忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ハングリー・ラビット」観た

 | サスペンス  com(10) 

ハングリー・ラビット
原題:SEEKING JUSTICE
製作:アメリカ’2011
監督:ロジャー・ドナルドソン
ジャンル:サスペンス/アクション

【あらすじ】ニューオーリンズの高校教師ウィルは、愛する妻ローラと平凡ながら幸せな毎日を送っていた。そんなある日、彼女が何者かに暴行され、重傷を負って病院に運ばれる。激しく動揺するウィルの前に、謎の男サイモンが現れ奇妙な提案をしてきて…。

Gyaoで鑑賞。普通に面白くてぐいぐい引き込まれました。やっぱりニコラス・ケイジは上手いです。
公開時にちらっと感想などを読んで、そんな怪しい人に頼む?と思っていたんですが、何気に詐欺の手口を使っていて、あれじゃ頼んじゃうなぁと納得でした。殺人を依頼したわけじゃなく、チョコ菓子2個買うだけですもんね。直接的じゃないほど罪悪感が薄れるってテレビで言ってた(たとえば冷蔵庫に現金を置いておいても盗まれないけど、ビールだと盗まれるみたいな)。
そして、忘れた頃にやってくる見返りの要求…。ここは「運命のボタン」を思い出しました。
簡単な要求からだんだんとエスカレートしていくわけですが、あれで使えるか確認してるんでしょうか?
顔と電話番号と指示を覚えて、怪しまれないように尾行するなんてアホな私にはできそうもありません。パニクって不審者丸出しで尾行した挙句に、相手に気付かれて通報されそう(笑)
使えないと判断されたら処分されちゃうんだろうかと考えたら、一人で怖くなってしまいました。

高校教師であるウィルにはそれくらい軽いですが、後半にみせるなかなかの判断力と身体能力はよくあるB級サスペンスっぽいかも。でも、妻があんな目に遭ったんだから守れるように鍛えていてもおかしくないし、そこまで超人的でもない。
スリップするトラックに轢かれそうになったり、手下が轢かれてずるずる引きずられたシーンは本気でゾッとしてしまった!
奥さんも結構動じないひとで、奏者なので元からプレッシャーには強そうなものの、真相を知って浮かべた不安そうな表情が自分も戦うこと前提という感じでちょっと怖い…。
立ち直るために護身術を身につけただけでなく、精神的にも”戦う女”になっていて、マジでウィルと自宅にいる時しか気が休まらないんだろうなぁと思ったら切なくなりました。

何故ウィルが嵌められたのかがよくわからずモヤモヤしてしまったけど、最後まで緊張感があって見ごたえあるサスペンスだったと思います。
サイモンの気まぐれでターゲットが増えていったら、手が足りるとは思えないんだけど…。最初に死んだレイプ犯は本当にレイプ犯ってことでいいんだよね?
ちなみに、タイトルの「ハングリー・ラビット(空腹のウサギは跳ぶ)」は組織の暗号で、法に従わず人間性や理性、正義に従うという意味(空腹=人間性、ウサギ=理性、跳ぶ=正義、を表す)。原題の意味は「正義を探して」。

<追記:ネタバレ考察>
色々推測した結果、サイモン(組織?)がやっていたのは、彼らのような人を誘惑して犯罪者を始末させ、その殺人の決定的証拠を押さえて逆らえない駒を増やすというもので、一度頼ったら一生抜け出せないシステムだった事。
ウィルは、ターゲットと話そうとした挙句に正当防衛で殺してしまったため、ビデオが脅迫のタネとならず、組織の秘密を知る不穏分子として始末しようとした…という事で納得できました。

■ Comment

こんにちわ~

実際にもこのような秘密組織がありそうな気がして、妙に怖かったです。
そうですね!運命のボタンも同じようなパターン。
映画見て、「ないわ~」なんて言ってる自分にもこういうことが起こらないとも限らない(´・ω・`)

ハングリー・ラビットという邦題はなかなかGOODですね♪
2015/01/16 (Fri) 13:33  mia☆mia  

こんにちは

以前は、ニコケイが苦手…とか思ってたんですが
いやと言うほどニコケイ映画をみてきて、
(↑この時点でなんかおかしい)
もう普通になりましたー
(同じようにコリン・ファレルの眉毛が苦手だったんですが、
見慣れて普通になりましたー)

ニコケイ映画の中ではこれは面白い作品でしたね
ラストの台詞オチも良い

そうそう、巧妙な詐欺の手口ですよね
簡単な指示なら出来そうって思わせる、でもやっぱり
ただより高いものはないんです
普通のリベンジものになりそうでならない、ハリケーンの爪あとが残る街で、実際にありそうな組織でしたね
2015/01/16 (Fri) 16:43  maki編集〕  

No title

こんばんは!
宵乃さんの記事を読んで、内容を少し
思い出してきました(笑)

