忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「グエムル -漢江の怪物-」観た

 | ホラー/パニック  com(4) 
Tag:韓国 

グエムル -漢江の怪物-
原題:THE HOST/怪物
製作:韓国’06
監督:ポン・ジュノ
ジャンル:★パニック/ドラマ/ホラー

【あらすじ】ソウルの漢江(ハンガン)河川敷で売店を営むパク一家。ある日、いつものように人々が河川敷でくつろいでいると、突然、正体不明の巨大生物が人々を襲い始めた。そして、パク家の長男カンドゥの娘ヒョンソまで怪物に連れ去られてしまう。悲しみに暮れるパク一家だったが、携帯にヒョンソから助けを求める電話が入り…。

gyaoで観賞。久しぶりに再見したら、もう涙ボロボロで…。誰にも共感してもらえないけど、ダメダメな家族がひたすら少女を救うために体張って突っ込んでいく姿に泣けるんですよ。失敗しても失敗しても諦めない…あれらの描写が”笑わせようとしてる”と捉えられているのがよくわかりません。
ヒーローでも特別な力や頭脳を持ったわけでもない一般人が、実際に怪物を前にしたら、パニクってあんなもんだと思うんですよ。ハッキリ言って、銅メダリストのナムジュ以外は、普通だったらモブキャラでしょう。
そんな無力な彼らが、愚かしいほどにまっすぐ愛する人を救おうと必死にもがく姿に、泣けて泣けて仕方がないんです。

とくに、お父さんが銃で化け物を撃ち殺そうとした時、抜けてる息子が数え間違えたせいで残弾がないことに気付くくだり。普通なら焦ったり、怒ったり、ショックを受けたりするだろうに、彼はまっさきに息子にジェスチャーで「早く逃げろ」と伝えようとするんですよ。怪物を倒せない=自分の死ではなく、”このままじゃ息子が危ない”になるところに父親の愛情を見ました。
息子が自分のせいで脳の発達障害になったという罪悪感だけでは、こうはいきませんよね。

また、ことの始まりである”米軍が漢江にホルムアルデヒドを流す”エピソードは、信じられないことに実際にあった在韓米軍の”ホルムアルデヒド大量投棄事件”を基にしてるんだとか。アメリカの言いなりで、とんちんかんなことばかりやってる韓国政府の描写もあって、風刺が効いてます。
この映画がきっかけで在韓米軍基地撤去運動が起こったというのだから、映画の影響力の大きさがうかがえますよね。

そして、今見てもアグレッシブに動くモンスターのCGはなかなかのものでした。モンスターの造形が「パトレイバー」のパクリと言われてますが、この投棄事件後に漢江で発見された奇形魚を基にしてるそうです。
っていうか、あんなモンスター、ずっと前から似たようなのはいっぱいあったと思うし、陸で人を襲う魚の突然変異モンスターの映画をつくるとして、どれだけのひとがオリジナリティのあるモンスターをデザインできるんでしょう?

そして、その恐ろしいモンスターに捕まったヒョンソの闘いも、見てて胸が苦しくなりました。大きな排水構の中で、行き止まりの穴に隠れて化け物をやり過ごす恐怖、食べるものもなくじわじわと迫りくるタイムリミット。その状況で、幼い少年だけでも助かってほしいと願う少女の悲壮感。
そんな娘の気持ちを真っ先に汲み取ったカンドゥの父親らしい行動…最後まで涙が…。
誰が何と言おうとも、私にとってこの作品は家族愛を描いた名作です!

