忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「鉄コン筋クリート」観た

 | アニメ/人形アニメ  com(0) 
Tag:日本 

鉄コン筋クリート
製作:日本’06
監督:マイケル・アリアス
原作:松本大洋
ジャンル:アクション/ドラマ

【あらすじ】宝町を自在に飛び回り、スリやかっぱらいをして生きる少年シロとクロ。彼らは”ネコ”と呼ばれ町を縄張りにしていたが、そこへ昔なじみのやくざ”ネズミ”が戻ってくる。彼らは町の再開発を名目に、謎の男”蛇”を呼び寄せ…。

賑やかな町並みやシロの生みだす幻想の鮮やかな色使い、躍動感あふれるキャラクターの動きなど、アニメーションとしては素晴らしかったと思います。ただ、CMを観たときに感じた涙がこみ上げるほどの感動はありませんでした。(CMに感動しすぎ?)期待しすぎたせいなのか、観終わってどこか物足りなさを感じたというか…つまらなくはないけど響かなかったんですよね。

わたしは映画を観る時、そこに描かれている人・時間・場所だけではなく、それらが無限に広がって生きていると感じられるかどうかを重視していて、それさえあればただの食事風景でもちょっとした挨拶でも至福の瞬間に感じられます。でも、これではそれを感じなかった訳ですよ。宝町の外は白紙の世界しかないような気がするし、シロたちの他人との交わりは一方的で広がっていかない気がします。
まあ、この作品はシロとクロの”目”を通して見た世界を描いているようなので、閉じていて当然な気もするんですが、最後まで”二人だけの閉じた世界”のままで終わってしまう(ように見える)のはちょっと寂しいような。
シロが学校の子供たちをじっと見つめていたのは、その寂しさを知っていたからじゃないのかな?

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.