忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「プライドと偏見」観ました

 | ロマンス  com(2) 
Tag:イギリス 

プライドと偏見
製作:イギリス’05
原題:PRIDE & PREJUDICE
監督:ジョー・ライト
原作:ジェーン・オースティン
ジャンル:★ロマンス/文芸

【あらすじ】18世紀末のイギリス、女性に相続権がない時代。五人姉妹のいるベネット家の近所に、独身の大地主ピングリーが越してきた。舞踏会の夜、長女がピングリーと惹かれあう一方で、次女エリザベスは彼の親友ダーシーに強い反感を抱き…。

最近、寝不足で何を観ても頭に入ってこなかったんですが、これを観て久々に心が潤ったというか…恋愛映画を観たなぁという満足感を得られました。

まず、勝気で聡明なエリザベスが非常に魅力的で、気に入らない求婚をぴしゃりと断る時などの強気な態度や、嫌いだと思っていた相手にしだいに惹かれていく時の繊細な表情がよかったです。今までキーラ・ナイトレイには興味がなく、「パイレーツ・オブ・カリビアン」といわれても思い出せないくらいだったけど、このエリザベスははまり役でした。
また、姉妹たちもそれぞれ個性的で、よくここまでタイプの違うのが揃ったなぁと言う感じ。冒頭ではしゃいでいる様子はまるで女学生です。娘たちを嫁にやるのに必死な母親の姿も、滑稽ながら女性が低くみられていた時代を強く感じさせます。
そして、忘れてはいけないのがエリザベスを優しく見守る父親の存在。出番が少ないのにも係わらず、彼の娘への愛情がひしひしと伝わってきます。
ラストの安堵と幸福に満ちた表情が印象的でした。

ドラマ版も良くできているそうなので、機会があったら観てみたいです。

関連記事
「いつか晴れた日に」観ました(ジェーン・オースティン)

■ Comment

私はこの映画を見て、あまり良い印象を持てなかったので、今まで書かなかったのですが、今回キーナさんの話があったから、書かせてもらいますね☆

見ているときは、迫力のある良い作品だと思ったのですが・・・でも、見終わってからは、私にはそれほど感銘を残さなかったのです。

特に終わり方が「ヘン!」と思ったのです。たいてい映画は「ココで終わる」というところで終わるんだけど、この映画は「えー!?ココで終わるの?」って感じで!

後日、インターネットで調べたら「日本版ではラストシーンがカットされているが、「アメリカ版 エンディング」としてDVDに特典として収録」と書いてありまして、やっぱりラストシーンは違うんだ!と思いました。

心の機微のいろいろ、それがプライドと偏見なんだろうけど、現在から見ると滑稽な風習の数々・・・中途半端な調度品や装飾品や・・・彼と彼女がひとめで好きになったのは、最初から分かっていた事だけど・・・回り道したね?
ラブストーリーなんだろうか?
貴族を描くなら、上には上があるから・・・この後もいろいろと大変だと思うわ、この話・・・そんな風に思いました。

宵乃さんとは正反対の感想ですが、まぁ人それぞれという事で、お許しくださいね☆ またよろしくお願いします。
2009/10/14 (Wed) 14:42  サイ編集〕  

Re: タイトルなし

コメントありがと~。
サイさんはこの作品ダメでしたか、やっぱり人それぞれですからね。

> 特に終わり方が「ヘン!」と思ったのです。たいてい映画は「ココで終わる」というところで終わるんだけど、この映画は「えー!?ココで終わるの?」って感じで!
> 後日、インターネットで調べたら「日本版ではラストシーンがカットされているが、「アメリカ版 エンディング」としてDVDに特典として収録」と書いてありまして、やっぱりラストシーンは違うんだ!と思いました。

おぉ~、そうだったんですか。
わたし的にはお父さん大好きだったので、娘の恋の行方を見届けて終わるというのは全然OKでした。

> 貴族を描くなら、上には上があるから・・・この後もいろいろと大変だと思うわ、この話・・・そんな風に思いました。

そうですね、彼のおば様?より更に上がいたり。
それに立ち向かっていく二人も見てみたい気がします。
本当に正反対ですね(笑)・・・でも、こういうのも映画の醍醐味ですから、これからもじゃんじゃん話しましょう♪
あと、影武者、ラブ・アクチュアリーのTBの件ですが、もちろんOKです!さっそく送っておきますね。
2009/10/15 (Thu) 07:03  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
プライドと偏見
(2005/ジョー・ライト監督/キーラ・ナイトレイ=エリザベス、マシュー・マクファディン=ダーシー、ドナルド・サザーランド=ベネット、ブレンダ・ブレシン=ベネット夫人、ロザムンド・パイク=ジェーン、ジュディ・デンチ=キャサリン夫人、サイモン・ウッズ=ビ...
テアトル十瑠|2009-07-12 20:57
.