忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(5/6~5/10)

 | まとめ感想  com(9) 

無事、windows10をクリーンインストールできました。アップグレード対象外の富士通ノートですが、ほぼ何の問題もなく使えてます。…まあ、立て続けに設定いじったり、クリーニングソフト使ったり、アンチウイルスソフトをインストールしたりしてたら、一度ブルースクリーン出しちゃいましたけどね(汗)
後日、備忘録として記事にしようかな。
新しく使い始めたブラウザ「vivaldi」もサクサクで、まだ改善の余地はありそうなものの乗り換える可能性大。

5/10「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」

何故か舞台が1895年で、テレビドラマ版を中途半端にしか見てない私でもついて行けた。案外こっちの方が現代のやつより似合ってるような。あのもじゃもじゃ頭が好きになれなかったからなぁ。最終的に中途半端に終わっていたけども、ホラーチックな事件はなかなか楽しめた。

5/8「ベニシアさんの四季の庭」

邦画…というかNHKのドキュメンタリーだったのね。ベニシアさんがやってる番組を観たことがないので、誰このひと状態。その番組が好きな人しか観ないことを想定した構成で、彼女の番組のことにはほぼ触れてなかった気がする。四季の庭というタイトルの割に庭のシーンが少ないし、外国人なのに日本語をしゃべるので、字幕を期待してた私は観る気を失ってしまった(一部字幕だけどサイズが小さい!)。

5/8「駅 STATION」

高倉健は嫌いじゃないけど、彼の映画はぼそぼそしゃべったり、なまりがあったりすることが多く、聞き取りづらいからあまり好きじゃない。外国映画で字幕つきだったら楽しめるんだろうなぁ。序盤で聞き取れないとモチベ下がりまくりで、全体の2割くらいしかセリフを聞き取れなかった。桐子のエピソードの超ありがちな偶然…。銭函、増毛と駅の名前が印象に残った。

5/7 名探偵ポワロ28話「盗まれたロイヤル・ルビー」

チョコレートを堪能するポワロさんの様子がインパクトありました(笑)一人でクリスマスを優雅に過ごそうとしていたところ、19歳の愚かなエジプト王子のために(暖房につられて)仕方なく宝石探しを始める話なので、いつものメンバーがいないんですが、それでもかなり面白い話だったと思います。サプライズのつまったプラム・プディング(食べたくはないけど)や、子供たちのお芝居、一枚上手なポワロさんがよかった。一人のクリスマスよりぜったい楽しんでたと思う。ただ、睡眠薬とはいえご老体には負担になりそうだし、もっと他の方法はなかったのかなぁ。最後のメイドさんの笑顔にキュンとしました。ちなみに、マンゴーの種の取り方は、実際にスーシェさんがエリザベス女王の晩餐会で教わったものなんだとか。

5/6「バンド・ワゴン(1953)」

あんまり楽しめた覚えがないと再見したら、最初から最後までほぼ記憶になく、初見のように観られました。アステアさんが自信喪失した過去のスターを演じてるのが似合ってる。コルドバのキャラや、初公演後に死んだ目で出てくる観客たちが面白かった。ミュージカルなのに一番美しいシーンが無言で歩くところというのもいい。急に踊りだした時は胸が躍った。でも、あの劇中劇が受けるとはどうしても思えないんだよね~。

■ Comment

お邪魔いたします☆

>無事、windows10をクリーンインストールできました。アップグレード対象外の富士通ノートですが、ほぼ何の問題もなく使えてます。

凄い! おめでとうございます☆
これで最新ですね~!!!