<以下ネタバレ注意!>
ちなみに、死因はおそらく肺が圧迫されたことによる窒息死でしょう。少年が生き残ったのは、彼女の腕と肩の骨でちょうど三角形の隙間ができてその中にいたから。でないと片方だけ生きてるのはおかしいし、拳銃じゃああの怪物の厚い皮膚を破って中まで到達するのは難しいはず。それらしき出血もなかったです。
もちろんツッコミどころは他にもたくさんありましたが、細かいところは気にせず観られました。

関連記事
「母なる証明」観ました

■ Comment

こんにちは

私も改めて見直したくなったなあ

いまどき(笑)という笑いたくなるところもわかるんだけど、この家族愛が無性に愛しくなる映画ですよね
普通だったら家族だからだってあんな自分たちで助けようとか思わないよ。
軍に文句プープーいって心配してますって形で終わりそう。

そうそう、関係ないんですけど
リトル・ブッダ、借りて見ましたよ!
キアヌの新境地ですね
これも批判が多いそうですが、私はキアヌがキラキラしている!すげえ!と肯定派でしたね~
2015/07/14 (Tue) 16:55  maki編集〕  

>makiさん

> 私も改めて見直したくなったなあ

嬉しいです!gyaoで配信してる間に記事に出来ればよかったですね。
映画は逃げませんから、時間のある時にゆっくり再見して下さい♪

> いまどき(笑)という笑いたくなるところもわかるんだけど、この家族愛が無性に愛しくなる映画ですよね
> 普通だったら家族だからだってあんな自分たちで助けようとか思わないよ。
> 軍に文句プープーいって心配してますって形で終わりそう。

そうなんですよ、あのモンスターを見て生身で立ち向かうなんて、生半可な気持ちじゃできません。
わたしみたいにボロボロ泣いちゃう人にはまだ出会ったことはありませんが(笑)、家族愛の映画としてもっと知られてもいい作品ですよね!

> リトル・ブッダ、借りて見ましたよ!
> キアヌの新境地ですね
> これも批判が多いそうですが、私はキアヌがキラキラしている!すげえ!と肯定派でしたね~

さっそく再見されたんですね。
そうそう、キラキラしてて神々しかったです!(笑)
観ている間はまったく気付かなかったくらいで、キアヌの印象がガラリと変わりました。
肯定派が増えて嬉しいです♪
2015/07/15 (Wed) 07:36  宵乃〔編集〕  

グエムル、グムエル、グルエム…

たまに書き間違えてましたが…。
韓国映画はあまり見ていないですが、これは興味をひかれて、しかも、とても面白かった。印象深いですね。
記憶は薄れていますが、家族愛…エンタメ…。どんな怪物だったか再見してみてもいいかなー。
2015/07/15 (Wed) 09:07  ボー編集〕  

>ボーさん

あはは、グエムルって覚えにくいですよね。
韓国映画をあまり観ないボーさんが、この作品を引き当てたのがすごいです!
普段の行いがいいからかも?

> 記憶は薄れていますが、家族愛…エンタメ…。どんな怪物だったか再見してみてもいいかなー。

機会があればぜひ!
韓国映画も侮れないですよね~。
2015/07/15 (Wed) 13:04  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」
面白かった。 すかっとする面白さじゃなくて、どこかに、もやもやしたものも残るんだけど。 シリアスであり、リアルであり、嘘っぱちであり、ひょうひょうとしたユーモアがあり、社会派であり、娯楽派であり、すごくユニークな映画だったように思う。それが、この監督独特の味なのかもしれない。 (c) 2006 Chungeorahm Film. All rights reserved. 怪物は、早...
或る日の出来事|2015-07-15 08:58
グエムル-漢江の怪物-
徐々に姿を見せて恐怖感を煽るんじゃなくて、堂々と最初からその姿を目にすることの出来る迫力ある怪物というのが面白い。漢江の川べりをすばやい動きで走りぬけ、人々を襲って喰らっていく。両生類なのか魚類なのかわからないCGでつくられたその姿は醜い。また、巣に戻ってからは食べた人々の骨を大量に吐き出すなんてシーンもある。 ジャンルはモンスター・パニックだけれど、その実家族ドラマ…娘の救出にソン・ガン...
いやいやえん|2015-07-14 16:55
.