忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ロック・ユー!」観ました

 | 青春  com(8) 

ロック・ユー!
原題:A KNIGHT'S TALE
製作:アメリカ’01
監督:ブライアン・ヘルゲランド
ジャンル:★青春/アクション/歴史劇

【あらすじ】14世紀のヨーロッパ。騎士エクスター卿の従者ウィリアムは、卿が亡くなったのをきっかけに、ジュースティング(馬上槍試合)に出場する。みごと優勝した彼は、そのまま身分を偽りジュースティングで名声を手に入れようと考え…。

久しぶりに再見。
みんな楽しそうですよね~。最初っからロックで、見物客(上流階級の人も)がノリノリでリズムとってます。撮影中、怪我の可能性のある試合のシーン以外は、とっても楽しんで演じてたんじゃないでしょうか?
身分を偽れば死刑という時代背景にも関わらず、音楽や登場人物たちの人柄や温かさが、楽観的な空気を作り出してて観やすいです。
お気に入りは、ギャンブル依存な文筆家。主人公に二回も救われて、恩返しに貴族証明書の偽造したり、ヒロインの口説き文句を考えたり手紙を代筆したり、試合前の口上で場を盛り上げたり時間を稼いだり、とにかく大活躍でした。
ふたりの従者仲間もいいですね。なんだかんだ言って、彼の夢に最後まで付き合ってくれて、逃げてもいい時だって側にいて支えてくれます。
パーティーに着ていく服がないのに、ぱぱっと素敵なお召し物を作ってくれるおじさんが頼れる~!
鍛冶屋のお姉さんも好きです。負けず嫌いでなんとなく仲間になって。毎回、彼女の登場シーンで「こっちが本当のヒロインか!」と思っちゃいます(笑)
ヒロインの側には美人の侍女もいるし、実はヒロインってあんまり目立ってないかも?
主人公のお父さんと、回想シーンに出てくるご主人様もいい人で、彼の成功の半分は彼らのおかげかも。
主人公は出会いに恵まれていて、それを自覚して大事にしているところが好感持てます。
ちなみに、原題の意味は”ある騎士の物語”。邦題の方が勢いがあって印象的だし、この作風をうまく表現している気がします。
ノリノリの音楽で、何度でもさらっと楽しく観られる青春映画でした。

ロック・ユー! [Blu-ray]

■ Comment

明るいイラストで、ピッタリです♪

最近はモノクロか、色数の少ないイラストが大かったので、
本当に目の覚めるような色使いが素敵です☆

>みんな楽しそうですよね~。最初っからロックで、見物客(上流階級の人も)がノリノリでリズムとってます。

ハイ、その雰囲気だけでも、楽しくって幸せになりますね♪

>身分を偽れば死刑という時代背景にも関わらず、

事実としてはヘンですが、その点「映画」にするとホントイイ感じになります!

>お気に入りは、ギャンブル依存な文筆家。

ははは・・・お気に入りですか~!!!
キャラ立っていました☆

>ふたりの従者仲間もいいですね。
>ぱぱっと素敵なお召し物を作ってくれるおじさんが頼れる~!
>鍛冶屋のお姉さんも好きです。

本当に出会いを大切に生かしている彼ならではで、ウソ臭く感じさせませんね☆
ホント、どのヒトも良かったです!

>彼女の登場シーンで「こっちが本当のヒロインか!」と思っちゃいます(笑)
>ヒロインの側には美人の侍女もいるし、実はヒロインってあんまり目立ってないかも?

そうかもしれませんね~(笑)

>主人公のお父さんと、

お父さんは、彼にとって居なくてはならない「生きる力の元」のように思いました。

>邦題の方が勢いがあって印象的だし、この作風をうまく表現しているし
>ノリノリの音楽で、何度でもさらっと楽しく観られる青春映画でした。

ハイ、全体的にビックリするほど良い作品でしたね♪
2013/04/10 (Wed) 15:54  miri〔編集〕  

こんばんは

現代がそういう意味だったなんて初めて知りました
これは邦題のほうがいいですね。
爽やかな青春もので主人公にも登場人物・仲間にも好感がもてます
個人的にはポール・ベタニーさん(好き)とルーファス・シーウェルさんがでてるのでそれだけで満足ともいえる作品(笑)
若きヒースが若さ全開で楽しくっていいですよね!
一緒に机を叩きたくなります。ロック・ユー!
2013/04/10 (Wed) 23:29  maki編集〕  

>miriさん

> 明るいイラストで、ピッタリです♪
> 最近はモノクロか、色数の少ないイラストが大かったので、
> 本当に目の覚めるような色使いが素敵です☆

そういえば色鮮やかなイラストは最近描いてませんでした。私も気付かないようなところまで見て下さって、いつも本当にありがとうございます!

> ハイ、その雰囲気だけでも、楽しくって幸せになりますね♪
> 事実としてはヘンですが、その点「映画」にするとホントイイ感じになります!

