忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「0:34 レイジ34フン」感想

0:34 レイジ34フン
製作:イギリス/ドイツ’04
原題:CREEP
監督:クリストファー・スミス
ジャンル:ホラー

【あらすじ】ロンドン、チャリング・クロス駅。深夜0時34分の最終電車を待つケイトは、ベンチで一眠りしている間に駅構内に取り残されてしまった。そこへ何故か電車が到着し、彼女は駅から出るためそれに飛び乗る。だが、まもなく電車は止まり…。

なかなか良さげなホラーだなぁと思って観たら、見事に裏切れられました。
主人公の女性が”薄情な現代人”の典型みたいなひとで、面倒ごとには関わろうとしないし、そのくせ自分が困れば「親切にしてよ!」って態度です。
そんなんだから、一人で駅に取り残されて殺人鬼に追われても、彼女に感情移入できなくて傍観者になった気分。つまり全然恐くありません。
でも、薄暗い地下鉄、姿の見えない追跡者、出会うのは彼女が会ったことのある人ばかり、小さな扉をくぐるとホームレスの住処が…という始まり方には、悪夢を見ているときの感覚と近いものがありました。直前に彼女がうたた寝をしていることもあって、このまま不条理な恐怖に突き落とすのか…と思えばそうでもない。何故か後半はスプラッター系に。

わたしはグロ耐性が高いほうなんですが、終盤に連続でやられるとさすがに嫌な気分になりました。しかも、殺人鬼を殺すシーンが(見える中では)一番グロイって…。主人公どうなのよ?
殺人鬼の正体は、大体想像がつく程度にヒントがでるので腑に落ちないことはないと思うんですが、地下鉄とまるで関係がないのがね。どうにもすっきりしない気分でラストを迎えます。
ラストは、冒頭でホームレスに冷たかった彼女を皮肉っていて、意外にも良かったです。
ちなみに、原題のCREEPは”這い回る”とか”ぞっとする”という意味ですが、おそらく”気味が悪いやつ”を意味するスラングの方でしょう。
ロンドンの地下鉄という、ホラーにおあつらえ向きな舞台をいかしきれていなかったのが残念!

関連記事
「トライアングル(2009)」観た

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.