>何故ウィルが嵌められたのかがよくわからずモヤモヤしてしまったけど、最後まで緊張感があって見ごたえあるサスペンスだったと思います。

言われるとご指摘の内容に激しく納得します。
いったい何だったんでしょうね??(^▽^;)

ニコラス・ケイジの演技もあって良いサスペンスになっていたのだと
思いますので、惜しい映画なんでしょうね、、、。
自分の記事を振り返って見ても、それなり以上に
良かったのだと思いました。

>ちなみに、タイトルの「ハングリー・ラビット(空腹のウサギは跳ぶ)」は組織の暗号で、法に従わず人間性や理性、正義に従うという意味(空腹=人間性、ウサギ=理性、跳ぶ=正義、を表す)。原題の意味は「正義を探して」。

内容をうる覚えですので、何とも言えないですが
正義を探してというタイトルはジャケットのニコラス・ケイジの表情が
マッチするような気がします!もう一度、見たくなりました!(^.^)
2015/01/16 (Fri) 22:29  take51  

>mia☆miaさん

そうそう、何気にありそうで、いつ自分自身が巻き込まれるとも限らないというところが怖いですよね。
ウィルもきっと「そんなことあるわけない」と思いつつチョコを買ったと思います。

> ハングリー・ラビットという邦題はなかなかGOODですね♪

ぱっと見意味はわからないけど印象に残るし、劇中で何度も出てくるからしっくりきました。原題が違うことに驚いたくらいです(笑)

あ、そうそう「サイコ2」の記事読みましたよ。そしたらどうも私が観たのは2じゃなくてリメイクの方だったと気付きました…(汗)
2も観たいな~。
2015/01/17 (Sat) 10:32  宵乃〔編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ♪
ニコラス・ケイジの作品を嫌というほどですか(笑)
苦手な俳優さんがいる時は見慣れるまで見るのが一番の解決法のようですね~。

> 簡単な指示なら出来そうって思わせる、でもやっぱり
> ただより高いものはないんです
> 普通のリベンジものになりそうでならない、ハリケーンの爪あとが残る街で、実際にありそうな組織でしたね

ホント、そこらへんは上手いなぁと思いました。
あとはサイモンの小者臭さえなければ…。残念!

殺人の指示を受けてから逮捕されるまでを見直してみたんですが、ウィルが相手に話しかけたから始末されそうになったということでしょうか?
でも、話しかけずに指示通り従っていたら、彼の有罪の証拠がビデオに残って…。つまり、警察内部にいる仲間が映像を回収してウィルの弱みを握るつもりが、思うようにいかなかったから始末すると。
一度組織を頼ると一生抜けられないシステムだったんですね。
おかげで少しモヤモヤが晴れました。ありがとうございます!
2015/01/17 (Sat) 11:56  宵乃〔編集〕  

>take51さん

> 言われるとご指摘の内容に激しく納得します。
> いったい何だったんでしょうね??(^▽^;)

コメントありがとうございます♪
実はちょっと見直してみたところ、嵌められた理由が何となく推測できました。makiさんへのコメントに書いた通りなんですが、劇中でハッキリと言われていたわけではありません。
推測しないと納得できる理由がわからないのもどうなんでしょうね(汗)

> ニコラス・ケイジの演技もあって良いサスペンスになっていたのだと
> 思いますので、惜しい映画なんでしょうね、、、。

ホント、ウィルが事件に巻き込まれていくまでの過程もよかったし、惜しいです。
最近は過去の名作をリメイクする事が多いけど、こういう惜しい作品をリメイクして良作を増やす方が建設的かも(汗)

> 正義を探してというタイトルはジャケットのニコラス・ケイジの表情が
> マッチするような気がします!もう一度、見たくなりました!(^.^)

ですね~。ラストの事も考えると切実な気持ちが伝わってきます。
時間に余裕のある時にでもぜひ再見してみて下さい♪
2015/01/17 (Sat) 12:09  宵乃〔編集〕  

わー絵がない!!(笑)

宵乃さん、こんばんは。
ニコラス・ケイジの眉毛が見られなくて、本当に今一人でPCの前で「わー(ない~)」と言ってしまいました(笑)。

>顔と電話番号と指示を覚えて、怪しまれないように尾行するなんてアホな私にはできそうもありません。パニクって不審者丸出しで尾行した挙句に、相手に気付かれて通報されそう(笑)

コレそうですよね!「ちょ、ムリ!!」と私もかなり動揺しそうです。自分の家庭のことだけで精いっぱいなのに、それ以外にも圧力があるなんて・・・やっぱり復讐はいけませんね。

それにしても宵乃さんが「もし自分に起こったらコワイ」ときちんとこの映画を体感しながらご覧になっている姿勢に、今回かなり反省させられました・・・。私は「またニコちゃんの巻き込まれ型かぁ~」なんて完全に気を抜いて観ていたので^^;