制作スタッフもノリノリで作っていたんじゃないかなぁ。事実と創作のバランスが絶妙で、違和感なく楽しめましたね~。

> 本当に出会いを大切に生かしている彼ならではで、ウソ臭く感じさせませんね☆

この作品のイメージというと、まず冒頭シーンで、次が主人公と仲間や家族との絆が思い浮かびます。ロマンスはあんまり印象に残らない…(笑)

> お父さんは、彼にとって居なくてはならない「生きる力の元」のように思いました。

そうなんですよね。だから登場シーンが少なくてもそう感じさせない…再会のくだりや処刑されそうになった時の回想など、お父さん絡みのシーンではウルウルしてしまいました。

> ハイ、全体的にビックリするほど良い作品でしたね♪

再見できて良かったです!
噂によると、DVDの字幕はTV吹き替えとちょっと違う感じになっているらしいので、いつかその違いも確認したいですね~。
2013/04/11 (Thu) 09:50  宵乃〔編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
ホント、邦題から何まで全部しっくりくる作品ですよね。
配役もぴったりな上に、お気に入りの俳優さんも出てるとなれば、楽しくないわけないです。この作品を嫌いと言うひとはいないんじゃないかな~

> 一緒に机を叩きたくなります。ロック・ユー!

ですね!
こっそりエキストラで参加したかったです(笑)
学生時代の運動会や球技大会などを思い出しました。
ロック・ユー!!
2013/04/11 (Thu) 10:46  宵乃〔編集〕  

No title

爽やか!なイラストですね。
元気いっぱいのヒースがかっこいいです。

>お気に入りは、ギャンブル依存な文筆家。
私も大好きです!
私自身はギャンブルは嫌いなのだけれど、
彼は無一文になってもなぜかすがすがしかったです。笑

>実はヒロインってあんまり目立ってないかも?
本当ですね。
今となっては女性陣は全然覚えていません(^^;

>邦題の方が勢いがあって印象的だし、この作風をうまく表現している気がします。
この邦題はホントにいいですね。
キャッチコピーが「決闘血(けっとうち)があがる」だったと思うのですが、
これも秀逸だと思います!
血糖値があがったら病気になっちゃうので困りますが、
この映画を観ると決闘血が燃えたぎっちゃいます。
2013/04/12 (Fri) 06:12  マミイ編集〕  

>マミイさん

> 爽やか!なイラストですね。
> 元気いっぱいのヒースがかっこいいです。

ありがとうございます。若かりしヒースがステキでした。この作品のあたりからブレイクしていったんですよね~。

> 私自身はギャンブルは嫌いなのだけれど、
> 彼は無一文になってもなぜかすがすがしかったです。笑

ホント、登場シーンから堂々としていて(笑)
ギャンブラーっていい時と悪い時の差が激しい印象でしたが、悪い時でもあんなふうにしてられるなんて、何気に大物です。ヒロインの影が薄いのも、彼のキャラ立ちが素晴らしかったからかも。

> この邦題はホントにいいですね。
> キャッチコピーが「決闘血(けっとうち)があがる」だったと思うのですが、
> これも秀逸だと思います!

お~、キャッチコピーは知りませんでした。マジで決闘血が燃え滾っちゃいますね!
センスのよさが際立ってます。
2013/04/12 (Fri) 07:31  宵乃〔編集〕  

こんにちわ 宵乃さん

当ブログにコメントを有難うございました☆

記事を拝読して、宵乃さんのご感想が、ほぼ自分のものと同じだなぁ
と感動しました♪
主人公の仲間が1人1人加わり、その誰もが個性的で楽しくて仲間思い♪ 
楽しいし、元気を貰える映画でしたね☆
大好きです。

イラストは宵乃さんの自筆ですか?^^
色んなタイプの絵を描くことが出来るのですね!!(#^^#)

またお邪魔します☆
2014/12/21 (Sun) 17:09  mia☆mia  

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
わたしもmia☆miaさんの感想に共感して、仲間がいると嬉しくなりました。
ホント、ちょっと落ち込んだ時などに重宝する作品です。
もっともっとたくさんの人に観てもらいたいですよね。

> イラストは宵乃さんの自筆ですか?^^
> 色んなタイプの絵を描くことが出来るのですね!!(#^^#)

以前はデフォルメして描いていたんですが、最近は模写ばかり。著作権侵害とか言われたらヤバイです(汗)
同じタイプの絵ばかり描いていると飽きるので色々模索してますが、最近は楽な方に偏りがちかも…。
観て下さってありがとうございました!
2014/12/22 (Mon) 07:54  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ROCK YOU!
ロック・ユー! コレクターズ・エディション [DVD](2009/11/04)ヒース・レジャー、ルーファス・シーウェル 他商品詳細を見る 【A Knight's Tale】 制作国:アメリカ 制作年:2001年 時は14世紀。ウイリアムはジュースティング〈馬上槍試合〉の トーナメントに出場するエクター卿に従者として随行していた。 しかし、トーナメントの最中に主人は息を引き取る。...
miaのmovie★DIARY|2014-12-20 17:48
ロック・ユー!
ヒース・レジャー主演作です。 発想が面白いですね、「We Will Rock You」が歌われてますが一応14世紀モチーフ時代ものです。冒頭のこの「ロック・ユー」シーンですでに見入ってしまいま
いやいやえん|2013-04-10 23:30
.