忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「マダムと女房」観ました

 | コメディ  com(2) 
Tag:日本 

マダムと女房
製作:日本’31
監督:五所平之助
原作:北村小松
ジャンル:★コメディ/音楽

【あらすじ】劇作家の芝野新作は、脚本を書くため静かな郊外の住宅地へ引っ越した。だが、様々な邪魔が入る上、隣の家から大音量のジャズが聞こえてきて執筆が進まない。彼はは隣家に怒鳴り込もうとするが…。

日本初のトーキーということで、音を上手に使って面白く見せていました。
最初はセリフが聞き取りづらいなぁと適当に観ていたけど、執筆中に様々な邪魔が入るところからが面白い。
まずネズミが天井裏で騒がしいので、新作がネコの鳴き真似で追い払うんだけども、今度は外からネコが応えて鳴き始め、それを空き缶を投げつけて追い払ったかと思えば、その物音で赤ん坊が起きて泣き始め…という流れ。
動物は見せずに音だけでわからせるというところが意欲的だし、純粋に面白くて声を立てて笑ってしまいました。
そして、彼の奥さんと娘のキャラもいいんですよ。旦那を尻に敷く奥さんの「あなたぁ」という呼び方は、甘えてる感じなのに強制力があり、娘もそんな力関係がわかっているのか、事あるごとに「お母さんお母さん!」と言いつけます。でも、そんな娘でも可愛いから怒れない(笑)
また、夫が隣のモダンなマダムと仲良くしているのを目撃してからの奥さんがホント可愛いんです!
弱々しく「わたしは傷ついたのよ」ポーズで夫を出迎え、それに気付かないと今度は縫い物もしないのにミシンを鳴らし、やっと気に掛けてくれた夫に「あのモダンガールと仲良く遊んでもらったの?」「エロでしょ。エロ100パーセントでしょ」のセリフ(笑)
拗ねた後は、「あなたぁ、私にも洋服を買ってちょうだい」と可愛くおねだりです。
はっきり言って、太めであけすけなマダムよりよっぽど魅力的でした。
ラスト、家族で洋服を買ったのに、女房は髪型だけ西洋風にして着物を着ているのがステキ。
一緒に飛行機に乗りたいね、とラブラブな二人を見て、なんかいいなぁと思えました。

マダムと女房 [DVD]

■ Comment

イラストのシーン、良いシーンではありませんか!!!

こうしてイラストに描いて頂くと、
ホントに仲良し良い夫婦って感じですね~!

私は先日見ましたが、監督の名前を見て仕方なしに録画したのですが
日本初のトーキーと聞き、おぉ~!と見ていたけど
あまりの画質・音質に残念感が先立って、
(いつもどおりにフィルム保存のことで戦勝国と比べてしまって・・・)

同時録音とのことで、あの子役ちゃん怒られたかな~?とか
余計なことばっかり考えてしまい、
また、夫婦を演じた二人にダメだししたりして、
・・・でもまぁせっかくだからと、保存版にしていたのですよ。。。

それで昨日の夕方か夜にこの記事に気付き、
「え? この映画ってそんな映画だった?」と、
今、サーッと見て、特に終盤だけはちゃんと見直しました。

そしたら宵乃さんの記事に書かれて描かれているような映画でした(笑)。

この監督は赤ん坊とか幼い子供とその親の描写はすっごく良いので
その点は最初からそう思っていたのですけど、
夫婦の感じが、そういうふうに受け止められなかったので・・・

>ホント可愛いんです!
>一緒に飛行機に乗りたいね、とラブラブな二人を見て、なんかいいなぁと思えました。

このあたり、本当にそういう映画でしたね~。
見直してちゃんと分かって良かったです☆
(映画に対する気持ちが)優しい記事をありがとう~♪
2013/05/29 (Wed) 09:40  miri〔編集〕  

>miriさん

> こうしてイラストに描いて頂くと、
> ホントに仲良し良い夫婦って感じですね~!

ありがとうございます!
この仲睦まじい夫婦の姿にほのぼのしちゃいました。

> 監督の名前を見て仕方なしに録画
> あまりの画質・音質に残念感が先立って、
> (いつもどおりにフィルム保存のことで戦勝国と比べてしまって・・・)

わたしも同じく「まあ観てやるか」という感じで観始めました(笑)
画質や音質についても、ついついアメリカなどと比べちゃいますよね~。

> 同時録音とのことで、あの子役ちゃん怒られたかな~?とか

楽しげな雰囲気の裏には厳しい役者の世界が…。
そう考えると、あの子役は大物です!

> 「え? この映画ってそんな映画だった?」と、
> 今、サーッと見て、特に終盤だけはちゃんと見直しました。
> そしたら宵乃さんの記事に書かれて描かれているような映画でした(笑)。

わたしの記事を読んで、映画を見直そうと思って頂けて嬉しいです♪

> この監督は赤ん坊とか幼い子供とその親の描写はすっごく良いので
> その点は最初からそう思っていたのですけど、
> 夫婦の感じが、そういうふうに受け止められなかったので・・・

夫婦役の俳優さんはあまり知らないのですが、何か引っかかる事があったのかな?
娘がお父さんを起こそうとするシーンとか、ホント可愛らしかったですよね~。

> 見直してちゃんと分かって良かったです☆
> (映画に対する気持ちが)優しい記事をありがとう~♪

こちらこそいつもありがとうございます。
これからもこうやってお話して、お互い映画の新たな魅力を見つけていきましょう♪
2013/05/29 (Wed) 10:49  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.