やはり知識と、そしてその行動力、頭が下がります♪

>5/8「ベニシアさんの四季の庭」
> 邦画…というかNHKのドキュメンタリーだったのね。ベニシアさんがやってる番組を観たことがないので、誰このひと状態。その番組が好きな人しか観ないことを想定した構成で、彼女の番組のことにはほぼ触れてなかった気がする。四季の庭というタイトルの割に庭のシーンが少ないし、外国人なのに日本語をしゃべるので、字幕を期待してた私は観る気を失ってしまった(一部字幕だけどサイズが小さい!)。

たつみ何とかとかいう、お料理の大先生と同じような内容だったらどうしようと思ったけど、杞憂に終わり、けっこう良い作品でした☆
この人の番組は私も全然知らなかったけど、この映画のあとに宣伝が入っていましたよ♪ 関東でもオンエアしていると思いますが・・・。

そうですね、庭そのものの描写も少しはありましたが、家族の事があれこれあって、私は保存する予定です。 記事には多分しませんが。。。

>5/8「駅 STATION」

あんまり覚えていないけど、いつも通りの作品だったような?

>外国映画で字幕つきだったら楽しめるんだろうなぁ。

「ブラック・レイン」とかで字幕を見たように思います・・・歌ってたし(笑)。

>序盤で聞き取れないとモチベ下がりまくりで、全体の2割くらいしかセリフを聞き取れなかった。

えぇぇぇ~っつ! それでは映画を見た意味が・・・時間が・・・何とか改善できないのでしょうか? やはり字幕が良いのかな?

字幕といえば、最近公開される邦画は、字幕付きの館と、字幕なしの館があるようです。 やはり聞きとりにくいというのは全世代であるのだな~と思いました。

>5/7 名探偵ポワロ28話「盗まれたロイヤル・ルビー」
> チョコレートを堪能するポワロさんの様子がインパクトありました(笑)一人でクリスマスを優雅に過ごそうとしていたところ、19歳の愚かなエジプト王子のために(暖房につられて)仕方なく宝石探しを始める話なので、いつものメンバーがいないんですが、それでもかなり面白い話だったと思います。サプライズのつまったプラム・プディング(食べたくはないけど)や、子供たちのお芝居、一枚上手なポワロさんがよかった。一人のクリスマスよりぜったい楽しんでたと思う。ただ、睡眠薬とはいえご老体には負担になりそうだし、もっと他の方法はなかったのかなぁ。最後のメイドさんの笑顔にキュンとしました。

そうですね~そういうお話でしたね。 いつもの皆さんがいないので、お利口さんの良い子のお客様になっていましたね(笑)。 たしかに睡眠薬は怖いかも? お屋敷の皆さん老いも若いも良い人ばかりでした☆ 犯人は・・・ね~すぐ分かるし「妹」という言葉がね(笑)。

>ちなみに、マンゴーの種の取り方は、実際にスーシェさんがエリザベス女王の晩餐会で教わったものなんだとか。

これはトリビア! 教えて下さり、有難う♪

>5/6「バンド・ワゴン(1953)」
> あんまり楽しめた覚えがないと再見したら、最初から最後までほぼ記憶になく、初見のように観られました。

そうだったんですね~! 私は楽しめた覚えはあるけど、内容をあんまり覚えていないので、いつか再見しようかな? 今回保存したので、いつか・・・と思います☆ その時はまたお邪魔いたしま~す♪


.
2016/05/10 (Tue) 13:18  miri〔編集〕  

>miriさん

> やはり知識と、そしてその行動力、頭が下がります♪

あはは、貧乏根性のおかげです(笑)
幸い情報が多かったので、それを参考にしながらできました。

> たつみ何とかとかいう、お料理の大先生と同じような内容だったらどうしようと思ったけど、杞憂に終わり、けっこう良い作品でした☆

まああれよりは良かったですね。いちおう宣伝は見ましたけど、映画内でやらなきゃ意味ないような。知らないおばさんに興味なんて持てません。
字幕じゃないことと、話のプロでもない外国人の日本語を聞かなきゃいけないことにガックリきていたのでなおさら…。
ターシャ・テューダーのお庭みたいなのを見たかったんだけどな~。

> 「ブラック・レイン」とかで字幕を見たように思います・・・歌ってたし(笑)。

字幕とそうじゃないのの混ぜこぜも苦手なんですよね。なので意味のあるセリフを日本語をしゃべる日本人が登場する洋画(合作)も嫌い。「トラ・トラ・トラ」とか、気になるけど再見する気が起きません…。

> えぇぇぇ~っつ! それでは映画を見た意味が・・・時間が・・・何とか改善できないのでしょうか?

