忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

Wii「428 ~封鎖された渋谷で~」クリアしたよ。

 | ゲーム  com(0) 

428 ~封鎖された渋谷で~
またしてもゲームの感想です。興味のない方はスルーして下さいね~。

ついに428を完全クリアしました。
この作品は、同じチュンソフト製作で、わたしの大好きなノベルゲーム・ベスト3に入る「街 ~運命の交差点~」とほぼ同じシステムだと聞き、珍しく買って直ぐにプレイしはじめました。それはもう、家事と映画の合間にこせこせと。
感想としては…もう大満足です!
物語の途中に選択肢があって正しい選択をする事で物語を進めるノベルゲームに複数の主人公がいること。そして、それぞれの行動が影響し合っていてバッドエンドを回避して物語を進める、という部分は前回と変わりません。
あと、渋谷の街をやたらと爆破するところもね(笑)
でも今回は、主人公たちの物語がある事件を中心に複雑に絡み合い、一つの結末に収束していくという、サスペンス映画さながらのスリリングな展開となっているのですよっ!!
文章のテンポのよさ、味があって面白い登場人物(実写)、次々替わる静止画、物語を盛り上げるBGMなどなど、始めたら止まらない面白さでした。
ほんともう、文章を読むのが嫌いじゃなければ誰でも楽しめる作品なので、WiiやPS3、PSPを持っている方は是非、ぜひぜひっ!!

イラストは、隠しキャラ含め9.5人(?)の主人公の中でもお気に入りの、着ぐるみ主人公タマ(もちろん本名ではない)。前半はコメディ担当ですが、着ぐるみを脱いだ後半はシリアス展開でビックリです。また、ある条件を満たすと出現する主人公カナンはアニメ絵・声付きなんですが、なんか好きになれないなぁと思っていたらシナリオが私の苦手な奈須きのこさんでした。でも、これの二年後を描いたアニメ「CANAAN」には、味のある主人公・御法川実も登場しているらしいので、後でまとめて観ようかな? (アニメのみのさんって、どんなだろう?)

関連記事
DS「極限脱出 9時間9人9の扉」クリアしたよ
なつかしゲーム「ファミコン探偵倶楽部」やったよ

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.