イラスト関係カテゴリのご紹介

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

新キャラコンテストの結果が出ました!

 | イラスト関係  com(9) 
やっと新キャラコンテストの結果が発表されました!私の力及ばずゲームに登場ってことにはなりませんでしたが、久々にこういうのに参加できて楽しかったです♪(学生の頃以来なんです)応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました!!!たくさんの投票嬉しかったで~す!(画像クリックで大きい画像が見られます)ちなみに私が描いたのは人魚アンドロイドのミア・プラキドゥス。名前は星の名前から借りてて、アラビア語...READ MORE

Linux版AzPainterとAzPainter2の違いとか

 | イラスト関係  com(0) 
使ってみてAzPainter2との違いなど気付いたところをメモしていきます。増えていくかも。ただ、仮想PCが原因で起こってる問題もあるかもしれないので、間違ってたらコメントで教えて下さると嬉しいです。ちなみにペンタブ使わない人なので、そこらへんの違いはわかりません。<嬉しかったところ>直線やベジェ曲線で入り抜きを設定できる範囲選択に投げ縄ツール(自由選択)がある水彩風の塗りと色がキレイブラシの設定が細かくでき...READ MORE

イラストの途中経過を晒してみる、落とし水 Excellent編

 | イラスト関係  com(4) 
新しくフリーソフトを導入したので、備忘録もかねてご紹介。愛用のペイントソフト「AzPainter2」では、どうもアナログの透明水彩の色が滲むような感じが再現できないので、現在、そういうフリーソフトを探し中で、とりあえずインストール不要の「落とし水 Excellent」を使ってみる事にしました。昨日の「ピーター・パン」の記事のイラストで使用してます。水彩着色に特化しており、基本的に他のソフトで描いた下書き(bmp)を読み...READ MORE

イラストの途中経過を晒してみる、AsPainter2編II

 | イラスト関係  com(8) 
久しぶりのイラスト途中経過さらしです。ホントは映画の記事を書こうと思ってたけど準備が終わらないので、急遽、昨日完成した方のイラストの制作過程でも。とりあえず、使ったソフトは線画にAzDrawing2、着色にAzPainter2。キャンパスサイズは1200×1000。AzDrawing2のブラシサイズは、線画用には1.2、2、5で、メインは5を使い、髪の先など細かい修正に1.2、線の太さの修正などに2を使ってます。消しゴム用にはさらに20、50も加え...READ MORE

イラストの途中経過を晒してみる、描いてみた動画編

 | イラスト関係  com(10) 
一度はやってみたかった”描いてみた”動画。ついにやっちゃいました。でも、ウチの低スペックPCで、動画初心者のわたしが作ったので完成度低いです。というか、途中からウイルス対策ソフトのスケジュールスキャン始まって画質が悪くなってるかも。終わり方も唐突だし…。撮り直したかったけど、すでに二度目の挑戦だったから、疲れてそのまま上げてしまいました(笑)それでは、期待しないでご覧下さい。...READ MORE

イラストの途中経過を晒してみる、GIFアニメ編

 | イラスト関係  com(11) 
昨夜、目覚ましが鳴る夢を見て5~6回目が覚めました。やや寝不足です。そんな訳で(夢は関係ないけど)、またまたネタが尽きたので、この間つくったGIFアニメ作成の途中経過をざっくばらんに晒してみようと思います。っていうか、GIFアニメつくったのはあれが初めてなので、たいして見せるものもありませんが…。とりあえず、例の瞬きgifです。(完全版は「メタルスレイダーグローリー」の記事に移しました)後半つけた...READ MORE

イラストの途中経過を晒してみる、AsPainter2編

 | イラスト関係  com(6) 
先日描いた墨攻のイラストなんですが、「イラスト途中経過を晒してみる」の記事を読んだ方に『これもMSペイントで描いたのかよ、すっげー!』と誤解させてしまったので、再び途中経過を晒させていただく事にしました。つまり、このイラストはMSペイントだけで描いたわけではありません。シルエットを使い慣れたMSペイントで描いた後、フリーのお絵かきソフトAzPainter2(ダウンロードページ)で仕上げました。軽くてシンプルで日本...READ MORE

イラスト途中経過を晒してみる、MSペイント編

 | イラスト関係  com(8) 
先日描いた「恋人までの距離(ディスタンス)」のイラストなんですが、皺のない男なんて描いてもちっとも楽しくないし、描きづらそうな顔だったので、気合を入れるため途中経過をご紹介することにしました。まずは下書き。使ってるのはwindows付属のペイント。背景色は目に優しい色で。パーツの大体の位置がわかればいいので、ぶっちゃけへのへのもへじで十分です。いつもの数十倍丁寧に描いてしまいました。...READ MORE
.