英語の映画を字幕なしで見るよりは分かるかと。たぶん7割くらいはストーリーを理解できてると思います。

> 字幕といえば、最近公開される邦画は、字幕付きの館と、字幕なしの館があるようです。 やはり聞きとりにくいというのは全世代であるのだな~と思いました。

やっぱり字幕ですよ。聴力に自信がなくても、周りがうるさくても理解できますし。もうテレビもぜんぶ字幕にして音消せればいいのにと思う時があります。

> >5/7 名探偵ポワロ28話「盗まれたロイヤル・ルビー」

> いつもの皆さんがいないので、お利口さんの良い子のお客様になっていましたね(笑)。 たしかに睡眠薬は怖いかも? お屋敷の皆さん老いも若いも良い人ばかりでした☆ 犯人は・・・ね~すぐ分かるし「妹」という言葉がね(笑)。

やっぱり気の置けない友人が傍にいないと、いつものようには振る舞えないのかな(笑)
年の近い美人の”妹”が共犯者というのは、ミステリーでは定番ですね。
お屋敷の人たちが傷つかなくてよかったです。彼らとなら私も一緒にクリスマスを過ごしたいです!

> >5/6「バンド・ワゴン(1953)」
> そうだったんですね~! 私は楽しめた覚えはあるけど、内容をあんまり覚えていないので、いつか再見しようかな? 今回保存したので、いつか・・・と思います☆ その時はまたお邪魔いたしま~す♪

劇中劇以外は全体的によかったと思います。昔ながらの作品なので、若い頃は楽しめなかったみたいですが。
再見されたら、またお話ししましょうね♪
2016/05/11 (Wed) 11:07  宵乃〔編集〕  

バンド・ワゴン

ミュージカル好きとしては、世間的には評価の高い「バンド・ワゴン」をそれほどでもなかったと感じたのが、我ながら残念でした!

我が家も、いまは、Vivaldiメインです。
2016/05/11 (Wed) 21:34  ボー編集〕  

>ボーさん

そうなんですよね、かなり有名なのに結構古臭さもあるし、それほど素晴らしいというほどでもないという感じで…。とくに後半失速してゆく感じでした。
期待が高まっていると余計にガックリきますよね。

vivaldi、これからどんどん良くなっていきそうで期待してます!
とりあえずは、一度確定した文字を反転してまた変換できるようになってほしいなぁ…。
2016/05/12 (Thu) 07:50  宵乃〔編集〕  

こんばんわ

アップグレード、お疲れ様でーす!
具合がわるくなったという声もよく聞くのですが、
宵乃さんは大成功★だったようでよかったですね♪

一言感想の映画・・・何も見てないのですが・・・・。
ベニシアさんのことは好きで、Eテレの『猫のしっぽ
カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし』は
ずっと見てます^^
憧れの暮らしだわ~。
京都弁(?)がお茶目なベニシアさんですよね。
本もたくさん出版されてます。
宵乃さんがご覧になった特集は見てないので見てみたいです('ω')ノ

2016/05/13 (Fri) 20:02  mia☆mia  

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ!
windows10はクリーンインストールすると問題が起きにくいみたいですね。慣れてみれば、win10もなかなかいい感じです。

> ベニシアさんのことは好きで、Eテレの『猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし』はずっと見てます^^

その番組は見たことがなかったんですよ~。ガーデニングとかがお好きな人には人気の番組なのかな?
映画はほとんど彼女を知っている人向けだったので、もう少し上手く冒頭で紹介できなかったのかなぁと思います。でも、mia☆miaさんならきっと楽しめるでしょう♪
BSプレミアムで放送していたので、いつか再放送があるといいですね。
2016/05/14 (Sat) 07:55  宵乃〔編集〕  