宵乃さんのご感想とこちらの皆さんが書かれたコメント欄のおかげで、なんとか自分の中で補完してこの映画の感想をまとめられた気がします。やっぱり映画って一人で観てオワリにするより、他の誰かの視点や感想があると10倍も20倍も良い思いが残りますね!宵乃さん、いつもありがとうございます☆
2015/01/17 (Sat) 21:40  はなまるこ〔編集〕  

>はなまるこさん

いらっしゃいませ!
実は冬場は寒さで指が腫れてしまうので、春までイラストはお休みです。
描く予定のシーンはもちろんニコラスケイジですよ(笑)

> コレそうですよね!「ちょ、ムリ!!」と私もかなり動揺しそうです。自分の家庭のことだけで精いっぱいなのに、それ以外にも圧力があるなんて・・・やっぱり復讐はいけませんね。

私だけじゃなくて良かった(ホッ)
そういえば復讐もの(エピソード)が苦手な私が、この作品では一切引っかかりませんでした。というか、あれは奥さんの心の平穏を得るためで”復讐”とは見てなかったのか…。自分で気付いてなかったです!

> 宵乃さんのご感想とこちらの皆さんが書かれたコメント欄のおかげで、なんとか自分の中で補完してこの映画の感想をまとめられた気がします。やっぱり映画って一人で観てオワリにするより、他の誰かの視点や感想があると10倍も20倍も良い思いが残りますね!

ホントその通りですよね。私もはなまるこさんと話さなかったら↑の点に気付かないままだったかもしれません。
どうせなら観た映画は楽しみたいし、これからも色んな作品についてお話しましょうね~♪
2015/01/18 (Sun) 11:18  宵乃〔編集〕  

No title

宵乃さん、こんばんは
コメントありがとうございました!

HUNGRY RABBIT JUMPSはそういう意味だったんですね。
僕は何となくですが、うさぎは可愛らしい見た目でどちらかと言ったら弱いイメージだから、そんなうさぎでも飢えたら飛びかかる、
普通の小市民も追い詰められたら何をするかわからない、そういった意味だと思ってました。窮鼠猫を噛む、みたいな。
でも、実際はうさぎって結構凶暴らしいですね

ニコラスが苦手って人は多いですよね。顔が受け付けないっていう。演技とか雰囲気ならともかく、根本的なそこを突かれたら、どうしようもない(笑)
それとニコラス主役のアクション映画でいつも思うのは敵役のほうがハンサムだよなあってことです。この作品の場合、ガイピだし。
めちゃくちゃに書いてますが、僕はニコラス好きです
説得力ないけど(笑)
2015/01/19 (Mon) 00:42  バーンズ  

>バーンズさん

> うさぎでも飢えたら飛びかかる、普通の小市民も追い詰められたら何をするかわからない、そういった意味だと思ってました。窮鼠猫を噛む、みたいな。

あ~、すごい納得です。実は暗号の意味を聞いてもいまいち納得できてなかったので、そっちの方がしっくりきたくらい(笑)
日本人の感覚の違いですかね~?

> それとニコラス主役のアクション映画でいつも思うのは敵役のほうがハンサムだよなあってことです。この作品の場合、ガイピだし。
> めちゃくちゃに書いてますが、僕はニコラス好きです

ニコラスさんは嫌いじゃないけど、昔、役作りのために麻酔なしで歯を抜いたというエピソードを聞いてから、怖い人だなぁと言う印象はあります。
顔は…まあ特徴あるお顔ですよね。敵役にハンサムな俳優を使う方が、冴えないおっさんが必死に頑張る姿に感情移入しやすいという狙いがあったりして(笑)
たまにはバリバリ悪役なニコラス・ケイジを観てみたいです!
2015/01/19 (Mon) 07:23  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ハングリー・ラビット
ニコラス・ケイジ、ジャニュアリー・ジョーンズさん共演。 妻が突然悪の暴力に襲われ、犯人をどうにかしてやりたいと思うその夫。そこへ現れる悪魔のささやき…「代わりに始末してやろうか?」つい深く考えもせず了承してしまった男は、のちに今度は自分が誰かを殺さなければならない羽目になり…といったストーリー。 代理殺人の提案を持ちかけるガイ・ピアース演じるサイモン。愛する妻を傷つけられた悲しみと怒りの...
いやいやえん|2015-01-16 14:41
ハングリー・ラビット
ハングリー・ラビット [DVD](2012/12/04)ニコラス・ケイジ、ジャニュアリー・ジョーンズ 他商品詳細を見る 【SEEKING JUSTICE】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 “代理殺人"の罠に落ちた男がたどり着く、衝撃の真実/ニューオリンズの 高校教師ウィルは、音楽家の妻ローラと幸せな毎日を送っていた。ある夜、 帰宅途中にローラが暴行されてしまい、病院で激し...
miaのmovie★DIARY|2015-01-15 17:27
.