま喋っているように聞こえ、やや違和感がありました。でも、胸のうちで「ヌイよい…」「おばばよい…」とお互いに語りかけるレンとヌイの言葉には、どこか惹きつけられるものがあります。寓話的な雰囲気をつくるのにも貢献してました。
ただ、最後の雪合戦のシーン。あれだけは個人的に受け付けなかったです。セリフは無くして、彼らの気持ちを想像しながら余韻に浸りたかった…。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.