おはようございます☆

>5/6「バンド・ワゴン(1953)」

再見しました。
最近見たある映画が、昔のいろんなミュージカルに影響というかリスペクトというか参考というかしていて、私はいくつもの映画の中でこの「バンド・ワゴン」が一番影響を与えていると思ったので、再見したくなりやっと見ました☆

>あんまり楽しめた覚えがないと再見したら、最初から最後までほぼ記憶になく、初見のように観られました。

私は序盤と他にもところどころハッキリと覚えていましたが、全体像はぼやけていたので、初見同様まではいかなかったけどそれなりに楽しめました♪

>アステアさんが自信喪失した過去のスターを演じてるのが似合ってる。コルドバのキャラや、初公演後に死んだ目で出てくる観客たちが面白かった。

ハイ、仰る通りで! 
特に死んだ目は全く覚えていなかったので大笑いしました!

>ミュージカルなのに一番美しいシーンが無言で歩くところというのもいい。急に踊りだした時は胸が躍った。

このシーンなんですよね・・・そのある映画はほぼパクリ? いやオマージュとしておきましょう。 ホントにこの映画のあのシークエンスは素晴らしかったですね☆

>でも、あの劇中劇が受けるとはどうしても思えないんだよね~。

初見時感想にも「ちょっとくどくて嫌」と書いてありました。 今回も好感はなかったけど、60年前にはもしかしたら楽しめたのかも?とは思いました。(そういうギャング映画とかも流行っていたようですし・・・)

全体的に宵乃さんの書かれたとおりに
>劇中劇以外は全体的によかったと思います。
>昔ながらの作品なので、若い頃は楽しめなかったみたいですが。

多分、あまりにお若過ぎる方には面白くない作品のように思いますが、
私は初見時も今回もある程度楽しめて良かったです♪

こちら


.
2017/03/20 (Mon) 09:19  miri〔編集〕  

こちらも今回お話できて嬉しかったです。
2017/03/20 (Mon) 09:21  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます!
最近観た映画というとラララなんとか?というやつでしょうか。あまり気に入ってませんでしたよね。お口直しできたようで良かったです。
この「バンド・ワゴン」の影響を強く受けた作品でしたか。この時代はブロードウェイミュージカル全盛期ですもんね。

> 特に死んだ目は全く覚えていなかったので大笑いしました!

あのお客さんたちには悪いけど笑えます。今でもあのグッタリした様子が目に浮かぶ!(笑)

> このシーンなんですよね・・・そのある映画はほぼパクリ? いやオマージュとしておきましょう。 ホントにこの映画のあのシークエンスは素晴らしかったですね☆

おぉ、このシーンでしたか。オマージュを捧げるなら、元ネタの作品群こともプッシュしてるのかな?

> 初見時感想にも「ちょっとくどくて嫌」と書いてありました。 今回も好感はなかったけど、60年前にはもしかしたら楽しめたのかも?とは思いました。(そういうギャング映画とかも流行っていたようですし・・・)

やっぱりくどいですよね。まあ、娯楽の少ない時代なら…。これも時代の変化でしょう。

> こちらも今回お話できて嬉しかったです。

私の方こそ、いつもありがとうございます。
コメント編集用のパスワードを外したせいでお手間を取らせてしまって申し訳ありません。
今、ぐーぐる先生の新たなルールが実施されていて、ssl保護されたページ以外にパスワード入力欄などがあると評価が下がるらしいんですよ。fc2がブログのssl化を終えてから戻そうと思ってます。
それまでもうしばらくお待ちください…。
2017/03/20 (Mon) 13:57  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「バンド・ワゴン」
1940~50年代に全盛期を誇ったアメリカ・ミュージカル映画群の最高傑作と言う人も多い一作だが、私は、それほどとは思わなかった。 フレッド・アステアが演じるのは、落ち目のミュージカル・スター。友人の作家夫妻の誘いに乗り、新作の舞台にトライする。 アステアの相手役になるのが、シド・チャリシー(シャリースという表記もする。そのほうが実際の発音には近いらしい)。彼女は、子どもの頃から習...
或る日の出来事|2016-05-11 21:29
.